« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月27日 (火)

モビリオのワイヤレスキー(キーレスエントリー)電池交換

愛車モビリオに数メートルのところでもドアが開かないcatface

ワイヤレスキーの電池がなくなったかな。

ということで、交換。

ディーラーで行うのが普通だが分解が慣れている人?は簡単でしょう。

適切なドライバー、私はコレ VESSEL 9900 P.00-75

20130825_211310_canon_ixy_200f

でネジ一本を外します。

くぼみから爪でこじ開けてパカッっと。

20130825_211556_canon_ixy_200f

中の物体がワイヤレスキー本体。

20130825_125556_canon_ixy_200f

中身はボタン側から押すと簡単に外れます。

20130825_125636_canon_ixy_200f

2か所の樹脂爪が引っかかり密着しているので、自分の爪でこじ開ける。

20130825_130117_canon_ixy_200f

爪、つめ、ツメ、多用・・・ちょうど伸びてたのでよいcoldsweats01

20130825_130138_canon_ixy_200f

電池はCR1616

20130825_130354_canon_ixy_200f

ダイソーに日立マクセルが供給している電池を売ってたので105円でゲット。

20130825_210809_canon_ixy_200f

+−に気をつけながら付け替えて、逆の順ではめ戻して完成!ネジを締めるのを忘れずに。

早速試してみる。

100m以上離れたところからもワイヤレスキーが効くようになった。

完成

ちなみに、電池自体の使用推奨期限が2017年12月。
それまでに消耗して交換しているだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

自転車、自転車、漕いで、漕いで ブレーキクリーニング

長年使ってきた愛車のブレーキに不具合が、時々ブレーキをかけていないのでロック状態になったまま、少しの間だけ戻らない時が発生しはじめた。

もう、ボロなので買い替え時か、それとも部品交換して遊ぶかと思い、自転車の部品交換情報を集めていた。

部品交換する際に部品を洗う作業があったのだが、そこにブレーキクリーナー等でシューッッとぶっかけながら溶剤でこびりついた汚れを溶かし出し洗い流す過程があった。

部品を一部再利用するにも、そうしたクリーニング作業はひつようだなぁと、ホームセンターでそれらが置いてあるカー用品売り場で物を見ていたら、、

なんとなく気づきました、根本的なこと!

20130825_213446_canon_ixy_200f

ブレーキクリーナーには自動車のタイヤとブレーキの絵が載っていますが、機能的には自転車も同じ。

ということは、自転車のブレーキにもぶっかけたらどうなる?

もしかして、汚れで固着してロック状態になっているのなら戻るかもflair

偶々特価で200円もしない安さだし、1本買って試してみようっと。

という訳で、やってみました。

20130825_213350_canon_ixy_200f

この手のもの、10数年まえまでは自動車をいじり倒していましたが、今は皆無。その頃はブレーキクリーナーがこんなに安かったか記憶なく、、、

初めて使います。

『ドキドキ』

うぉ~、よく落ちる。真黒クロスケがポタポタと。

ブレーキはすぐに変わりました。黒かった部分が地金色に輝き。

さて、ブレーキの利きはというと、ロックしない!しかもよく効くようになったgood

残りはチェーンやら歯の部分やら油に何かが混ざって真黒になっているところを洗い流しました。

最後に、ブレーキ以外の部分で流れた油を補うべく『デラックス オイル』を塗って仕上げ。

20130825_213758_canon_ixy_200f

やったぜ、200円足らずで蘇った。

買い替えようかとも思った自転車。ただ単に手入れ(洗い)不足だったようです。

チャンチャン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

平成25年 新型アコード ハイブリットに試乗!

『乗ってみます?』

それは突然やってくる・・・ホンダ Cars 泉州 和泉大津店にて

いつものようにオイル交換が終わるのを待っていると営業さんより悪魔のささやきがsmile

『えぇ、(試乗車)あるんですか?乗ってみます♪』

20130824_165058_nikon_d5100

前説によると、今までのホンダのハイブリットとは異なり極力モーターで走るという。

なんと、燃費が30km/L。

簡単な説明を終え、スタートボタンを押してエンジンスタート、いや何も音がしないcoldsweats02

もはや「車のエンジンをスタートして」という言葉は適切でなかった。

メインスイッチオンというのが良いのかな。

少したってエンジンがスタートした。充電量が足りないと発電用にエンジンがかかりますとのこと、そのまま説明を聞いているとエンジンが停止した。充電できたからか・・・電車のエア系統のためにエアポンプが廻り始めて、エアが満タンになったら停止するといったインターバルな感覚、、すみませんわかりにくいたとえをだしてしまいました(゚ー゚;

では、出発。

ディーラーの敷地内でブレーキをゆっくり離す。

するするする~ぅっと、音がなく、しかし力強く動き出す。

国道に出てみると、すげぇ加速、トルクフル!!

20130824_170117_nikon_d5100

アクセルを少し強めに踏むとエンジンも駆動系につながるようです。

あくまでモーター優先か・・・

アクセルを話すと回生が効くのか充電量が増える表示になる。

ブレーキもなんだかスムーズです。

後で聞いたところ回生ブレーキが最後の停止まで強まりつつ効くそうです。(FITハイブリットだと途中までしか効かなかった)

CR-Zはじゃじゃ馬ハイブリット、FITハイブリットはエンジンにマイルドターボのようにモーターアシストがつく感じだったけど、これは加速がすごくいいのに終始スムーズで静か。

モーター音はしない、注意して聞けばインバーターの共振がかすかに聞こえてくるだけ。

踏み込むとエンジンがヨッシャと音をたてて出番になるが、加速を終えるとすぐにさよならしてモーターのみになるようです。

踏み込まなくとも加速が良いので、そのまま静かさは超高級車気分。

3ナンバーなんだが、もっさり感無くてイイ。大きいのに昔乗っていたEFシビックのごとく楽々操れる。

発進しながらのすぐに車線変更したい場面に差しかかるも、加速がスムーズだから何ら問題がなかった。

あまりに加速が良いものですから、制限速度により注意が必要で、途中でパトカーが張っていたので焦りましたcoldsweats01

高速道路にも乗ってみました。

20130824_172844_nikon_d5100

といっても残念ながら80Km制限なので高速のポテンシャルがあまりわからなかったが、トルクフルなんだけどアクセルワークにリニアにどこかでピークといったものがなくすごく扱いやすかった。

より高速になるとエンジンが待ってましたとばかり出番となるそうですが、制限速度のためよくわからなかったです。

最後に駐車場に入るとき、普通にバックモニターが付いてたみたいです。しかし、私はそれに気づかず目視でバックしましたが、それでも後ろの視界が良くバックも操作しやすかったです。

20130824_174253_nikon_d5100

見た感じはラグジュアリーなのに動きは良い。久々に欲しくなったセダンでしたhappy01

そうそう、センターコンソールにあるEVボタンって何だと思いつつ試乗中ON-OFFしていると途中でバッテリーがないといわれてしまった。試乗後聞いてみると強制的にEV(モーターのみ)で走るようにするモードにするか否かのスイッチでした。方々で言われているように本当EVカーに近いハイブリットなんだなぁと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

ソーラーパネルだらけ! 不良品だったので交換

ソーラーパネルが4枚、外に出している1枚を合わせて5枚って、そんなにいらんヨ

20130824_074801_canon_ixy_200f

実は古い方の15Wソーラーパネルは出力がでない不良品だったことがわかり、検証した測定方法と結果をつけてショップの対応を伺ったところ、交換ということになった。

新たに送付された良品の再確認中で、今は重複して5枚のソーラーパネルが転がっている状態coldsweats01

とっとと確認して不良品を返品したいところだが、昼間の太陽を仰ぐ暇がなく、週末は雨とか…暫く検証する時がなさそうweep

今朝方、朝日に照らして短絡電流を測定したところ最大出力の半分近くがでていた。今度は良品のようscissors

バッテリー充電ができるコントローラーがもう一台あるので、バッテリさえ買い足せばもうひとつ独立型太陽光発電セットが出来上がるのだけど・・・ というか何台も買えるってほど安くなりましたなぁ、ほんとthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

ソーラーパネル 前のはダメ! 改めて新調

単独ソーラーシステムにと最初に調達したものは、どうも定格どおりの出力が得られない(;´д`)トホホ…

初めて買ったものなので良否つけにくかったが出力状態が前回ブログに記載した状況、これはダメだとあきらめ、別のものを改めて新調しました。

Img_0022

25Wパネルです。最初に買った15Wよりひとまわり大きいです。

Img_0027

パネル裏の仕様ラベル

Img_0031

さっそく直射日光にあててみます。

Img_0036

って、古いほうのソーラーパネル2枚が土台に(^-^;

計測してみますと1.5Aぐらいいきます。仕様どおりですgood

少し使った程度のバッテリーなら、あっという間に満充電になり、コントローラーの満充電表示であるLEDが点滅。これが本当のソーラーパネルの実力か・・・と満足。

コントローラーの充電電流表示が前のパネルではいつも0A表示のままだったので、コントローラが壊れているのかとも思いましたが、ダメなのは前のソーラーパネルのようでした。新しいパネルで充電中は1.4Aと表示してくれます。

やっと、思っていた仕様になりました。これで太陽光発電生活が送れる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

モビリオのタイヤ交換 イエローハットの安いタイヤ 3年

この夏の運転は結構な確率でゲリラ豪雨にあいました。

道路途中には大きな水溜りが発生、いかにもハイドロ現象当たり前という状況が多々ありました。

そのような状況であらためて気づきましたよ!

このタイヤ、1年1万キロほどのペースで既に3年以上も使っていますが、ハイドロ現象になりにくいです。私の主観ですが、むかしのブリ○○ンのGグリッドとかVグリッドとか、ヨコ○マのM3グランプリとか、まぁ少しスポーティ寄りと比較するのも何ですが、それらと比べてなりにくい。

あらためてイエローハットのセールスポイントをみると、「ウェット路面においても4本主溝の最適配置とウェット性に配慮したコンパウンドの採用により安定したハンドリングを実現。」とあるからまんざらでもないです。

<MOBISYS 2010年9月1日~長期使用ログ>

前の記事:2013年4月1日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

ソーラーパネルその後

今日は気温40度近くまで上がり、最高気温記録続出!

気象庁のHPによると
20130812_2
(クリックで拡大・縮小できます)

北海道キャンプではあいにくの天気で使えず、早々あきらめて電源付きサイトを借りていました(^^;

帰ってからも忙しかったのでしばらく放置。

先週末再び天日にさらすことができました。

ピンカーンな天気で再計測してみたところ、15Wのソーラーパネルで1枚あたり短絡電流0.9A以上になるという仕様ですが、0.3A弱しかありません。

これではバッテリーの充電もままならず、ソーラーパネルの再調達を考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »