« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月26日 (日)

護衛艦「こんごう」一般公開に行ってきました

前回(道中の南海フェリーを楽しむ)よりつづき、目的の護衛艦「こんごう」を見てきました。

徳島県 小松島港まつり協賛行事 の一つだったようです。

20150719_161344_nikon_d3200

甲板上を散策しているうちに艦橋の方への見学は人が多く、これ以上は時間に帰ってこれなくなるのでとストップさせられれ行けずweep

艦内はほとんどなく。

20150719_152532_nikon_d3200_2

甲板上にあったものだけを見ていく・・

人でごった返しています。

20150719_155013_nikon_d3200

艦上に展示してあった「小型水上標的Ⅰ型」

20150719_143520_nikon_d3200

結構良い船艇ですが、標的ですから大破することもあるのだろうと・・・

これなど安価な方、調べると、ジェットエンジンが付いた航空機型とかいろいろ標的にも結構なお金がかかってそうですね。

といっても打ち込む弾の方が高価そうです。

これで国全体を防御するに役にたっているのですから費用対効果はあるのだろうと思うことにします。

ところで気になってきたのが、ところどころにあるハッチや扉。結構機能的なにおいがします。

外から器具がないと防水ロックが外せなさそうないもの。

20150719_152103_nikon_d3200

これの大きなところですが開けるとこのように、中からは回転式ハンドルでロックできるようになっています。

これでゴムパッキンを淵にある凸に押し当て防水しているようです。

20150719_144143_nikon_d3200

外中どちらからも防水ロックを外せそうな扉ですが、下のX印のフタのようなところに何かあるかもしれません。

20150719_152025_nikon_d3200

どこの扉・ハッチにも、XとかYなどの銘板がありすこし気になったので調べてみると、どうも、自衛艦でいうところの「閉鎖標識」というらしい。

Xは航海中、停泊中を問わず閉鎖するものまたは停止すべきもの。

は航海中および停泊中の保安警戒上必要とする場合に閉鎖または停止すべきもの。

は戦闘中または保安上必要とする場合,閉鎖または停止すべきもの。

は応急作業上必要がある場合または総員離艦の場合以外は、航海中、停泊中を問わず開放または運転すべきもの。

と意味があるようで、次回はこれらも参照しながら見学してみようかと思う。

こんごうの上空を飛行する航空自衛隊練習機「T-4」。

20150719_150249_nikon_d3200_002_2

展示飛行もありました。ぐるっと小松島上空を回り横切る感じでした。

ミサイルが沢山発車できるVLS装置が甲板に設けられています。

20150719_151233_nikon_d3200

中央船員の後ろの甲板に注意書きがあります。

20150719_151451_nikon_d3200_2
(クリックで拡大)

このように装置一つ一つひ付近に銘板で注意書きが展示用でなく常設してあります。

最後にラッパをみて 最後に吹いてくれたのはリクエストが上がった 正露丸 のようです。

ご苦労様でした。

20150719_153243_nikon_d3200

艦を降りるのも人の列、旭日旗の方までぐるっと廻って降りました。

20150719_153929_nikon_d3200

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年7月25日 (土)

南海フェリーを楽しむ

2015年7月15日(金)、前日に引き続き海上自衛隊の艦船一般公開に向かいました。

行先は徳島happy01

大阪から徳島へは淡路島経由で行くことが多いですが、今回は3連休ということもあって京阪神間の渋滞を懸念して和歌山港からフェリーで渡ってみました。

フェリーターミナルには第5便10時35分発の1時間前に到着。

20150719_095712_nikon_d3200

窓口で乗船券を買いましてターミナル周辺を散策。

和歌山港へは南海電車和歌山港駅が接続するほか、路線バスで南海和歌山市駅、JR和歌山駅方面もありますが、船の発着に合わせたかたちのダイヤですので逃すと3時間ほど列車は無いです。

20150719_095108_nikon_d3200

バスは、電車改札口前の階段を降りたところ。

20150719_095250_nikon_d3200

さてさて、乗船券を買った後は、車を港の上船駐車スペースに回しましたところ、目に飛び込んできたのは・・・

南海フェリーの着岸でなく、護衛艦「あけぼの」です。

20150719_094346_nikon_d3200

これも和歌山港で一般公開中でした。

護衛艦には、たくさんの人が群がっていますcoldsweats01

間もなくして、フェリーもやってきました。「フェリーつるぎ」です。

20150719_100533_nikon_d3200

港内は、護衛艦と合わせてこのような光景です。

20150719_100928_nikon_d3200

なかなか・・

20150719_101201_nikon_d3200

なかなかの・・・萌え感

20150719_101139_nikon_d3200

数年前から萌えキャラで押しておられます。

乗り込むなり、席を確保。

連休とあってか客も多く、雑魚寝できるスペースから埋まり、屋内座席スペースもちょうどいっぱいな感じでした。

500円(平日)、1000円(土日祝)プラスで船前方のグリーン席(座席が列車のグリーン車風)も確保できます。予約なしの場合は、乗船後すぐに売店に駆け込み空き席を確保購入するということになります。

私は売店で家族の分を含め3種類の弁当を購入。(第5便では弁当が3種類売られる情報を関係職員から聴取済み)

20150719_103048_nikon_d3200

雑魚寝スペースを確保していたのですが、外で食べようということになり甲板の風の当たらない席でむしゃむしゃ食べました。

ちょうどいい味付けであったため、好き嫌いの多い家族も完食good

オススメッス!

1時間ほどすると中間地点、徳島港側から出航した「ふぇりーかつらぎ」とすれ違いです。

20150719_115240_nikon_d3200

ところで、この付近に島があることを認識していませんでした。失礼。

沼島です。淡路島の南に位置する島で町もあり、淡路島から定期船もあります。

20150719_115305_nikon_d3200

観光スポットもあるようですのでチェックしておきます。

しかし、この付近すごく揺れます。若干時化ているのもあるのですが、というか瀬戸内海と太平洋との海水が入れ替わる場所でもあります。

そして、ぬぉ~前を横切る貨物船sign03

20150719_115905_nikon_d3200

よくよく周りを見ると横切る船だらけcoldsweats01

瀬戸内海から太平洋にでる船が多数。

いわばメイン道路を我々の船が隙間をぬって渡っている状態なのです。

このようなところを過ぎればあと20分ほどで徳島港。2時間はあっという間のクルージングでした。

徳島港から車で乗船するときはドライブスルーで乗船券が買えます。(和歌山側もそうしてほしいですな。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

海上自衛隊 阪神基地サマーフェスタ2015

2015年7月18日(土) 海上自衛隊阪神基地サマーフェスタに出かけてきました。

護衛艦すずつきです。

20150718_102601_nikon_d3200

少なくとも小学生以来、護衛艦など興味がなくなっていたのですが、実物を見て見学して回ると、なんだかよみがえってきました。

20150718_123424_nikon_d3200

残念ながらも人間たるこのような物で牽制せざるを得ないのかとの思い裏腹、よく考えられて造られているなぁとも関心せざるを得なく、複雑な状況を改めて認識するのでした。

20150718_121842_nikon_d3200

航路確認中

20150718_123205_nikon_d3200

見学後の休憩・・・向かいに着岸しているのは「やまと」じゃないですか。

戦艦ヤマトでないですよ!

20150718_124718_nikon_d3200

今年の春先まで泉大津-門司を航行していた阪九フェリーであります。

久しぶりの再会ですhappy01

今は、前述の航路を新造船「いずみ」が取って代わり、「やまと」は神戸-門司航路で活躍しています。

先日まで自宅近くで隔日ごとに見ていた船だっただけに、この先も頑張れ!!とエールを送るのでした。(船なのにcoldsweats01

さてその後は、YF1034により湾内クルージング。小さな船でも波に揺られ突き進むのは心地よいです。

20150718_140009_nikon_d3200

というか、乗り合わせた人たちは皆一眼レフ持ちcoldsweats02

デッキで総立ち、皆必死に一眼で護衛艦すずつきを撮影。

20150718_140619_nikon_d3200

後方はこのように。

20150718_141928_nikon_d3200

朝は雨模様でしたが、フェスタ開始とともに曇りから晴れへカンカンな天気へと、最後は暑くてヘトヘトでしたが、結構楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »