« かかみがはら航空宇宙科学博物館 | トップページ | 2016年の秋カメラはじめ だんじり »

2016年10月 1日 (土)

秋の夜長は聞き比べ CBS・SONYのマスターサウンドレコード

同じタイトルのレコードを2枚も入手しました。

片方は普通盤、もう片方はCBS・ソニーの高音質LPであるマスターサウンド盤です。

そう、聞き比べがしたいのです。

20160924_115133_sh04e

当初の値段は普通盤の販売価格が2,800円、マスターサウンド盤の販売価格は3,200円のものです。中古となると状態により安く入手できます。

しかも、私が今回入手したものは格安でした。

普通盤は少しジャケットに汚れがあるせいか100円、マスターサウンド盤は他のタイトルと合わせて2枚で1,300円good付いていたもう一つの盤のジャケットに一部折れ破れがあったからかもしれません。

ただ、盤は良好というものを選択しましたので、各盤自体クリーニングするとプチノイズもなくなり非常に良い状態のものでした。(目的に合致した選択)

マスターサウンド盤の方は、レコードと歌詞カードのほかに、マスターサウンドについての説明チラシがいくらか入っています。

20160924_101045_sh04e

まずはウンチクで、良い音にみせようという作戦ですな。

20160924_101104_sh04e

盤も従来のレコードに比べ、厚いそうです。普通盤は音源部分が凹んで薄くなっていますが、マスタサウンド盤は、厚みが変わりません。

20160924_110932_sh04e

写真ではわかりにくいけど、上が普通盤、下がマスターサウンド盤。

20160924_102347_sh04e_2

現状オーディオ部屋(仮)で聞き比べてみました。

マスターサウンド盤は、ステレオ感が高く(左右に広く)聞こえます)。ドラムの音もしっかりして、パンチがあります。

聖子ちゃんボイスは、あらかじめネットでマスターサウンド盤の評価を調べ済みのとおり、サシスの音声の擦れるような音が際立って聞こえるようになります。

普通盤に比べ、マスターサウンド盤は音にメリハリがでています。

この聞き比べ企画をしたのが夏にかかった頃だったので、夏に合う曲を思いっきり聞き比べながらと考えていました。

それで松田聖子のアルバム『ユートピア』の、A面の「マイアミの午前5時」という曲で、精査しようと思っていたのですが、もっと元気な曲、B面の「ハートをRock」で先のような違いが大きく出てびっくりしました。

20160924_103934_sh04e

パンチ感と解像感がたまりません。sign03

本当に「ハートをRock」されてしまいました

少なく、おとなしい曲ですと、何も言わなければ普通盤でも違いがわからないかもしれませんが、音源多数で、元気な曲ほど、マスターサンド盤の魅力が発揮されるようです。

やはり、マスターサウンド盤の音質は良いと思います。

ただ、普通盤が良くないとはいえません。先に普通盤が手元に来てレコードを回して聴いて楽しんでいたのですが、良い音に聞こえました。比べてみると先のような違いが判るというようなものです。

【追記】LPレコードを聴いていてオーディオの楽しみ方が再びわかってきたような気がします・・・またいずれ、そのことを書いてみようと思います。

|

« かかみがはら航空宇宙科学博物館 | トップページ | 2016年の秋カメラはじめ だんじり »

2.カメラ・PC・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/67642826

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長は聞き比べ CBS・SONYのマスターサウンドレコード:

« かかみがはら航空宇宙科学博物館 | トップページ | 2016年の秋カメラはじめ だんじり »