« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月24日 (土)

水間寺(水間観音)と水間鉄道 水間観音駅

近場で何か秋を感じる鉄がないかと家族に伺ったところ、水間観音駅の旧車両と木のコラボでいいじゃないか?とのこと。

早速行ってきました。まずは水間観音から。

20151024_154454_nikon_d3200_2

1965年に寄贈されたという献馬の見つめる先に立派なお堂があります。

大みそかには除夜の鐘を突くことができるということもあって、私の中ではアクティブ系のお寺sign02に位置しています。

今回も、アクティブなところを少し見つけました。その一つがこれ。

20151024_164335_nikon_d3200_2

数珠玉を下へ引くと数珠玉が繰り出し落ちてきます。下の数珠玉にあたってカチッと音が鳴ります。

念じながら八回音を鳴らすことになっています。

私もしてみましたところ、カチッという音とともにまわりの空気を静粛にして心も清らかになっていく感じがして癖になりそうですthink

沢山鳴らしすぎると邪念となるそうですので注意が必要です。

さて、ここから徒歩10分ほどで水間観音駅に移動できます。

20151024_160806_nikon_d3200_2

駅舎は1999年に国の登録有形文化財にされています。

お堂の形をした駅舎が特徴的であります。そのお堂を中から見上げると東洋的な窓が見えます。

20151024_160848_nikon_d3200_2

そういえば、ここに来たのは30年ぐらいぶりcoldsweats01 中学校のときに鉄研サークルのような課外活動でのり鉄な先生とともに水間鉄道の乗りに来た以来です。そのときにみたこの東洋的な窓が印象に残っていたことを思い出しました。

今回の課題にある場所に到着しましたので、それぞれを見ていきます。

旧列車(水間鉄道501型)を駅の外から連結方面から見た状態です。

20151024_160212_nikon_d3200_2

そして課題の一つの木。現行列車で少し隠れていますがこれです。

ところどころ葉っぱ1枚単位で紅葉している状態です。全体が紅葉していることを想定していたのですが残念ながらいまいちです。

20151024_161149_nikon_d3200_2

日も陰り、木もイマイチな状態。どうするか・・・

う~ん、これが限界。

『秋を迎える水間鉄道501系』

20151024_162850_nikon_d3200

ただ、制限された課題材料・機材の内でベストを撮り方も面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

秋桜(コスモス) 2015年秋 和泉リサイクル環境公園にて

お待たせしました。今年の秋桜です。

場所は最近ハマっています和泉リサイクル環境公園です。

先日入手した古いレンズの『NIKON AUTO NIKKOR-S C 50mm F1.4』をD3200に付けてマニュアルで撮ってきました。

今回の画像はクリックすると少しだけ拡大できます。

20151018_135207_nikon_d3200

秋だけどピンカーンの汗ばむ天気だったので、撮る写真も明るめやわらかに仕上がっています。というか逆光で撮っています。

絞り全開放で撮ると前後ボケ厳しすぎるので、くっきり撮れるf2にして撮ってみました。

20151018_134006_nikon_d3200

これでも前後ボケ凄いっす。

20151018_134718_nikon_d3200

固定レンズでマニュアルって面白いですね。撮ってる感が最高ですcamera

秋桜畑の横で芽吹いているのはポピーらしいです。。冬を越して来春咲くのが楽しみですね。

20151018_134842_nikon_d3200

その前に、次はグラジオラスが咲いてくるそうです。

今はまだこんな感じeye

20151018_140840_nikon_d3200

なかなかシンプルに撮りたいものがある公園です。

20151018_141425_nikon_d3200

紅葉も始まってきているのですが、雨が降らずに枯れてきてる感あり。

以上、 『NIKON AUTO NIKKOR-S C 50mm F1.4』で撮ってきた!でした。

タイトル変わってるぅ~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

50mm f1.4 って?

F値1.4が5,000円強で売られている!!
調べてみると、1973-1974年に製造されたオールドニッコールレンズ。

『NIKON AUTO NIKKOR-S C 50mm F1.4』

現行のカメラ本体にそのまま取り付け出来るのは、D3000と5000シリーズ、それにDfという。
私のカメラ本体はD3200だからO.K.scissors
f2.8なら40mmマイクロニッコールに、17-50mmシグマの2.8通し標準ズームがあるのでわかるが、f1.4の世界とは?
ということでヤフオクで買っちゃいました。

1445131294736.jpg

f1.4解放では半端ないボケ味。焦点以外の明示を許さない徹底さ(焦点はJキーの前。縮小しているので分かりにくいですが)

1445131295650.jpg

もちろん解放では少しあまい。f2.8以上絞ればキリッとしてくる。

1445131298044.jpg

レンズ名にCがつくよう、この時代のレンズからマルチコートされているので、色も自然。というかニッコールのこってり感ありです。

1445131296498.jpg

D3200との組み合わせでは、マニュアルモードで使えます。
電子的カラクリは全くないレンズともあって、ファインダー内のフォーカスエイドインジケータは動作するものの前後に幅があり、試し撮りでジャスピンの位置感覚を身に付けるようになりました。

これは合わせられないで失敗。でも、こんな暗くてもISO400そこらで撮れるのです。
1445131297271.jpg

また、DXフォーマットでは35mm換算75mm相当になって少し望遠的な撮影となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »