« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月20日 (土)

おはようございます クワガタさん

早朝の玄関前に黒光りの昆虫!

クワガタのメスでした。コクワガタと思われます。

20170520_053934_asus_z00ed

夜間灯りに誘われてやってきたみたいです。真夏ならたまにあることですが、まだ5月。

でも、今年は大阪であってもすでに気温30度付近になってきましたから、クワガタも活動する気力ありなのでしょう。

いやぁ早朝から暑いです。何とかしなければ・・・

この後、近くの山に返してあげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

同じマンションの一室と離れた一室をLANで繋いでみた

前回ブログは、アンテナコードのみについてでしたが、そのシステム全体版です。

同じマンションの一室と離れた一室をLANで繋ぎたくともマンションの場合、共有部分にコードを伸ばすわけには行けないので、アクセスポイント間通信(WDSとかLAN間接続)で実施することに、、、すでに1年ほどテスト運用し、実用化したのでログしますscissors

20170507_111322_nikon_d3200

【無線LAN本体】

「バファロー エアステーション WHR-HP-GN」

現行品でありません。なので中古を入手。(程度良くても千円しない)

なぜあえてこれなのか?・・・アクセスポイント間通信ができて外部アンテナ1本で可能、省電力、セキュリティ機能がなるべく新しいものということになると、これが最適と思いました。

この条件、現行品では欲しくても見かけないですweep

いわばセカンドハウス、部屋を使わない月は電力基本料金の15Kw内に収めたいため、なるべく消費電力は少ないものにしたいところ、これは実測消費電力1Wです。月0.8Kw足らず。

20170507_190400_asus_z00ed

【外部アンテナ】

「変換名人 無線LAN 対応SMAアンテナ ANT-SMA1」 2.4Ghzアンテナを採用。

1年間太陽光と風雨にさらされたが今のところ大丈夫のよう。

一応端子部分は自己融着ブチルゴムテープを巻き防水している。

さらに、アンテナは同じ建物の場合、窓などから出すにしても、壁から離さないと電波が届かない。

壁に電波が反射して、直接届いた電波と壁に反射して少し遅れた電波とが混ざり本来の電波状態でなくなるからだ。

実際に試してみると、30cm以上離さないと通信できなかった。30cmギリギリでは状態が悪いのでさらに離し50cm近く離れていると思う。

離し方は、ステンレス製のコの字型の棒を使って壁からアンテナ本体を遠ざけている。(冒頭写真)

それでも、壁からの影響があるのか、何もないところで通信するスピードよりはるかに遅い。
(5Mbpsで通信、Yahoo画面が普通に開き、youtubeも止まることなくとりあえず見れる)

なお、指向性アンテナにすると改善できそうだが、大きくなり目立つようになるためマンションの外観を損なうので却下。その代わり軽くて小さいので耐候性結束バンドで固定OKなほど取り扱いが非常に楽でよい。

【アンテナケーブル】

10mの1.5D相当のケーブル。両端はRPSMAのオスとメス。

これも長すぎると減衰して使えなくなるから注意→前回ブログ参照

現在、IP電話や室内でのネットブラウズ、youtubeや、LAN共有ディスクへのアクセスな家庭LAN環境の一通りが可能となっています。IP電話は非常に便利で本宅と別室をつなぐインターフォン代わりにもなっています。→2017年5月3日ブログ参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

離れた一室 アクセスポイント間通信 【アンテナコード】

同じマンションの一室と離れた一室をLANでつなぎたい。

共有部分にコードを伸ばすわけには行けないので、アクセスポイント間通信(WDSとかLAN間接続)で実施することに、すでに1年ほどテスト運用して実用化したのでログしますscissors

条件的には安価に構成できて、遅くてても安定してつながってほしいthink

(詳細な条件は下のほうに)

今回はいきなり無線LAN装置と外部アンテナをつなぐアンテナ延長コードの記事だけUPしますsign03

このシステムの構築を始めた1年ほど前に材料集めをしたのですが、つながるかどうか確実でない机上の空論だったため、実験的に安いコードを調達しました。

無線LAN本体がバファロー エアステーション WHR-HP-GN を使用しているので、「無線LAN Wi-Fi アンテナ延長ケーブル RP-SMA オス-メス コネクター (10m)」 という延長コードです。1本1500円もしないです。(大丈夫かぁってな感じで購入)

多分1.5Dと細く頼りないケーブルですが、これでもブチルゴムで外部アンテナの接続部を防水して使った結果、紫外線注ぐ初夏から1年たってもとりあえず被覆は大丈夫そうです。以降数年でダメになったらグレードアップしようとも考えているので持つところまで持たせます。

実際には、ベランダから邪魔にならないようクーラーの穴を通して引き込んでいます。

20170504_180730_canon_ixy_200f

コードをネジで固定整理するコードクリップ ELPA CB-C40H
(クリップ部分長さ40mm ほかにも大きさの違う種類がある)

20170504_120016_canon_ixy_200f

ほかに紫外線耐候性のある結束バンドも使用しました。

ベランダの手すりを使い簡単に固定しました。

20170504_115953_canon_ixy_200f

延長コードは10mありますが、それでも室内の余裕が1mぐらいでしたので、クーラーの穴から無線LAN装置がぶら下がったままです。

無線LAN装置を都合の良い場所に置くため、さらに3mの延長コードを付けてみましたところ、5Mbpsでていたところが1Mbps台にがた落ちしたので、やめました。

やはりコードの影響大です。3D以上のさらに減衰の少ないコードにしてみたい気もするのですが、条件をクリアして安く出来上がっているので良しとします。

【必要条件:優先順】

  1. IP電話が無理なく通じること
  2. Webが使えること
  3. LAN内共有ファイルサーバにアクセスしてファイルが扱えること
  4. Youtubeが通常の画質で止まらず観ることができること

現状の延長コードでADSL並みのスピードになっているので良しとしますok

これで、先の記事「HT701(IP電話) セカンドハウスに」も実現できています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

HT701(IP電話) セカンドハウスに

セカンドハウスに HT701を設置、fusion ip-phone smart 利用でIP電話を使えるようにしました。

マニュアルは一台目の設定記録のとおりでサクッとできました。 今回からロゴデザインが新しい機種同様に更新されていました。

20170420_205547_canon_ixy_200f_2
(左:旧デザイン 右:新デザイン)

セカンドハウスといっても近く(母屋と離れみたいなcoldsweats01)なので、エアステーション間接続によって無線でLAN接続しています。この間ネットスピードは2~5Mbps程度ですがIP電話ぐらいなら大丈夫のようです。

ですがsign01当初はIP電話がレジストできず焦りました。

結果的には、エアステーション間接続の電波事情が時折悪いにもかかわらず、その接続と配下のネットワークをAOSSやDHCPなどですべてオート設定していたため、電波状況が悪くなった時などのタイミングでオート機能を見失うとでたらめなIPが各機器に振られ、しばらく正常なLANを保てない状況に陥ったりしていたのでした。

手動設定最高think

エアステーション間接続と、その配下のネットワーク経路にある機器はすべて手動で設定、念のためHT701のIPアドレスも設定しました。

これにより、エアステーション間接続も影響の少ないチャンネルに固定したこともあり、根本的な電波事情も改善され、安定してIP電話ができるようになりましたgood

電話機と合わせて、このようにシンプルなセットです。

20170503_072952_canon_ixy_200f_2

  • Grandstream VoIPアダプター HT-701
  • シャープコードレス電話機 JD-S07CL リーフグリーン色
電話機は葉っぱな感じで気に入っています。ちなみに1台目は1年ほど前に同じ電話機のホワイトをチョイスしています。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

プロバイダー変更

とうとうプロバイダーを変更しました。

夜10時ごろになると回線は光なのに1Mbpsとかになる激遅ぶり。snail

これでは家族がネット学習を受けているのだが、説明の動画が止まるし、思いっきり支障あります。wobbly

そのプロバイダーの無料IPフォンも来年3月でサービスを終えるというので、そろそろ店じまいなのだろうか?

ということで、新しいプロバイダーに乗り換えることにより、スピードは65Mbps以上で快適ですgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

ダストカーバーヒンジの修理→失敗→

weepレコードプレーヤーのダストカバーのヒンジを修理してみました。

これはヒンジの樹脂部分が割れてバネが飛び出て、開けた状態に保てなくなったものです。

その割れた樹脂部分に LOCTITE(ロックタイト) 多用途補修パテ プチ 5g×2 DEP-010 販売元:ヘンケルジャパン を使用して復旧にチャレンジしてみました。

見た目は二の次、バネの固定が優先 後でマットブラックに塗るつもりです。

20170430_053702_asus_z00ed

もちろんパテもりするときは、片方金属側のひっかり部分を曲げて外してバネのテンションを一時的にフリーにしました。パテが完全に乾いたら、再びひっかりを元に戻しつつバネを差し込み復旧という具合です。

これで、羽あげるとカバーは止まり落ちてきませんgood

20170430_053824_asus_z00ed

昔使っていた時のようになりましたhappy01

20170430_053841_asus_z00ed

もちろん、閉めても問題ありません。

20170430_053913_asus_z00ed

ここで止まる。勝手にカバーが落ちて閉まらない。先日までつっかえ棒みたいなことをして開けていたので、なんて楽なんだと思う。

うまくいったようだが、閉めた状態でテンションMaxをかけたままでは耐久性に?なので、使わないときはヒンジを本体から外しておこうと思う。

20170430_054026_asus_z00ed

その後、これは大丈夫と思い、ヒンジを付けたままにしてみました。

・・・丸1日経ってみると、樹脂が割れ落ちひどかったほうのヒンジのパテが捥げましたcoldsweats01

薄くなっていた部分に力がかかり引きちぎられていました。恐るべしばねの力。

20170507_090752_canon_ixy_200f

もう一方、樹脂がほとんど残りばねの当たる部分だけが裂けていたヒンジはパテで十分のようです。

この教訓からの対策としては、ばねの当たる部分に板を噛まし力の分散を図り、さらに厚くパテを盛れば大丈夫な気もするのですが、新しいパテもなくなりましたので別の手段に移ろうと思います。

材料調達中・・・つづく。部品取り寄せのため6月以降になる見込み。

つづき完成ブログscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »