« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月26日 (水)

作成から10年以上、軒下の木製棚をリメイク

エアコン室外機の上がもったいないので、棚を作ったのが10年以上前のこと。

もともとパイン集成材を素のままで、ベランダ軒下といえども時々風雨にあうところなので、徐々にパイン材の色が落ち、黒ずみ歪みひび割れも発生し始めましたshock

この棚は実験的に作ったものでもあり、ネジはステンレス、無塗装のパイン集成材で作った棚を軒下に出したままにしているとどうなるか?

20170708_110947_canon_powershot_sx2

事前の分解では、ステンレスネジは綺麗で十分再利用可能。パイン集成材は写真の通り黒ずんでいます。当たり前ですが軒下ということもあり思ったより持ちましたcoldsweats01

このままでは朽ちるだけなので塗装で保護、リメイクします。

ついでに50cmほど支柱を電気ジグソー切り落とし、一棚分減らしてすっきりさせました。
(電気ジグソーを買ってから2回目の使用。再び便利、楽すぎる感覚に浸るgood

7月3日 色塗り エアコンの効いた屋内で塗りたかったため、アサヒペン水性スーパーコートにしました。

20170708_173156_canon_powershot_sx2

7月13日(木)柱、棚板も重ね塗りして塗装が完成しました。

実は10年ちょっとの間は、この棚の脚下に板を重ねて高さ調整をしていたのですが雨水を吸って腐ってくるので何度か手直ししています。

今回屋外でのステンレスネジ使用で耐久性を再認識したので、奮発して3000円のステンレス部品を追加しましたsign03

20170713_163703_canon_ixy_200f

ついで、これをつけるための10mm径木工用ドリル刃も購入。

10.5mmの長さまで穴あけ可能だそうで今回の要求に十分こたえてくれますgood

早速ドリルにつけてみますと勇ましい感じです。

20170713_162624_canon_ixy_200f

ということで、スガツネ(LAMP)のアジャスターADPS型とアジャスターベース(ともにステンレス鋼製)を取り付けました。

20170713_162912_canon_ixy_200f

穴あけが楽。道具様様m(_ _)m

20170713_164526_canon_ixy_200f

木がボロになってもアジャスターは残って再利用可能なはず。

ベースは爪付きTナットでもよいとも思ったのですが、ステンレス製が入手できなかったのでこれとなりました。

20170717_111358_canon_ixy_200fa

完成good

これでsuncloudrainsnowtyphoonどこまで耐えれるでしょうか。

ちなみに、ちょっと見えるエアコンの配管も20年以上たちカバーテープの表皮がボロボロになってきたので、この際にと因幡電工の配管テープで巻きなおし、ドレイン管も紫外線で退化していたところを切り落とし1段目棚あたりのところで継ぎなおしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

TOKINA AF 100-300mm 1:5.6-6.7 で 天王寺動物園

リサイクルショップ ハード~のジャンク箱に TOKINA AF 100-30mm f/5.6-6.7 (比較的新しい 同等焦点のレンズが EMZ 130 AF II というので、その初代ということで EMZ 130 AF ともいうのかな)が税込540円であったので確保しました。

レンズをのぞき込むとピカ~ンshine

筐体は、ジャンク箱の中には、ゴムが解けてベトベトンになっているものもあるので、それらが付着して、汚れ、埃があるけど傷が少なくクリーニングしたら綺麗になるんじゃないといった品。

興味本位で購入、入念なクリーニングをしたところ、案の定綺麗になりました。

20170721_214102_nikon_d3200

その後、家族が早速試し撮りをしていました。

そこらの安いレンズの割には開放からシャープだそうです。

テレ端で撮り解像度をみてみると、純正キットレンズNikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRより若干あまい感じとのこと。

20170721_214208_nikon_d3200

MACROという文字・・ 一応簡易マクロ機能ついてます。

今回、これが私初の直進ズームです。ジャンクな価格で試します。

トキナーなのでケンコーのUVフィルタ付けときましたhappy01

20170721_214305_nikon_d3200

これで何を撮るか迷うところcamera

平日6月6日(火)に休みが取れたので息子とどこかへ撮りに行こうということになった。

ウサギを撮りたいということだったが、ちょっと間に合わず、動物といえばということから、以前一人で撮影して面白かったので、天王寺動物園に行ってみました。

平日は入り口前のタイムス駐車場も空いていました。

ここから通天閣を見上げると、てっぺんに三角形の旗motorsports

昨年の60周年記念で改修され5m伸びて新たに旗の掲揚ができるようになった避雷針です。

さぁ、通天閣も一応確認できたので動物園の中へ・・・eye

午前中は、動物の動きが良いです。

(お断り:全体的に1段アンダー。明るすぎて自分の感覚がズレていたせい)

かば

20170606_103545_nikon_d3200

食事中で口の周りに牧草がついていました。

食事が終わると水中に潜っていきました。

20170606_103618_nikon_d3200

キリン 何かおいしそうなものがある?

20170606_105553_nikon_d3200_0001

ライオン の肉球 猫か?

20170606_115001_nikon_d3200a

サイ (森の陰に隠れて撮った感じ・・口元が撮れてないcoldsweats01

20170606_111540_nikon_d3200

ホッキョクグマ 吠えてます(実はあくび中)

20170606_125428_nikon_d3200

フクロウ 何を思っているのでしょうかeye

20170606_131114_nikon_d3200

結構撮りました。すべてマニュアル撮影ですgood

今回の試し撮りで、直進ズームの良いところがわかりましたflair

動物の動きに合わせてスグに画角が合わせやすいのが良いです。ビデオモードでも使いやすく気に入りました。

ただ、私の持っているカメラ本体がモーターレスのため、このレンズのAFが使えず残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

エアコンを自分で取り付けてみました

5月20日(土)のことですが、例のセカンドハウスに、エアコン(室内機・室外機セット)を買ってきて、自分で取り付けてみました。

20170717_122206_canon_ixy_200f

今回取り付けたのはしろくまくん(量販店であまり見かけない2.5Kw)エア抜きのポンプとフレアナットを規定トルクで閉めるレンチとった道具一式はヤフオクのレンタルで借りました。

20170520_114708_asus_z00ed

フレア加工済みの配管などの周辺部品もセットものを別に調達しました。

ホームセンターでも売っていますが、今回はAmazonで関東器材のものです。

20170520_151131_asus_z00ed

これで取り付け作業は一式完了できるはず。

取付自体は、大きなプラモデルのように、説明書の通り進めていくだけです。

20170520_143639_asus_z00ed

しか~し、ポカ発生coldsweats02

レンチを反対に回していたので、いつまでたってもカチッと合図でず。結局規定以上回して配管のフレア部分を潰してしまいました。

日ごろから正しいレンチの使い方を心がけていない証拠です。

急遽安いフレア作成道具一式(Amazonで5千円ほど)を購入し、フレアを作り直し一件落着。

20170717_122635_canon_ixy_200f

これで新たな技能を体験できました。案外簡単でしたが、初めてということもあり確認しながら休憩しながら行ったので、延べ一日中かかりました。

取り付けたエアコンは、この夏活躍しています。

順調に良く冷えています。早めにつけていて助かったと・・・

このブログも、取り付けたエアコンで涼みながら書きました。

取付費用の方ですが、エアコン本体を安く買えたので、ポカをしても、自分で取り付けると1万円は浮きました。ただし、自分の労働対価抜きだから合わせると、頼んだ方が安いかもですcoldsweats01

配管を切ってフレアを作成する道具もそろったので、次回作業をするときは、さらに自由が利きます・・・が、いつ使う?

ちなみに、これらフレア作成の道具も含めてレンタルしておけば、プラス500円で借りることができます。最初からそうしとけばよかったthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ダストカバーのヒンジ修理 OK

30年ほど前にそろえたフルサイズオーディオ。その時から予感はしていたが、最後に残ったのがこのレコードプレーヤー。
 
20170709_115528_canon_ixy_200f
(Victor QL-Y33F ターンテーブルはダイレクトドライブで静か)
理由は気に入って揃えたフルコンポで故障するまで持ち続けるだろうとしたとき、これがいちばん機構がシンプルだったから。
 
案の定、主要なところが壊れることなく今に至っています。ただ、ヒンジが割れるといった持病がありました。
 
ここから、以前の記事より続きとなります。
 
その後、これより古い機種も同じかたちの部品を使っていることがわかり、中古部品が出回っていましたので入手してみました。
 
しかし、よく見ると若干のクラックがありました。ただ目で見ても素材が若干違うことがわかります。力を加えると少し柔らかい素材でした。そのためか同じ厚みでも割れにくくなっているのかもしれません。
 
ダストカバーのヒンジ修理に部品を調達して模索したものの
search結果最初の方法を強化することでOKでした。
 
20170709_115345_canon_ixy_200f
前回ロックタイトパテが割れたところは、厚みが薄かったようで、今回は厚くしてみました。
1か月以上バネのテンションをかけてみましたが、まったく外れる気配なしです。
 
安定したので黒色に塗装をして目だななくしました。といってもプレーヤーの裏側ですので、あまり見ることもありません。
 
これで思う存分レコードを楽しめますhappy01
ヒンジを調達したときについてきた透明カバー部分・・・余ったな。・・・予備とするかcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »