« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月26日 (水)

久しぶりにシステムキャリアを外してみました

何年も付けたままのシステムキャリアを外して総点検です。

20161002_104525_sh04e

あぁ、長年の汚れがshock・・・落とすの大変そう。

よく見ると、板金のエッジ部分の塗装が少し削れています時々締めなおす必要があったのですが怠っていました

なので、少し隙間ができ、擦れていたのですね。

保護シートも持っていたのですが付けてなかったのでcoldsweats02

まぁ、これは後で汚れを落とし、禿げた塗装は仮にタッチペンで塞いでおきました。

付けていたのはカーメイトのシステムキャリア INNO ベーシック という製品で、ルーフラックをセットにしています。

ルーフラック本体(台部分)は、20年以上前に新品購入したものです。前所有のシビックにも付けていたものです。

バーとベースの部分はモビリオを買ったとき以降に新品購入したものです。

パーツ交換しながら長年使えるのが良いです。

しかし油断禁物、それでもメンテは必要です。

今回、外から見ても各ねじ部分に錆がきて、屋根に錆粉が落ちてくるようになったことから、外します。

(その写真はないなぁ)

カーメイトのシステムキャリアは、部品単位で揃えるものなので、部分取り換えができます。さらに、細かなパーツも補修用品として購入することができるようになっていて、様々な状態用途に対応できるようになっているのがお気に入りです。

カーメイト カーライフ創造研究所

逆に最初に組むときは、どのパターンにすべきか迷いますが・・・

ルーフラックを固定する金具のねじがいけません。

いざとなれば代用ボルトもOKなような気がしますが、ねじが一部四角に成形されており、それが別部品とかみ合い固定時に空回りしないよう設計されている専用部品です。

部品交換とします。

ルーフラックのアルミサイドパネルと金具の接続ネジが錆だらけ。

20160918_053323_sh04e

これは、補修パーツも在庫があるのですが同じように数年で錆びるのであれば、ステンレスボルトに交換しておこうと思います。ねじ部分の長さは8mmでした。

手元に10mmしかないので、ワッシャーを2枚かませて同じ長さ同様にしています。

20160918_055447_sh04e

これが長すぎると、中の板にねじが当たり破損させてしまいますので注意が必要です。

さてここが問題です。

アルミのサイドパネルのエンド部分は樹脂になっており、バーの位置を変えれる機構にもなっている部品です。その固定部分のネジはステンレスですが、中のナットのほうが鉄のようで、ボロ錆び状態です。

20161002_083910_sh04e

外そうとすると、そのナットの周りが錆びて朽ちて樹脂との食いつきがなくなり空回りです。取り外しもできませんので、ナット周りをコーキングで固めて錆が落ちないようにします。

20161002_084248_sh04e

樹脂を一部壊してまでしてナットとネジを外すより、サイドパネルごと交換した方が良いのですが、今はちゃんと固定されているので、もらい錆び対策だけにしておきます。

これで次回の出陣まで保管します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

ニコン F-501 入手

10月にはいって、息子が興味を持ったニコン一眼レフカメラ(35mmフィルム使用)のF-501。なぜ興味があるのかと尋ねると、ニコンのコンシューマー向け一眼レフのAF機能をもった最初の製品とのこと。

20161022_200529_canon_powershot_sx2

へぇ~っと、ネットでF501の写真を眺めてみると、妙に懐かしい。
角ばったボディに、ダイヤルやボタンが感じで並べられている。80年代カメラだ。

20161022_200634_canon_powershot_sx2

「α7000とF501のどちらが良いか?」
友達に聞かれたことがあるのを思い出しました。

いやぁ最近この回想パターンが多くなってきましたcoldsweats01

当時は、中学生でしたかね。一眼レフなんて高嶺の花ですし、オートフォーカスのコンパクトフィルムカメラも全盛でしたから、こんな大きなカメラなんて使いこなせないと端から思っていましたので、友達の質問には適当に返答していたと思います。
(当時どう返答したか思い出せません)
そもそも一眼レフや大きなカメラがほしくなったのはつい最近のことですし。
(ボケ味と解像感の表現がたまりません)
(使いこなせているかといえば、いまだNoです)

それで、ネットオークションで見てみると、結構安く取引されていて、息子のチェックしていた出品物が結構綺麗でしたので、冷やかしに入札しておきましたら、そのまま落札できてしまいました。

1,000円もしませんmoneybag

そんなわけで、当時は興味なかった製品でしたが、いろいろな偶然で入手することとなりました。

20161022_201635_canon_powershot_sx2

良いですなぁ。↑ダイヤルで構成されたメカニカル感。DFの簡素系みたいな。

息子は、AF初期ということでコレクションとお飾りにしようとしていたらしいが、私はお飾りだけはもったいないので、使うことにしました。

さらに、八百富写真機店で三脚アダプター AH-3を買ってしまいました。

20161006_203100_canon_powershot_sx2

こちらは1000円オーバーで、本体より高いcoldsweats01

標準のままですと、このように電池ケースの下の三脚用穴がサイドに寄った状態であるため、重心から外れ不安定になります。

20161022_202515_canon_powershot_sx2

しかし、このアダプターを付けると、真ん中に変更できます。

20161006_205436_canon_powershot_sx2

穴がいくつもあるように、少々汎用できるようになっています。

これで三脚に取り付けてじっくり撮ることもできます。

・・・

10月9日(日)夕方近くから日が差してきたので、夕暮れのコスモスでも撮ってみることにしました。

一発でジャスピンにならないこともしばしばcoldsweats01

いかにもオートフォーカス初期という感じで、歴史的物品を扱う感大で面白いです。

しかし、ファインダーが大きく、ボケかジャスピンかが分かりやすいので、最良ポイントになるまでやり直しがききます。

結果は、現像が出来たらここに載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

13号線って何だったのか

この10年ちょっと前からは、道路に道の正式名を表す標識も増えてきたことから、府道30号線と呼ぶようにしているが、以前は、13号線、いや国道13号線と呼んでいた道があった。

20161010_161116_sh04e

呼び方を変更したのは、道路格下げ、名称変更があったのかと勝手に思い込んでいたが、どうも違うみたいということがここ最近になって知った。

もとは、堺市の区間で13間およそ1.8メートル幅の道路幅拡張の計画・工事がされたところから、13間(けん)道路と呼ばれ、それがいつしか13号線と呼ぶようになったのだろうという。

道路幅が拡張された区間は堺市の堺東付近だけだが、さらに堺市より外れた南の人々も13号線と呼んでいたので、人々のコミュニティによる伝播力はすごいものだと感心してしまいます。

人によっても、この道の呼び方は少し違っている。私の周りではバブル期までが13号線という呼び名に関するピークだったのかもしれない。「国道13号線」というまでに昇格した呼び方になっていましたからcoldsweats01

参考資料:日本経済新聞 Web刊 2014/10/11 6:30 特集 関西発 「府道30号」なぜ堺で「13号線」と呼ぶ(謎解きクルーズ) 道幅13間通称に 定着した呼び名、行政が追認 / 大阪社会部 西城彰子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

今年のコスモス

和泉リサイクル環境公園で今年の秋桜を撮ってきました。

このタイプが今回のお気に入りです。

20161009_164602_nikon_d3200

今回も NIKON D3200 に SIGAMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM です。

いつものごとく、フォーカス以外マニュアル撮影です。

ようやくシグマレンズの色味の出し方というか、使い方がひとつわかってきたような。

20161009_163447_nikon_d3200

そして、F2.8通しは使いよいです・・・上のようなボケも表現しやすいです。

20161009_165614_nikon_d3200

いつも四季折々の花、楽しめますよ、この公園。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

夏から秋へ

これは9月11日の夕焼け空。ようやく秋になるのかと思っていたのですが・・・

20160911_175114_sh04e

うろこ雲が珍しく見え始めたので撮ったのだが、その後は、秋雨なのか天気の悪い日が多く、晴れても、まだ夏のような大きな雲の塊が見え、このような綺麗なうろこ雲はあまり見えなかったです。

そうこうしているうちに1カ月たち10月12日です。

ここのところ、天候良く、いつでも秋らしい空になってなりました。朝夕は少し冷えてきました。

日中最高気温25度ぐらい、最低気温15度ぐらい。

この時期、ストーブを出すにはまだ早いのですが、お店に行くとストーブが並び始めます。

ある店で毎年ですが、ストーブの展示が始まる頃、前年以上前のモデルの在庫処分があることを知っていました。今年も例外なく、さらに展示品で安くなっているのを購入しました。

20161009_092803_sh04e

購入(右):大阪ガス(リンナイ製)140-9502型 2014年製 展示品処分税込み1万円しない。(オクだともっと安い落札が多いようです)

古いほう(左):大阪ガス(松下電器製)140-8022型

今まで使っていたガスストーブは15年使用したもの。掃除しながら使っていたので、まだエラーもはかず使えています。もう一つの家で使うことにします。

20161009_092918_sh04e

今まで使っていた140-8022型は50Wで暖房能力最大2.44KW、新しい大阪ガス(リンナイ製)140-9502型 は ファン消費電力30Wで暖房能力最大同じ、タイマー機能や空気清浄機機能がないが、使わないから要りません。

小型になって狭い部屋にちょうど良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

2016年の秋カメラはじめ だんじり

和泉の夜のだんじりを撮ってきました。といっても、夜はISOの感度をあげなきゃ撮れません。あげると、ノイズ地獄になるので、試行錯誤します。

20161008_203632_nikon_d3200

今回は、NIKON D3200 に SIGAMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM で ISO400から3200で露出・シャッター速度のみマニュアルにして撮っていますが、出来はスナップ写真ということで、写真以外のことを書きますcoldsweats01

大阪の南方、泉北地区は昭和ぐらいまで、地区の運動会も開催されていたのですが、だんじりが復活してからは、徐々にだんじりに熱が入り、秋といえばだんじり祭り一本となりました。

通勤で通っている大阪の北の方、北摂では、秋の地区イベントといえば運動会のようです。何気に並べて貼ってあった開催通知ポスターをみると、同じ地区で主催が変わり重複して運動会が開催されているのには驚きました。日付が違うので、休日ごとに運動会もあり得ます。

といっても、泉北地区も、なんだかんだで、催し事をつくり、だんじりを年に2回以上出していたりします。

今年は、和泉市制60周年で35町のだんじりが勢ぞろいするイベントも別にありました。

いやぁ壮大です。(市のHPですので、そのうちリンク切れするかもしれません↓)

http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/kousitu/kyoudou/osirase/1475481894731.html

夜は提灯をたくさんつけて、ゆっくり練り歩きます。

20161008_204600_nikon_d3200_0001

(勢いある感じですが)

交差点の曲がりはやり回しで、若干動きが速くなるので、ぶれないようにするのが難しいです。思わず力が入り傾いちゃいました。

夜も更け、地区に戻るだんじりの小屋根の方々の後ろ姿。

20161008_211229_nikon_d3200

踏切を渡って戻る地区は、JRにも協力頂いているようです。

20161008_211602_nikon_d3200a
(踏切の安全を確認し帰るJR関係者)

提灯がたくさんといってもこっちの方が気になるね。

20161008_213257_nikon_d3200

帰って飲むか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

秋の夜長は聞き比べ CBS・SONYのマスターサウンドレコード

同じタイトルのレコードを2枚も入手しました。

片方は普通盤、もう片方はCBS・ソニーの高音質LPであるマスターサウンド盤です。

そう、聞き比べがしたいのです。

20160924_115133_sh04e

当初の値段は普通盤の販売価格が2,800円、マスターサウンド盤の販売価格は3,200円のものです。中古となると状態により安く入手できます。

しかも、私が今回入手したものは格安でした。

普通盤は少しジャケットに汚れがあるせいか100円、マスターサウンド盤は他のタイトルと合わせて2枚で1,300円good付いていたもう一つの盤のジャケットに一部折れ破れがあったからかもしれません。

ただ、盤は良好というものを選択しましたので、各盤自体クリーニングするとプチノイズもなくなり非常に良い状態のものでした。(目的に合致した選択)

マスターサウンド盤の方は、レコードと歌詞カードのほかに、マスターサウンドについての説明チラシがいくらか入っています。

20160924_101045_sh04e

まずはウンチクで、良い音にみせようという作戦ですな。

20160924_101104_sh04e

盤も従来のレコードに比べ、厚いそうです。普通盤は音源部分が凹んで薄くなっていますが、マスタサウンド盤は、厚みが変わりません。

20160924_110932_sh04e

写真ではわかりにくいけど、上が普通盤、下がマスターサウンド盤。

20160924_102347_sh04e_2

現状オーディオ部屋(仮)で聞き比べてみました。

マスターサウンド盤は、ステレオ感が高く(左右に広く)聞こえます)。ドラムの音もしっかりして、パンチがあります。

聖子ちゃんボイスは、あらかじめネットでマスターサウンド盤の評価を調べ済みのとおり、サシスの音声の擦れるような音が際立って聞こえるようになります。

普通盤に比べ、マスターサウンド盤は音にメリハリがでています。

この聞き比べ企画をしたのが夏にかかった頃だったので、夏に合う曲を思いっきり聞き比べながらと考えていました。

それで松田聖子のアルバム『ユートピア』の、A面の「マイアミの午前5時」という曲で、精査しようと思っていたのですが、もっと元気な曲、B面の「ハートをRock」で先のような違いが大きく出てびっくりしました。

20160924_103934_sh04e

パンチ感と解像感がたまりません。sign03

本当に「ハートをRock」されてしまいました

少なく、おとなしい曲ですと、何も言わなければ普通盤でも違いがわからないかもしれませんが、音源多数で、元気な曲ほど、マスターサンド盤の魅力が発揮されるようです。

やはり、マスターサウンド盤の音質は良いと思います。

ただ、普通盤が良くないとはいえません。先に普通盤が手元に来てレコードを回して聴いて楽しんでいたのですが、良い音に聞こえました。比べてみると先のような違いが判るというようなものです。

【追記】LPレコードを聴いていてオーディオの楽しみ方が再びわかってきたような気がします・・・またいずれ、そのことを書いてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »