« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

3戸目 台所換気扇フードの取り替え (方法)

3戸目の家のリフォーム、キッチン換気扇です。

いやぁ~換気扇ダメだねぇ。

既に交換モードです。

20160429_073143_canon_ixy_200f

一見うっすら汚れているだけのようですが、フィルターは油が固着して目詰まりしているし、フィルターそのものも固着して普通には外れませんcoldsweats02

固着した油が酸化してなのか妙な匂いを出しています・・・

しょうがない、フィルターにドライバを突っ込み、壊しながら外しています。

どうせ交換するのですからcoldsweats01

そして、前のフードも取っ払う。換気扇本体側とフードの間にある配線のコネクタを外し、フードを固定しているねじを外し、上に持ち上げれば引っかかっているだけで、こちらはすぐに外れます。

(ここまでは普段の掃除もしやすいようにメーカーの方で考えて作られている仕様のようです)

さらに上の化粧板も下方のネジを緩めて手前にずらすだけで簡単に外れます。

20160429_112820_canon_ixy_200f
(ここまで外した状態)

これで、上のダクトとの接続も見えるようになります。

20160429_112829_canon_ixy_200f

コンセントに接続されている状態です。

この場合は、扇風機の電源プラグを抜き差しするのと同じで、電気工事士の免許は不要ですが、もし、直に電線が接続されている場合は資格が必要です。

それで、ダクトテープをはがしちゃいます。

20160429_113244_canon_ixy_200f
(剝がしたので、これでダクトからは外れるはず)

次に、換気扇の下周りの隙間にコーキングが施工せれているはずですので、その間をカッターで切っちゃいます。

20160429_114112_canon_ixy_200f
(コーキングなのか油汚れなのかわからない隙間)

これで残すは壁などに固定しているネジを外すのみです。

20160429_113934_canon_ixy_200f20160429_113943_canon_ixy_200f

こいつは完全に固定できりゃ良いって感じで、メーカーが用意した後ろ穴だけでなく、側面にも無理やりネジがぶち込まれていました。

事前の調べで側面は不思議な位置に不自然な角度でネジがあるなぁっと思っていたら、固定に使っているネジでした。

なので、換気扇が本当にびくともしないと思ったら、側面の隠れそうな位置にねじがないか確認してみましょう。

ネジを外すと落ちてきてもおかしくない状態です。

少し前にずらしたところで、今回はシステムキッチンにギュッと挟まれる形で引っかかりました。

20160429_114702_canon_ixy_200f

今回下にカーペットを何重にも養生しています。

とりあえず引っ張るしかない・・そのまま引っ張り出すと、途中からストーンと落ちてきましたsign03

げっ!幸いカーペットで下の物品に影響はなく、危なかった。

何人かで支えながらするか、落ちても影響ない高さになるよう台を作ってからにした方がよさそうです。

20160429_121548_canon_ixy_200f

ここまでくると作業は半分終わり。一つの峠を越えた感です。

しばし眺めるhappy01

新しい換気扇を取り付ける前に大工仕事

20160503_094725_canon_ixy_200f20160503_110045_canon_ixy_200f

板2枚sign01

新しい換気扇は穴の位置が違うのです。

なので新しく土台となる板を増設です。

20160503_112956_canon_ixy_200f

これでよい。

そして新しい換気扇をはめ込み、後ろの板をねじ止め。

20160503_122909_canon_ixy_200f

ピカ~ンshine

ダクトもダクトテープで隙間なく固定。

20160503_123936_canon_ixy_200f

新しい化粧板とフードを取り付けていき・・・

20160503_125212_canon_ixy_200f

最後に下方システムキッチンとの隙間を、コーキングを塗ってで均します。

・・・これで、出来上がり~・・・出来栄えにうっとりconfident・・・完成写真を撮るの忘れた。

というか、次の工程で、ほこりが出るので、養生した後の写真しかないsign04

20160508_065417_canon_ixy_200f

これじゃ見えませんねcoldsweats01

それほど綺麗になったということで、早々養生したかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

あかつき化したサロンカーなにわ

通勤途中の大阪駅に、大変珍しく『サロンカーなにわ』が停車しているじゃないですか。

1480286879911.jpg

思わず撮ってきました。スマホでcoldsweats01

1480286878683.jpg

何と『あかつき』になっていました。

1480286876957.jpg

ベッドマーク撮れなかったweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

消えていった家電量販店

電気の可能性に取りつかれて早うん十年、今のところ趣味+若干仕事の範囲でやってきております。

そんな私ですから、電化製品の展示場みたいに、小中学校のころ足しげく通ったような感のある、かつて和光電気(→wikipedia)であった建屋が取り壊されていました。

いつも、この建物の前を通ると、そのころのいびつな歩道のまま残っているので、私の中でタイムスリップするような思い出の場所でもありました。

長年同じようなところに住んでいたら、そんな場所ありませんか?

この店は2003年に経営破たんした家電量販店の一支店店舗が閉店したものですが、その後も、この電気屋の特徴であるオレンジと肌色のような白のツートンカラーの外壁はそのまま使用されていました。

先日、何やら作業をしているなと思っていたら、今日はすべてなくなっていました。

金曜日にはあったので、ここ1日か、2日で解体されたようです。

つくりも鉄骨にALCパネルを張ったようなものでしたから安易に解体できたのでしょうかね。

さて次は何になるのでしょうか?タイムスリップもできなくなるのかなぁ。

ちなみに、隣にできたドラックストアには頻繁に行きます。結構繁盛していて、かつての隣の家電量販店が流行ったときのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

24時間換気扇 取り換え完了

3戸目の家の状態をみて24時間換気扇にしようと思い立ってから半年経過、やっと3戸ともすべての家の風呂を24時間換気扇に換装できました。

20161126_131057_sh04e
(完成の画:単なる換気扇ですcoldsweats01

20161126_131032_sh04e
(24時間換気扇の特徴である強弱切替スイッチ)

3戸目の家のカビと悪臭は、換気の悪さからもきているのではないかと。というのも、風呂の換気扇のカバーをあけて中をみた状態でわかりました。

(ほこりまみれの、見て汚い写真になるので撮ってません)

カビ・悪臭で結構やられて総クロス・床材とも張り替えした3戸目の家は風呂の換気扇が逆に綺麗shine・・・つまり、換気扇を使っていなかったようです。

2戸目の家は、カビや悪臭はなく一部壁紙と畳表を張り替えた程度で結構綺麗です。換気扇の汚れ具合からみてトイレの換気扇の方が多く使っていたみたいです。

1戸目の家は、酷使してきたもののカビや悪臭はありません。換気扇を20年ぐらいcoldsweats01ずっとつけっぱなし、たまに掃除機で吸い取っていたものの結構なほこりがついています。

総合してみると、換気扇を使っていた形跡のない3戸目のカビの多さは換気不足だったのかと思います。

ちなみに、使わない換気扇の方が、20年以上も経てば経年変化のせいなのか、ガーって大きな音がします。使わないので逆に軸受けが錆びてくるのかもしれません。

なぜか、ずっとつけっぱなしにしている換気扇が一番静かです。

そこで、換気扇はつけっぱなしにした方がよさそうですが一つ問題があります。

冬場は特に、暖房が効きにくくなります。つまり光熱費もかさみます。

というのも普通の風呂用換気扇を回しているからでして、調べると『24時間換気扇』というものがあります。

何が違うかというと、普通の換気扇の風量の半分、つまり換気で逃げる熱が普通の半分ってことです。

そうすると光熱費の浮くはず。

もちろん24時間換気扇の電気使用量も普通の換気扇の半分でした。

従来換気扇22W→24時間換気扇弱時11Wですheart04

ということで、普通の換気扇で24時間換気していたので、当方宅はざっくり1戸当たり換気扇の電気代だけで年2千円以上は節約になるはずです。さらに光熱費も安くなることでしょう。長年使える換気扇ですので5年ぐらいで元が取れるなら良いものです。

ちなみに、強の時は普通の換気扇と同じ電気使用量になります。

賃貸にいした3戸目は、貸す前に自分で24時間換気扇に取り替えました。

借りた人は多分24時間換気でカビも発生せず健康的に暮らしていただけると思います。(勝手に想像happy01

先に換装した3戸目の家から、残る1戸目、2戸目の家への24時間換気扇換装は重い腰が上がらず、しばし放置して普通の換気扇をつけっぱなしにしていましたが、寒くなるにつれ暖房効率が気になってきましたので、完全に冬になる前に交換することにしました。snow

ダクト用24時間換気扇は、安いところで1台1万円もしません。

本体以外に専用のスイッチが必要です。これが単なるスイッチのくせして結構な値段。

これらの電気工事は「電気工事士」の資格が必要になります。(当方有資格者)

普通の換気扇から24時間換気扇にすると、単なる電源スイッチ回路だけでなく、強弱の配線が必要になるため、1本余分に配線が必要です。なので、配線も交換しなければなりません。

従来:電源・照明・換気扇の3芯線

  1. 黒色線の電源
  2. 赤色線の照明
  3. 白色線の換気扇

更新後:電源・照明・換気扇の強・換気扇の弱の2芯線+2芯線で合計4芯分

  1. 黒色線の電源
  2. 白色線の照明
  3. 黒色線の換気扇の強
  4. 白色線の換気扇の弱

という具合。

元ある線を回路から切り離し電流が流れないようにしてから、新しい線とロウ付けして呼び線にしてしまいます。単に撚れば良いかもしれませんが半田でガチっとロウ付けですgood

20161123_082436_sh04e
(呼び線と化した従来線は引っ張っても外れないよう)

元の3芯線が呼び線となり、2芯線+2芯線を引き込み、配線の入れ替えが完了します。

20161123_082840_sh04e
(手前のスイッチ部分でロウ付けした呼込み線が無事呼込みを終え天井口から出てきている様子)

換気扇本体は、配線を先に外しておきます。

そして、天井に固定しているネジを外すと落ちてくるかもしれませんが、通常はダクトへの接続部分が少なくとも一つは爪で引っかかっているはずなので、完全に落ちないようにはなっています。

パナソニックの換気扇は、下方にある天井に固定のネジと、2か所のツメをずらすとダクト側とのロックが外れ、本体のみ下へすり落ちてきます。

20161120_085936_sh04e
(この状態からねじとロックを外すと本体が下へ外れる)

後は、ダクトへの接続部に使われているダクトテープを外して接続部品を外します。

付けるときは外すときの逆ですね。

20161123_111028_sh04e
↑本体のない状態、すでにダクトテープで換気扇接続の板を固定済。我ながら上出来。学生の頃、空調関係アルバイトの経験からか・・

ちなみに2室方向へダクト配管のある換気扇です。

換気扇側の接続部品とフレキシブル管とのダクトテープでの固定ですが、先に5cm強ぐらいに小さく切って、仮止めに使います。

すると、部品がズレないので、全体を巻きながら固定するのも楽です。

換気扇側の配線は、3芯線とアース線。

20161123_113358_sh04e

本体を入れ、配線を接続。これで完成です。

20161123_124341_sh04e

【以下個人的忘備録】

24時間換気扇の配線は、この画のとおり

20161123_085222_sh04e
(24時間換気扇本体には強と弱の電源端子があるのが特徴です)

2戸目の家は、まだ疑義?な換気扇スイッチのコンセント化【参照:換気扇の配線改修とスイッチ取り換え】はしていなかったので、今回その工事を一緒にしています。これで換気扇の配線改修も3戸の家すべてに行い終えました。

2戸目の家のジョイントボックス内です。スイッチなどに向かう配線は1.6です。接地側は接続が多いので差し込み型電源コネクターが2つ目に渡るので、その間の線を2.0にしています。渡りの先にコンセントがあるので、コンセント自体の容量ぎりぎり流れても大丈夫なようにしています。

20161123_074252_sh04e

2戸ともまった~り途中昼休憩などを入れながら工事をすると、延べ8時間かかってしまいましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

懐かしのオリエント デジタル腕時計 復活

1980年代前半、高校の入学祝いの一つに腕時計がある。

その名も 「ORIENT QUARTZ COMMENT ARARM

20161009_183112_sh04eb

就職するころまで付けていたと思う、ガラスの傷はダイヤのレコード針は固いか試したほんの少しの傷(何やってんのかcoldsweats02)と大学生時代の建築現場アルバイトで付いたのが多いかな。

オリエント時計の沿革をみてみると、機械式時計を中心とした老舗、プリンタヘッドなども手掛け、親会社のセイコーエプソンの子会社となっています。

そして、この9月6日付のセイコーエプソン発表で、新聞等メディアによると、来年4月に一部を残し親会社に統合されていくとのこと。ひっそりオリエントが消えていくのかという憶測も・・・

機械式時計のオリエント時計も、時代のブームには勝てず、1980年前後は、変わったデジタル時計を手掛けていたと思います。

ではこのコメントアラームの特技はというと、液晶面をよく見ていただくと、わかるかもしれませんが、点々で文字を表すドット表示です。

じつは、アルファベットも表示できるようになっています

この腕時計の得意技は、コメントを記憶させて、それをアラーム時刻に表示させることができるというものです。

文字は4文字×3つ、合計12文字だけです。

今回は時計裏の蓋と圧電ブザーを紛失していたので、同じような機種のジャンクを入手して移植しました。

ジャンクの方は電池が液漏れして、ガラス裏の化粧版や液晶表示、メイン基盤まで表半分が腐食しています。たぶん酸化銀電池になる前の水銀電池時代のものなので少し嫌な感じ。

ちょうど、ほしいのは裏半分、部品取りできます。

20161009_174313_sh04e
(奥2列が主に調達したジャンク、手前が復活させる時計)

ジャンク品のものと比べると、中の電子部品と裏ふたは同じで、ガラス面の形とベルトのデザインだけが違っています。

電池の型は SR926WもしくはSR927W です。

20161009_174444_sh04eup
【電池の外し方:電池カバーはピンク色部分に精密ドライバーを入れ、青色部分にある板を矢印の方向に押しながら手間に引くと、樹脂の爪から離れ取ることができます】

マクセルの (水銀0 鉛0 金コーティング) SR927W を入れました。ちなみに SR927SRというのもあり、迷いました。

Wは、高負荷があるもの、デジタル腕時計なら暗闇での確認時にランプ電球をつけるシーンが一番負荷のかかるときです。

(ということは、一時的でも電圧を下げずに、多くの電流を流すことが可能な特性を持った電池ということか)

SRは、そうしたギミックのない針式腕時計など、負荷のかからないものに適しているとなっています。

(ということは、多くの電流が流れると電圧降下を起こす特性のある電池ということか)

そういえば、高校の時のある一幕を思いだしました。

クラスメイトが、「デジタル腕時計に同じような規格名だけど用途に合わない電池を入れたからランプを付けると液晶表示が薄くなって見えにくいが大丈夫か?」と言ってました。・・・当時もこうした物に詳しい方だったので、クラスメイトも相談してきたと思います。たぶんそれがSRの電池だったのでしょう。

もう時計の中にセットしてしまって、電池実物も説明書も見ることができず、本来の電池と同じ電圧という情報はあったので、「壊れることはないでしょ。」と返事していたと思います。

それがどういうことかの詳細が、30年も経て、今、正確に理解しましたcoldsweats01

結構マメに小物、写真、こうしたブログを残してきて良かったと感じるようになりました

というのも、そうした記録が今回のように過去の時代に戻れたり、それを基に新たな発見をして未来に向かっていけたりするので、結構面白いです。

・・・

ちなみに、腕周りが一コマ分太くなっていたので、予備のコマを付け足しました。

20161009_183134_sh04ea

コマも残しておいてよかったconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

広島2泊3日の旅(尾道・竹原・呉)

10月29日(土)~10月31日(月)にかけて、竹原の『情景の路』をメインに、尾道、呉と行ってきました。

20161029_190514_nikon_d3200

たまゆら(アニメ)→息子→自分と感染してきた影響です。これは、写真撮影をモチーフにした現実的アニメですからして、はまらないわけがない。

20161029_152415_nikon_d3200

情景の路は、二晩とも出かけました。

20161029_170309_nikon_d3200

呉は、息子の計画で大和ミュージアム、海上自衛隊第一術科学校見学、海上保安大学校海上保安資料館と2日に分けて廻りました。

20161030_110853_nikon_d3200
(大和ミュージアム)

20161030_153817_nikon_d3200
(第一術科学校 教育参考館)

尾道は、土堂の傾斜地の貸別荘を借りて今回の旅のベース地としました。傾斜地の上の方だったので眺めが良かったです。やはり、眺めの良いところは良いです。ただ、坂と階段で登らなければなりませんが、降りれば、すぐに商店街でしたし、商店街の一つ運河側の道には何か所かコインパーキングがあるので、車の利用もOKでした。

20161029_120116_nikon_d3200

古民家を修復して貸別荘にしていまいた。思わず修復具合を観察。小奇麗に出来ていましたが、良し悪し参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

八尾駐屯地エアーフェスタ in YAO (八尾駐屯地 創立記念行事)2016

そういえば、10月16日(日)に八尾駐屯地エアーフェスタ in YAO 2016 に行ってきたことを書いてなかったので、ほんの一部ですが記録しておきます。

20161016_083133_nikon_d3200

結構多くの方が訪れています。そして、平地から見るから、早めに行って一番前の場所を取っていないと、地上で行われることは、隙間からしか見えないcoldsweats02

20161016_110539_nikon_d3200

このような状態です。望遠レンズ越しにアップできるので、まだましです。

飛ぶものは、頭上越しに見えますのでOKです。

20161016_114352_nikon_d3200

今回特記しておきたいことは、午後からの航空機展示での、ヘリの機銃を動かすシーンに立ち会えたことです。

20161016_132342_nikon_d3200

素早く、いろいろな方向に向きます。

そして、止めどなく連発されますから、見つかれば逃げるのは難しいかと思います。

もし、こいつが来たなら、まずはぶち抜かれないようなところに隠れるだと思います。

20161016_132345_nikon_d3200

もう一つ、CH-47J の地上滑走です。

搭乗の抽選に、外れましたが、観るだけでも面白いヘリです。

20161016_135851_nikon_d3200

八尾駐屯地は八尾空港に隣接していて、行き来できるようになっています。

フェンスが開いているところがあって、そこから空港敷地に入ると、CH-47Jは、すっと離陸します。輸送ヘリということもあるのか、私の頭の中では、『手押し台車』が飛ぶように見えます。あの4つの車輪の付き方が、まさにその感じと思いませんかcoldsweats01

それなりに楽しい一日でした。来年は、CH-47Jに乗るぞsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

8TB HDD 換装

メインPCのデータだけを格納して共有させている3TBのHDDが満タンになった。

なんだか満タンになるのが速いと思いきや、家族が買った一眼レフ D7200 のせいだった。というか、全部RAWとJPEG(FINE)で撮って残してある。

JPEG15MB程、RAW34MB程、両方撮っているので1コマ50MB程。

100コマ5000MB=5GB

1000コマ50GB

10000コマ500GB=0.5TB

1回の撮影に出かけると500コマなんてざらなので、あっという間に1Tなくなるって感じ。

ということで、家計のため、家族には協力いただくよう要請しました。

とりあえず、8TB(25,000円ぐらい)に換装しておきました。

【追記】

以上、10月16日に換装して以来問題なく稼働中good

今回は、Amazon で購入のものです。

【8TB】 大容量 内蔵 3.5インチ HDD MARSHAL ( 8TB 5400RPM SATA ) MAL38000SA-T54

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »