« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

岸和田 牛滝温泉いよやかの郷 突然の雪景色

今日は久々に、牛滝温泉いよやかの郷 で温泉につかってきました。

昼間は雲もほとんどないいい天気でした。ただ大寒波が押し寄せていたので、上の方は雪で上がれなかったら引き返そうという思いで出かけたのですが、まったくもって雪も見ることなく いよやかの郷まで普通に来れました。

そして雪景色でもない冬の殺風景なごく普通のいよやかの郷でした。

それでも隅の方に少しだけ残雪があったので撮ってみました。20160124_153707_sh04e

のんびり温泉につかって出てみると、なんと雪が降り始めましたsnow

外を見てみると右の露天風呂の湯気とともに、白い粉が沢山空から降りてきていました。やべぇ木々や手すりに積もり始めてるぅ~coldsweats02

20160124_163002_sh04e

最初の残雪撮影しなくとも一瞬で十分になってきた。

そして玄関に出ると一面あれっー 帰れるのかよ!!

20160124_163344_sh04e

まだ路面は昼間の太陽の余熱があるのか、雪が落ちても解けていましたが、これも時間の問題のような・・・

車が久しぶりに雪をかぶっています。冷や汗coldsweats01

20160124_163758_sh04e

駐車場から温泉方面を見ると・・・雪景色

20160124_163819_sh04e

車に乗り込むと、スキー場の駐車場か?と感じるほど。

20160124_163849_sh04e

急いで、でも安全にスピードはゆっくりと下りてきました。

家路に着いてフロントを見るとナンバープレートが 悪いことするため隠しているわけじゃありませんcoldsweats01が、綺麗に雪で隠れていました。

20160124_173222_sh04e

その後夜になると、家の前の道も凍り始めました。暖冬ですが来るときは来ます大寒波到来ですかね。

一応、水道をぞうきん等で覆って寝ることにします。30年ぶり寒波というので、そのときは水道が凍って破裂などよく経験しましたので。

明日はどうなるやら・・・早よ寝よっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

腕時計 WV-58J の電池交換

CASIO の wave ceptor WV-58J という電波式腕時計を使っていて、今回は電池交換をしたのでその過程を記録しておきます。

電池は100均のセリアで三菱製 MADE IN JAPAN のCR1620をゲットsign01なんと使用期限は2020年3月です。

20160105_205839_canon_ixy_200f

100均店を何か所か廻ったが、海外メーカー製ばかりで使用期限が概ね2017年でしたの今回ゲットしたものは単純比較で信頼性よろしいのではないかとconfident

ついでに100均で先のとがったピンセットもゲット。

電池交換費用216円yen

精密ドライバーはあるのでこれで材料と道具は揃いです。

20160105_205732_canon_ixy_200f

上の全貌写真、すでに電池を外した図になっているが
   ・・その部分は見えないことにしておいてくれ。

では改めて【手順】記録ですcoldsweats01

時計裏にあるねじ4本をドライバーで緩めて外しすと裏ぶたが外れます。

外すのにベルトの端に少し引っかかりますが、ベルト部分がゴムなのでうにゅっと取れます。私のはこれで外れますが、外れないぐらいにきっちりした状態なら先にベルトを外しておく必要があるかもしれません。

裏ぶたを外すと 「電池交換した後はACと書いてある穴の部分と電池のプラス側をショートさせてリセットをしてください」 という趣旨が英語で載せたシールが貼ってある電池蓋があります。

これは本体側の爪に引っかかっているだけなので、方向を考えながら先の細い道具で力を加えてリリースします。(今回はピンセットを使用)

外れた様子。

20160105_205233_canon_ixy_200f

反対側も本体に付いていますが、外れる様子がないので、このまま隙間から電池をするっと抜きまして電池空間は空っぽの状態。

20160105_205453_canon_ixy_200f

新しい電池を差し込み電池蓋を戻します。

そして先に記載のAC穴の端子と電池のプラス側をショートさせてリセット。
(しなくても正常に動いていればいいのだろうと思いますけど)

RC! という表示になります。電波時計のいわゆる強制受信中・・電波の届く場所に置いておきますと、数十分ぐらいで現在時刻を表示し始めます。

20160105_211806_canon_ixy_200f

ついでに、ゴムパッキンや周辺などの汚れを取り除き、裏ぶたをはめてねじ4本を締めて元に戻します。

20160105_211649_canon_ixy_200f

ここ半年ぐらいバックライトが点灯しなくなっていて壊れたのかと思っていましたが、電池がなくなりかけていたために発生している現象だったようです。

新しい電池の下ではこのとおり、青色のバックライトがよみがえりましたgood

20160106_213338_canon_ixy_200f

電池寿命2年ということですので、次回はそれを過ぎたあたり、遅くともバックライトが点灯しなくなったら即交換したほうが良いようです・・・電池がなくなりかけてくると液漏れがしやすくなりますからね。

それにしても、この腕時計は、元も結構リーズナブルですが、常用してタフに使えて気軽にメンテもできてコスパ高いっすhappy01 ok

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »