« たま駅長のイコカ | トップページ | モビリオのタイヤ交換 イエローハットの安いタイヤ 3年9カ月 »

2014年6月11日 (水)

Windows8.1のIE11でリンクが開かなくなった

この春Windows8.1のIE11でサイトによってはリンク先が開かなかったりとあって不調だったのが、どのサイトでも完全に開かなくなるという現象に見舞われた。5月はじめIEに脆弱性があるからとセキュリティ更新プログラムをを適用して以来さらに悪化して使える状況でなくなった。

どうも留めを刺したようだ。

このセキュリティ更新は当方宅のWindows8.1機2台、Vista機1台に同様にあてた中でWindows8.1の1台だけおかしくなったので、セキュリティ更新に不具合があるのでなく固有の問題のようだ。

IEのプロパティなど設定を変えても挙動がかわったりするものの結果的にダメ、IE機能をWin8.1上で無効にしたり有効にしたりしても変化なし。

こうなるとWindowsOS自体が壊れたのかもという想定に・・・

管理者権限で開いたDOS窓のコマドンから sfc /scannow を実行

・・・と、システムファイルチェッカーを実行してみたなら

dangerいくつか不具合が見られるが修復できないdanger

とつれないメッセージcoldsweats02

とりあえず、システムファイル類に不具合があることは判ったflair

こうなったらOSから再インストールだ!!めんどくせぇ!

ということですが、Win8には「リフレッシュ」というのが用意されている。

結果的にOSの再インストールのようだが、違うのは、既存データが消えないというもの。

インストールしたソフト(含むアプリ)はすべてきれいさっぱりなくなるが、データごとなくなるよりは少しましだということでやってみた。

その結果は、無事IE11のリンク機能が復活!

セキュリティ更新プログラムもない初期状態になるので、IEにとどめをさしたセキュリティ更新プログラムも再度適用したが今度は問題なし。

データはというとドキュメントやらCドライブ直下やら、デスクトップなどに作られたデータは作成したフォルダごと残っていました。(一応、なくなっても大丈夫なよう、別ディスクにバックアップはとっていましたが戻す作業が省けました)

復旧成功happy01

OS再インストール同様だから直って当たり前ですが、既存データを温存する分すこし楽でした。ドライバや任意インストールのソフト(含むアプリ、アップデートなど)はすべて消えているので、それらを一からインストールする必要があります。

|

« たま駅長のイコカ | トップページ | モビリオのタイヤ交換 イエローハットの安いタイヤ 3年9カ月 »

2.カメラ・PC・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/56461079

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8.1のIE11でリンクが開かなくなった:

« たま駅長のイコカ | トップページ | モビリオのタイヤ交換 イエローハットの安いタイヤ 3年9カ月 »