« 南海フェリーを楽しむ | トップページ | いわゆるPLの花火大会 2015年度 »

2015年7月26日 (日)

護衛艦「こんごう」一般公開に行ってきました

前回(道中の南海フェリーを楽しむ)よりつづき、目的の護衛艦「こんごう」を見てきました。

徳島県 小松島港まつり協賛行事 の一つだったようです。

20150719_161344_nikon_d3200

甲板上を散策しているうちに艦橋の方への見学は人が多く、これ以上は時間に帰ってこれなくなるのでとストップさせられれ行けずweep

艦内はほとんどなく。

20150719_152532_nikon_d3200_2

甲板上にあったものだけを見ていく・・

人でごった返しています。

20150719_155013_nikon_d3200

艦上に展示してあった「小型水上標的Ⅰ型」

20150719_143520_nikon_d3200

結構良い船艇ですが、標的ですから大破することもあるのだろうと・・・

これなど安価な方、調べると、ジェットエンジンが付いた航空機型とかいろいろ標的にも結構なお金がかかってそうですね。

といっても打ち込む弾の方が高価そうです。

これで国全体を防御するに役にたっているのですから費用対効果はあるのだろうと思うことにします。

ところで気になってきたのが、ところどころにあるハッチや扉。結構機能的なにおいがします。

外から器具がないと防水ロックが外せなさそうないもの。

20150719_152103_nikon_d3200

これの大きなところですが開けるとこのように、中からは回転式ハンドルでロックできるようになっています。

これでゴムパッキンを淵にある凸に押し当て防水しているようです。

20150719_144143_nikon_d3200

外中どちらからも防水ロックを外せそうな扉ですが、下のX印のフタのようなところに何かあるかもしれません。

20150719_152025_nikon_d3200

どこの扉・ハッチにも、XとかYなどの銘板がありすこし気になったので調べてみると、どうも、自衛艦でいうところの「閉鎖標識」というらしい。

Xは航海中、停泊中を問わず閉鎖するものまたは停止すべきもの。

は航海中および停泊中の保安警戒上必要とする場合に閉鎖または停止すべきもの。

は戦闘中または保安上必要とする場合,閉鎖または停止すべきもの。

は応急作業上必要がある場合または総員離艦の場合以外は、航海中、停泊中を問わず開放または運転すべきもの。

と意味があるようで、次回はこれらも参照しながら見学してみようかと思う。

こんごうの上空を飛行する航空自衛隊練習機「T-4」。

20150719_150249_nikon_d3200_002_2

展示飛行もありました。ぐるっと小松島上空を回り横切る感じでした。

ミサイルが沢山発車できるVLS装置が甲板に設けられています。

20150719_151233_nikon_d3200

中央船員の後ろの甲板に注意書きがあります。

20150719_151451_nikon_d3200_2
(クリックで拡大)

このように装置一つ一つひ付近に銘板で注意書きが展示用でなく常設してあります。

最後にラッパをみて 最後に吹いてくれたのはリクエストが上がった 正露丸 のようです。

ご苦労様でした。

20150719_153243_nikon_d3200

艦を降りるのも人の列、旭日旗の方までぐるっと廻って降りました。

20150719_153929_nikon_d3200

おわり

|

« 南海フェリーを楽しむ | トップページ | いわゆるPLの花火大会 2015年度 »

1.キャンプ・旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/60897159

この記事へのトラックバック一覧です: 護衛艦「こんごう」一般公開に行ってきました:

» 護衛艦「こんごう」は3代目 [ぱふぅ家のホームページ]
護衛艦「こんごう」は海上自衛隊のイージス艦で、佐世保基地を母港とする。同名の艦船としては3代目。1993年3月に就役した。同時に多数の目標を追跡・攻撃できるイージス艦の特長を活かし、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えている。... [続きを読む]

受信: 2016年5月22日 (日) 18時54分

« 南海フェリーを楽しむ | トップページ | いわゆるPLの花火大会 2015年度 »