« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月18日 (月)

KIXで写真 A380 2階建て

息子が関空展望台スカイビューで撮るというので付いていきました。

20160718_111535_nikon_d3200
(クリックで拡大)

蜃気楼がでてくるような暑さ気温33℃、うっとおしい前日までの曇り雨が続いていた状態から一気に晴れへ。

帰宅してニュースをチェックすると梅雨明けしたとのこと。

今日のターゲットはこれ!A380 2階建ての機体です。

20160718_112011_nikon_d3200_2
(クリックで拡大)

飛び立つまで、ほかを撮って備える。

20160718_102923_nikon_d3200
(クリックで拡大)

今回も、AFもマニュアルで撮ってます。

というか、この機材組み合わせだとAFが効きません。

少しピンあまか、パープルフリンジが影響しているか・・

20160718_115609_nikon_d3200
(クリックで拡大)

【使用機材】

  • ニコン D3200
  • AF NIKKOR ED 70-300mm F4-5.6D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

なんばパークスのお花と、通天閣の活気

なんばパークスから通天閣あたりをカメラもってぶらぶらしてきました。

JR難波駅から少し歩き、なんばパークスへ。

取り合えず屋上庭園で花を撮影。

エキナセアという花が目立っていました。

20160716_151039_nikon_d3200

ラベンダーは、定番かな。

20160716_142926_nikon_d3200_0001

なんばパークスの最上階庭園の奥から見る風景は、曲線の重なりが良くて好きです。

20160716_144230_nikon_d3200

同じ場所から反対方向を望むと、これから行こうとしている方向です。

ただし、こちらの風景はガラス越しになります。

20160716_144020_nikon_d3200
(拡大できます)

向かって左高い建物があべのハルカス(日本第二位の高さ)

真ん中少し左にビルの前に重なって通天閣

右下は南海電気鉄道(特急ラピートが通過中)

歩いていきました。所要早歩きで15分ほど。

途中の日本橋オタクロードのカラクシュでトルコアイス(ドンドゥルマ)をいただく。

粘り気はどうして出しているのだろう?と同行の息子と話していたが、帰宅後Wikipediaを見ると、どうもサーレップ粉という、ユリ科の植物の根を乾燥粉末にしたものを使っているらしい。

海外の人も多く、その分活気づいています。

ここ1年は、新今宮駅周辺に安いホテルや再び商業施設(MEGAドン・キホーテ 新世界)ができて、それまで地元のおっちゃんばかりだった駅が、観光客でにぎわっています。

もちろん近くの通天閣もです。

20160716_171119_nikon_d3200

観光客多いね。

20160716_165456_nikon_d3200

この景気に周辺の店も増えてきています。

ところで通天閣を真下から上を覗くと、クジャクの天井画があります。

20160716_164716_nikon_d3200

戦時中にあったものを昨年に復活させたそうです。夜はライトアップされて綺麗だそうです。

今回は、活気あるジャンジャン横丁を通り抜け新今宮駅から帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

雨の高野山 六角経蔵の回転が軽くなっていた!

7月10日(日)のこと、和歌山県海岸側を中心に1時間120mmを超える大雨が降ったときに、高野山に撮影もかねて、あることを検証しに行ってきました。

雨雲レーダーをみると、海岸よりが激しく山間部は、曇りか時々雨のような気配でした。

しかし、行ってみるとほんの少し曇りのときはあったもののずっと雨でした。

20160709_094423_nikon_d3200

天空の世界は雲の上で雨降らずって甘い妄想も消え・・

たまにどしゃぶり。

こうなると、雨が映り込み白い点々とノイズのようになります。雪ならいいのですが画になりませんなぁ。

20160709_095742_nikon_d3200

このように、しっとり降るぐらいまでがよろしいかと

20160709_103227_nikon_d3200

今回は、高野山定番業を少ししてきました。

六角経蔵です。

20160709_100511_nikon_d3200

先日の旅番組で高野山が紹介されてとき、この六角経蔵を軽々回すシーンがでてきます。

はて、これは何人かでやっと回せたはず。

おかしい?

1周で1回お経を唱えたことになるありがたいもの。実際に試してみました。

20160709_100742_nikon_d3200

片手、いや、気持ち親指一本で回せるぐらいに軽い。

軽いので、ついもう一回と合計2周してしまいました。

ほかの方の2015年までのブログなどを確認すると「重い!」「数人でやっと回せた!」というコメントばかりですが、2016年以降は「軽い」というコメントが見受けられます。

この間でなにか六角経蔵に変化があったのでしょうか?

誰か教えてください。

さてさて、近くでもう一つすべきことは、三鈷の松にて松の葉さがしだそうです。

ふつうの松の葉は2本ですが、三鈷の松には時々3本のものがあります。

落ちているものを見つけて拾うとラッキー、お守りとなるそうです。

20160709_102116_nikon_d3200

雨だったからでしょうか?早々に3セット分見つかりましたscissors

この後、奥の院へ

20160709_114038_nikon_d3200_2
(クリックで拡大できます)

雨でしっとり、苔が映えます。

いつも、この分かれ道でどちらに行こうか迷います。結果はつながっているので、往復で変えてみるのがよろしいかと思います。

20160709_115552_nikon_d3200

今回は、どちらもあれもなく、奥の院でうろうろ何周かしました。

というのも、あるものを確認したかったからなのですが、今回は見つけることができず時間切れ、次回以降の楽しみとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

和歌山県 かつらぎ 蔵王峠 葛城蔵王権現社 ~雑賀崎

南大阪から隣といえば和歌山、泉北から山を越えると、和歌山県かつらぎ町というところにでる。

かつらぎ町は高野山のおひざ元、奥は九度山を経て高野山へと続く。

山を越えればすぐ。

ということで、2016年6月26日のこと

今回は国道480号線和歌山側峠付近からそれて、文蔵の滝、府道61号線(滝畑ダム、関西サイクルスポーツセンター前の道路の和歌山側)の蔵王峠付近にある葛城蔵王権現社、ついでに延伸中の京奈和自動車道を経て一気に雑賀崎をドライブしてきました。

文蔵の滝は、この長閑な棚田の上にある。

20160626_141954_nikon_d3200

駐車スペースもあって立派な看板が矢印を指しているが・・・

20160626_141455_nikon_d3200

一見、入り口がわからない。

この枯葉いっぱいの、けもの道のようなところを上がると、すぐ階段になっていました。

20160626_141549_nikon_d3200

早歩きで3分上ると、鳥居がありひっそりと神聖な感じです。

鳥居の奥、右奥木々の間に縦に白い筋の滝が見えます。

20160626_142826_nikon_d3200

奥を覗くと、筒の中の滝つぼっていう感じです。

修行の場のようです。実際、滝行をするには白装束になってというような注意書きがありました。

さらに、葛城山を北にスライド移動し蔵王峠に向かいます。

蔵王峠の和歌山側50mぐらい降りたところに、色鮮やかな連なる鳥居が美しい葛城蔵王権現社があります。

20160626_153435_nikon_d3200

前回から変わって、足元がきれいにコンクリートで固められ、鳥居はペンキ塗りたてのように、きれいに塗り替えられていました。

20160626_153716_nikon_d3200

ここは、茂った杉の木に囲まれているので、昼前後の明るいときに行くと鮮やかで良いです。

20160626_153859_nikon_d3200

全部で何本あるのでしょうか。

20160626_154637_nikon_d3200

境内に入る最後の鳥居。横に手を清める水場があったので、水道をひねってみると、抹茶色。川の水を引いているのでしょうか?前日の雨で濁った土が入っているようです。

きれいな境内に、茶色と化した水場は似合わないので、このところの、リフォーム掃除の影響もあってか、思わず、おせっかいながら水通しをして掃除してしまいました。coldsweats01

20160626_154956_nikon_d3200

境内の一方です。

20160626_155136_nikon_d3200

山を下りまして、延伸中の京奈和自動車道に乗ります。

2014年~2015年に開通した区間で紀北かつらぎIC~終点の岩出根来ICへ一気に、そして国道24号線を経て雑賀崎へ。

今年中に和歌山JCTが完成、阪和自動車道に接続される予定ですので楽しみです。

雑賀崎では夕日を撮ってみました。

20160626_185624_nikon_d3200

以前は、その下の釣り場へよく行っていましたが、このところは被写体として考えています。

20160626_184709_nikon_d3200

なんちゃってエーゲ海のような風景にもなるといわれているのですが・・・

光の具合をみると朝のほうが良いような気がします。

今回は下見ですので、また次回ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

0SIM (ゼロシム) 解約となりますメールが来た!

0SIM so-net の無料から使えるSIMです。

2015年12月25日発売のデジモノステーション1月号の付録で使用開始しています。たまたま立ち寄った本屋の表紙をみて、驚きのあまり何度も見直し買った雑誌です。

20151226_110914_sh04e

この号は、あっという間に売り切れになり神となったのですが、その正式リリースされ、今は普通にサービスを受けられるようになっています。

↓繋がったときの感動で記念写真

20151226_114844_sh04e
(いつも家中のWiFi、あまり外に持ち出さない端末には最適です!)

さて、このSIM、本当に月500MBまで0円なのですが、3か月データ通信しないと解約となってしまいます。

この3か月ほど、リフォームばかりして該当端末を持ち出していなかったので、0SIMは、データ接続をしなかったようです。

自動解約が成立する月末の15日前というころでso-netからメールが届きました。

「~データ通信なし:自動解約に関するご注意」というような表題です。

すぐに接続して10MBほど使ったので大丈夫のようです。

http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/

各種お手続き・確認(利用者向け) から時々データ使用量チェックしておいたほうが良いかもしれません。

ログインIDは080で始まるSIM電話番号と初期パスワードはSIMカード台紙(切り離した後に残る樹脂製のカード)の裏に載っています。

0SIMのページあるよくある質問にも載っています。

そういえば、雑誌付録のものは、nanoSIMでしたので、一気に標準SIMにするCmzwtのアダプターをかましてあります。

20151226_111922_sh04e
(左:アダプターにセット済状態)

隙間もほぼなく、手持ち標準SIMタイプの端末は引っかかることなく大丈夫でした。

2016.07.02修正:本文中のデータ容量単位がGBになっていました。正しくはMBです。本日修正いたしました。(ご指摘コメントありがとうございました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »