« ダストカバーのヒンジ修理 OK | トップページ | TOKINA AF 100-300mm 1:5.6-6.7 で 天王寺動物園 »

2017年7月17日 (月)

エアコンを自分で取り付けてみました

5月20日(土)のことですが、例のセカンドハウスに、エアコン(室内機・室外機セット)を買ってきて、自分で取り付けてみました。

20170717_122206_canon_ixy_200f

今回取り付けたのはしろくまくん(量販店であまり見かけない2.5Kw)エア抜きのポンプとフレアナットを規定トルクで閉めるレンチとった道具一式はヤフオクのレンタルで借りました。

20170520_114708_asus_z00ed

フレア加工済みの配管などの周辺部品もセットものを別に調達しました。

ホームセンターでも売っていますが、今回はAmazonで関東器材のものです。

20170520_151131_asus_z00ed

これで取り付け作業は一式完了できるはず。

取付自体は、大きなプラモデルのように、説明書の通り進めていくだけです。

20170520_143639_asus_z00ed

しか~し、ポカ発生coldsweats02

レンチを反対に回していたので、いつまでたってもカチッと合図でず。結局規定以上回して配管のフレア部分を潰してしまいました。

日ごろから正しいレンチの使い方を心がけていない証拠です。

急遽安いフレア作成道具一式(Amazonで5千円ほど)を購入し、フレアを作り直し一件落着。

20170717_122635_canon_ixy_200f

これで新たな技能を体験できました。案外簡単でしたが、初めてということもあり確認しながら休憩しながら行ったので、延べ一日中かかりました。

取り付けたエアコンは、この夏活躍しています。

順調に良く冷えています。早めにつけていて助かったと・・・

このブログも、取り付けたエアコンで涼みながら書きました。

取付費用の方ですが、エアコン本体を安く買えたので、ポカをしても、自分で取り付けると1万円は浮きました。ただし、自分の労働対価抜きだから合わせると、頼んだ方が安いかもですcoldsweats01

配管を切ってフレアを作成する道具もそろったので、次回作業をするときは、さらに自由が利きます・・・が、いつ使う?

ちなみに、これらフレア作成の道具も含めてレンタルしておけば、プラス500円で借りることができます。最初からそうしとけばよかったthink

|

« ダストカバーのヒンジ修理 OK | トップページ | TOKINA AF 100-300mm 1:5.6-6.7 で 天王寺動物園 »

5.DIYとその他の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/71094908

この記事へのトラックバック一覧です: エアコンを自分で取り付けてみました:

« ダストカバーのヒンジ修理 OK | トップページ | TOKINA AF 100-300mm 1:5.6-6.7 で 天王寺動物園 »