« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月27日 (月)

九州福岡空港~大阪関空(KIX) 昼間A席

先日の久留米出張の帰りは福岡空港から関空(KIX)行きPeachを利用してみた。

では、ウイングレット(主翼先端のチビウイング)がピンク色なPeachに乗り込んで行ってみましょう!

20141025_115027_sh04e

フライトレーダーで確認した同航路を飛ぶ軌跡から考えて、瀬戸内海がずっと見渡せるのだろうなと予想はついていたがビンゴだった。

この航路は福岡を飛び立つとおよそ大分自動車道上空を飛び別府へ向かう、豊後水道を越え佐田岬上空を経て石鎚山~徳島に連なる山脈上空を飛び越え徳島県小松島上空から淡路島の南に位置する沼島の南を回りこみ大阪湾へと入り関空第二滑走路へ着陸する。

約1時間強のフライト。

秋の雲がたなびく眼下のもと伊予灘に浮かぶ八島(下)、長島(中央)、平郡島(右)

20141025_122918_sh04e

ダッシュ島こと由里島↓

幼少のころ松山空港~伊丹空港間の飛行機をよく利用していたこともあり離着陸時によく見えた島なので、かねてより知っている島です。

印象的にひょっこりひょうたん島に見えていたかも・・・

20141025_123143_sh04e

途中、今治~新居浜~四国中央市など瀬戸内は眺めるのに夢中で写真を撮っていませんのでしたcoldsweats01

手前、観音寺市から、羽の下に見える丸亀市、瀬戸大橋(遠いので薄い)

20141025_123916_sh04e

鳴門大橋

20141025_124706_sh04e

この後、どんどん高度を下げ関空へ着陸します。

瀬戸内海はフェリーで大阪南港~愛媛東予港や大分別府、大阪泉大津港~北九州新門司といったところ数え切れないほどフェリーに乗って瀬戸内を行き来したけど、それをあっという間に見渡しながら飛んでいくことができました。

大阪関空到着後の同日、対岸のマーブルビーチにも行ってみました。

空港島を望むと空は九州からずっと瀬戸内を経由して秋雲が続いていました。

20141025_141021_sh04e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

九州久しぶりだなぁ 福岡県福岡&く・る・めラーメン初心者

終末の金土は泊りがけの出張でした。しかも九州happy01

新大阪から約2時間半、トンネルが多い山陽新幹線で秋になり始めた風景を見つつ、時には居眠りしつつ到着しました博多駅。

実は新幹線で博多駅に降り立つのは初めて、何がある?とほぼ観光モード

20141024_105755_sh04e

昼過ぎからの用事に向け、まずは腹ごしらえ

博多ラーメンで有名な店と聞いていたところ初心者は選択。

20141024_120145_sh04e

元祖博多だるま店

入るなり、豚骨の独特なにおい(数分慣れるまでダメっす)

麺の固さを聞かれますが、とりあえず「普通」にしました。

20141024_115012_sh04e

このテーブルにあったお品書きで分かったのですが、バリカタ、カタ、フツウ、ヤワ のバリエーションだそうです。

20141024_115859_sh04e

食べてる最中で飽きが来ないおいしさ。

特にチャーシューが口の中に入れると崩れ溶けていきながらおいしさが広がるのに感動。そしてスープの美味さ。

すっかり食べつくしました。

20141024_115933_sh04e

さらに在来線で午後からの用事の場所に移動

20141024_131319_sh04e

ゲっ!シートがヒョウ柄、床も同様。

813系車内ですが、うむ、World Wide 和歌山の吊り広告発見!
九州でも宣伝されているのか・・・

これで車内はパンダもそろってワールドサファリ状態かもsign02

20141024_131249_sh04e
(クリックで拡大できます)

・・・午後・・・も終り、夜になり・・・

懇親会の後、ラーメンでも食べに行くことになりました。本日2回目、でもラーメン好きは関係ないcoldsweats01

この店名でそんな人が居るのか思っていたが店員はそうではない、いたって普通のラーメン店。地元の人曰く、この辺り一帯の歓楽街を文化街というそうです。

20141024_212750_sh04e

博多とく・る・め・・のラーメンに違いがあるという、前者は面がソーメンみたいに細く、後者は少し太いというが

この店は博多ラーメンと同じだった。

ここでも、麺の固さは? と聞かれたので、今度は カタ と言ってみた。隣では バリカタ と注文していた。

この バリカタ、カタ、フツウ、ヤワ は博多ラーメンをはじめ、この辺で共通のラーメン用語のようです。

20141024_213143_sh04e

これまたおいしく、さらりと一杯たいらげた。

実は、この地で他に人気の大砲ラーメンも行きたかったのだが、時間の都合で行けず。また今度来た際は行こうと思っている。

その後、近くに開いていた うなぎ の屋台発見!

あ や こ という、うなぎ料理専門店。

20141024_223242_sh04e

人数いてるけど、奥まであるからどうぞ!あまり行き過ぎると銀行店内だけどね。

そう、三井住友銀行の前にあるのです。

創業1945年、白焼おすすめというので、それで、ここに着くまでにいくらか食べてきたので多く食すにはムリということで、何人かで分けて食べることにした。

20141024_220330_sh04e

まぁ、食べてみると、これまで食べてきたウナギの上級軽々ランクインです。

(因みに私の中で最上は四万十川の天然ウナギを四万十川上流のうなぎ店で食べた時の物)

ほっこりしていて、うなぎの甘味美味さバランスよく美味しい。白焼で勝負でこれは凄い!

肝も焼いてもらったが、何の躊躇なしに美味しい。

今度は、酒のあてでなく、蒲焼きで丸々一匹頂きたい。

(値段は天然うなぎ店並ですのでご留意くだされ)

やはり食うに尽きたか ・・・ひとまず、おわり・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

遅い夏期休暇 北海道洞爺湖 新たな発見

木壮瞥公園に行ってみました。

いやぁ知りませんでした。

滝之上キャンプ場だったところ付近から上がる道があって公園になっていました。

コスモスが咲いて良い具合happy01

20141008_103603_nikon_d3200

ここから見る洞爺湖ぴか一でした。

また四方見渡せるところなので、昭和新山方面、壮瞥の街並みも見えます。

いいところを見つけましたshine

そしてこの場には、不動明王さんが祀られています。よく見るとやさしい顔をしているので、思わずお賽銭を入れお参りしました。

その後、道を戻らず奥に続く林道へ入ってみました。東湖畔林道というらしいです。

20141008_105908_nikon_d3200

あるところまではフラットなダートです。

途中景色も良いです。

20141008_105829_nikon_d3200

あるところとはこの展望台

展望台からは下の木が伸びてしまって見晴らしがよくないです。途中の道からの見晴らしがよかったです。

20141008_111139_sh04e

滝之上からの普通車で行く林道ドライブはここまでにしておいた方が良いようです。

ここから先は所々荒れていました。

20141008_111725_sh04e

また、洞爺湖の景色も無くなり山奥へと入っていきます。

そのかわり、紅葉は楽しめました。途中、鹿が前に出てきて追いかけっこになってしまいました。熊も出そうでしたcoldsweats01

20141008_113725_sh04e

地図をみると奥から洞爺湖に出る林道もあるようなのでひた進み、その分岐点。

danger

「この先、落石のため洞爺湖町方面通り抜けできません。」

20141008_114625_sh04e

なんとsign03、引き返すにも悪路を何とかスタックを回避して来れたので、この先の近い湯沢温泉へ抜ける林道が良好な状態であることを願って下りました。

直前の不動明王さんへお参りが効いたのか無事下れましたcoldsweats01

”感謝”

さてさて、仕切りなおすため洞爺湖へ戻ることにしました。途中、蟠渓温泉の辺りの川が風靡だったので河川に降りてなんとなく撮ってみました。

20141008_121416_nikon_d3200
(ND8 をつけてスローシャッターで遊んでます)

遠回りになりましたが存分楽しめました。

ふたたび洞爺湖に辿り着いたところ湖面はべたなぎ。

数年前にカヤックで風と波の為に着いた岸付近もしっとり穏やかhappy01

20141008_125510_nikon_d3200
(岩屋観音前バス停の少し北付近)

車を財田にむけて走らていたところ、気になる岩が・・・

20141008_131318_sh04e

なにこれ

20141008_131328_nikon_d3200

烏帽子岩というそうで、徒歩登山でアクセスできるらしい。今まで気づきませんでしたcoldsweats01

洞爺湖の北側にまで来ました。

『とうや・水の駅』で土産に栗を買いました。(林道で落ちてた栗がおいしそうだったのがきになったもので)・・後で家で食べましたが期待通りほっこり美味しかったです。

20141008_132633_sh04e

惜しくも帰る時間となってきたようです。

これで今回の洞爺湖遊びは終わりです。空港に戻ります。

途中ルスツを越えて276号線に入ったところから結構長い時間アラレに降られました

typhoontyphoontyphoon

N-Boxの窓が大丈夫かと思うくらいでした。やはり気象もワイルド北海道。

やがて雨にかわり、遅いお昼ご飯。この辺りの名物といえば・・・

20141008_150607_sh04e

きのこ汁+ねぎ=103円をいただく、さらにきのこうどんも頂く。

20141008_144415_sh04e

まぁ、たくさんあそんで無事空港へ到着。

20141008_164829_nikon_d3200

1泊2日ながらも、たいへん充実した旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

遅い夏期休暇 北海道洞爺湖 31年前の撮影リバイバル

雨雲の予想をみると8時頃から10時頃まで晴れ間が見えるようだったので、本日第二便目のロープウェイで有珠山へ登りました。

途中紅葉もみえ期待感が高まります。

20141008_083450_sh04e

結局、31年前に撮った場所は有珠火口原展望台付近ということがわかり

1985101103_2
(31年前の画像 : 左手洞爺湖、右手昭和新山)

小一時間、お天道様とにらめっこしながら撮ったのがこれ。霞が多く少し残念coldsweats02

31年前の有珠山側にある手前の木は立ち枯れているようで、昭和新山の裾も緑が無いですが今は増えています。

20141008_091320__model
今回撮った画像 (画像をクリックで拡大できます)

大有珠と色付いたナナカマド

20141008_094210_nikon_d3200

ロープウェイを降りると洞爺湖有珠山について学べるコーナーがありました。世界ジオパークとして登録されているのですねぇ。

気になった噴火時期のパネル・・・噴火の周期はおよそ30年に一度というが、前回はそんなになかったので同じようであれば数年後という感じだが?

この火山は研究しつくされ噴火の兆候がわかるというので比較的安全なので安心できます。

20141008_095805_nikon_d3200

もう少しで紅葉が最高になるそうです。

20141008_101315_sh04e
(有珠山ロープウェイ駐車場から有珠山を望む)

ここはこれにて洞爺湖周辺へ出かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

遅い夏期休暇 北海道洞爺湖 早朝の景色

翌日の早朝~夜明け前

行ってみるかとN-Boxを走らせ、見晴の良いといわれている月浦へ

朝焼けだが月浦はここまでにして移動

20141008_054743_nikon_d3200

サイロ展望台まで上ってみると日の出

20141008_060100_nikon_d3200

しかし、雲が垂れこんで、雨になった。

朝から雨だった?

仕方がないので、一人貸切のサイロ展望台で、雨のためにうっすら見える状態になった中島を眺めながら車内でブレックファースト。

20141008_061115_sh04e_3

宿に戻り、ゆっくり片付け。

部屋からの眺めいいです。もっとゆっくりしたかったのですが・・

20141008_071850_sh04e

さて、これから晴れ間が出るらしいので目的の場所に行くとするか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

遅い夏期休暇 北海道洞爺湖 今宵は老舗洋食屋・温泉・花火

おなかも減りました。

さっそく温泉街にある「望羊蹄」で洋食をいただくことに、おかみさんに伺ったところ昭和21年創業という。

Dsc_0628

店内に入ると、店員5名ぐらい居るのに私一人。

静かな店内を貸切かぁ・・とボーと眺めていると、店横に観光バスが横付け「近鉄です~」っと団体さんが入ってきました。あっそれで店員が多いのね。一気ににぎやかになりました。・・・古い店内がにぎわう姿、これもまた良いです。

Dsc_0629_2

1,600円のハンバーグを頼みました。メイン部分アップですが、ライスとコーヒーがついています。

古き洋食屋の味、おいしかったです。ほかにコース料理もありましたよ。

Dsc_0633

今夜の宿は「かわなみ」

20141007_212301_nikon_d3200

源泉かけ流しの温泉宿、ほっこり肌にまろやかでいい湯でした。

もちろん露天風呂ありspa

Dsc_0636

温泉のあと、20時45分からは洞爺湖ロングラン花火
(10月まで毎晩行われる洞爺湖名物)

温泉街前の湖上で花火が各大型ホテルからいいポイントで見えるよう順々に移動しながら花火が打ちあがります。

湖上から見たい人向けに観光船も出ています。

20141007_210545_nikon_d3200
(ニコン D3200 シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM ND8 ISO100 F9 BULB)

点火ポイントが移動するものですから、花火の大きさが変わるので、どこまで近寄ったらベストかわからず引き気味でした。引きはトリミングできますからと言いつつ、面倒なのでそのままのソースをアップ。

気温10度程のなか、小一時間外にいましたが、さすが温泉、着込んでいたのもありますがまったく湯冷めしませんでした。

宿の横がセイコマートなので便利、これにて寝ました。

Dsc_0647

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

遅い夏期休暇 北海道洞爺湖 着いたぞ~

洞爺湖に着き、早々に宿にチェックインして目的付近の地へ

木々も紅葉してきている・・・

がっ、、しかし、夕暮れに映える昭和新山と裾の紅葉をセットで撮ろうと見込んでいたのですが、裾の木々が陰ってしまいアウト。

途中寄り道時間が長かったようです。

20141007_161310_nikon_d3200

せめて、溶岩部分だけも迫力のアップで…

もうこうなると、昭和新山とわかる人にしかわからない写真になっているcoldsweats01

20141007_161723_nikon_d3200

夕刻の昭和新山は、また今度ということにして

気を取り直し湖の畔へ

ここは数年前まで壮瞥林野弘済会滝之上キャンプ場だったところで何泊かしたこともある場所です。

20141007_163149_nikon_d3200
(湖面に浮かぶ中島、中央右に薄ら羊蹄山も)

ワイルドでよかったのに閉鎖残念だったなぁ。

サイトにしていた場所も今じゃテントも張れないほどに草が伸びていました。

中央付近に顔を出している岩なんぞにストーブを置いてお湯を沸かしたり、手前でたき火などしていましたが、今すると草木枯葉が積もっているので火事になっちゃいますなcoldsweats01

20141007_164453_nikon_d3200

このあたりも、だいぶ秋色になっていましたよ。

20141007_163324_nikon_d3200

しばし留まっているとすぐに日暮れ。

この場所からの夕日も久しぶりだなぁ。やはり綺麗ですgood

20141007_165616_nikon_d3200

「そろそろランタン灯すか」ってしていたのが先日のよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

遅い夏期休暇 北海道洞爺湖 道中

プロローグ からの続き

『よし!北海道洞爺湖にて、再び同じ風景を新しいカメラで撮ってみようflair

思い立ったら吉日・・・ということで、今回も1週間前に10月7日(火)~8日(水)の一泊二日の旅程で飛行機と宿を予約!!

LCCで気楽に安く行けるのが良い世の中になりましたねhappy01

飛行機の座席は一番後ろの30列目を確保しました。壁なのでリクライニング機能が無いですが、後ろの人がポケットを触る度にある背中をモゾモゾ感は無かったです。

しかも、今回の便は私の横に誰も来ず。横方面ゆったり使えました。

20141007_102511_nikon_d3200

関空-千歳ルートは日本アルプス地帯を通過し日本海へ抜けます。

上空からは遠くに富士山(中央水平の右寄りに薄ら)や眼下南アルプス、北アルプスと見えていきます(中央下には9月24日に噴火した御嶽山の噴煙も見えます)。

20141007_110551_nikon_d3200

眼下に見える北アルプスの尾根付近は雪(写真下の方)です。

20141007_110912_nikon_d3200

日本海側に抜けました。新潟あたりですが、前日までの台風18号の影響で河川から海へ流れる水が濁って茶褐色です。

今回も運よく台風の日にバッティングしなくて助かったぁcoldsweats01

20141007_111556_nikon_d3200

千歳空港に着くと昼12時前、レンタカーを借りる時間まですぐでしたので、短時間でお昼を済ませるため吉野家へ、

気分だけでもコレ 「豚丼 十勝仕立」

本場十勝のそれに近く良い線行ってます。美味かったっす!

20141007_123915_nikon_d3200

今回のレンタカーはホンダ N-BOX。

軽自動車だが、目線の高さと窓の広さで見晴らしよく観光に最適な車だと思いました。

そして写真撮りで回った今回、後席に三脚を付けたままのカメラを放り込むにはスライドドアが便利でした。

20141007_134400_nikon_d3200
(支笏湖通 水明郷パーキングで一休み中)

因みに今回下みちオンリーの旅程でリッター17Kmの燃費、なんともエコでした。

その後、支笏湖通をひた進み

支笏湖 モーラップキャンプ場に付きました。

20141007_142143_nikon_d3200
C-PLフィルターのテストも兼ねて撮りました・・・
結果、支笏湖の特徴、透き通った水辺の底石が見えてきましたhappy01

紅葉は始まったばかりという感じでまだまだでしたが。。

ところで、キャンプ場の料金いつの間にか上がってましたcoldsweats02

それでも安いですね。

20141007_142648_nikon_d3200
(この写真はクリックで拡大できます)

この後も、目的地を目指し移動。

N-BOX の見晴らしの良さで慣れた道中のちょっぴり秋景色が感動的に流れて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »