« モビリオのキーレス ワイヤレスキーの電池交換 | トップページ | プロバイダー変更 »

2017年5月 1日 (月)

ダストカーバーヒンジの修理→失敗→

weepレコードプレーヤーのダストカバーのヒンジを修理してみました。

これはヒンジの樹脂部分が割れてバネが飛び出て、開けた状態に保てなくなったものです。

その割れた樹脂部分に LOCTITE(ロックタイト) 多用途補修パテ プチ 5g×2 DEP-010 販売元:ヘンケルジャパン を使用して復旧にチャレンジしてみました。

見た目は二の次、バネの固定が優先 後でマットブラックに塗るつもりです。

20170430_053702_asus_z00ed

もちろんパテもりするときは、片方金属側のひっかり部分を曲げて外してバネのテンションを一時的にフリーにしました。パテが完全に乾いたら、再びひっかりを元に戻しつつバネを差し込み復旧という具合です。

これで、羽あげるとカバーは止まり落ちてきませんgood

20170430_053824_asus_z00ed

昔使っていた時のようになりましたhappy01

20170430_053841_asus_z00ed

もちろん、閉めても問題ありません。

20170430_053913_asus_z00ed

ここで止まる。勝手にカバーが落ちて閉まらない。先日までつっかえ棒みたいなことをして開けていたので、なんて楽なんだと思う。

うまくいったようだが、閉めた状態でテンションMaxをかけたままでは耐久性に?なので、使わないときはヒンジを本体から外しておこうと思う。

20170430_054026_asus_z00ed

その後、これは大丈夫と思い、ヒンジを付けたままにしてみました。

・・・丸1日経ってみると、樹脂が割れ落ちひどかったほうのヒンジのパテが捥げましたcoldsweats01

薄くなっていた部分に力がかかり引きちぎられていました。恐るべしばねの力。

20170507_090752_canon_ixy_200f

もう一方、樹脂がほとんど残りばねの当たる部分だけが裂けていたヒンジはパテで十分のようです。

この教訓からの対策としては、ばねの当たる部分に板を噛まし力の分散を図り、さらに厚くパテを盛れば大丈夫な気もするのですが、新しいパテもなくなりましたので別の手段に移ろうと思います。

材料調達中・・・つづく。部品取り寄せのため6月以降になる見込み。

つづき完成ブログscissors

|

« モビリオのキーレス ワイヤレスキーの電池交換 | トップページ | プロバイダー変更 »

2.カメラ・PC・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/70436736

この記事へのトラックバック一覧です: ダストカーバーヒンジの修理→失敗→:

« モビリオのキーレス ワイヤレスキーの電池交換 | トップページ | プロバイダー変更 »