« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月22日 (月)

本格的ソーラーパネルでいくぜ!発電量不足?

日中忙しく、昼間の発電力を測定していなかったので、やっと測定できた。

真昼12時過ぎ、ほんのすこし雲がある状態でもカンカン照りだった。

15W1枚の電圧は20V近く発生、これは良い。ほぼ定格どおり。

短絡電流だが0.4A一瞬いくかどうか?これはsign03

パネル2枚並列でコントローラーに繋いで、使って12.5Vに降下したバッテリーをつないでシステム全体的にはどうか?

バッテリー充電電流が0.25Aしか流れないsign02

想定では、もっともっと流れているはずなんだが・・・もしや、パネルの選択をしくじったか。それとも、測定装置がダメなのかもしれない。コントローラーの表示は充電中になるが、満充電表示には一度もならないなぁ。

このままいくと商用電源なしと決め込んでいたキャンプで電源遭難になりそうだけど、どうしようcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

USB卓状ミニ扇風機 しかも100均で!

今日はこのようにレジ袋を提げて通勤電車に揺られながら帰ってきました。

20130720_212804_canon_ixy_200f

何かというとUSBで動くミニ扇風機です。

これはミーツという100均で売られていました。色はこのほかにピンクとオレンジ色がありました。

では、開封present

20130720_213151_canon_ixy_200f

ぬっ!ゴムが外れかかっている。押し込めば引っ付きます。

よくある単なる取り付け時の押しが足らんのでしょう。

押して押して引っ付け直しましたcoldsweats01

じゃーん!全体像

20130720_213330_canon_ixy_200f

部分的にチープさはありますが、結構良くできていますよ。

ボール状の機構で色々な向き角度に変更できます。
(動かしすぎて素材が減ると、たぶん下向き専用になりそうです・・・)

まともなスイッチもついています。

素材はポリでしょうか?この手の素材にしては良い成形ぐあいだと思います。

20130720_213224_canon_ixy_200f

一番良いところが、なんとPCについているFANと同じメカgoodだから非常に静かです。

風量はPCの標準ファン程度で、机上に置いて顔で涼しむのがベターでしょう。

ちなみに外箱には保証期間6か月ってあるけど本当かなぁ?というか100円なら買い替えるでしょ。

外箱に記載の品名は TI-MF151BL とあるが、本体には HH-U520 と刻印があり、それで検索すると105円では売られてませんよcoldsweats02

安くて静かで実用的、100均でのお気に入りマイヒット品になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

本格的ソーラーパネルでいくぜ!バッテリー新調&出力配線を固定化

ハードなソーラーパネル15W 17.28V仕様を2枚入手し、電源のないキャンプ場でもモバイルグッズを使えるようにするのがひとまずの目的。さて、どうなることやら

・・・今回は出力配線を固定化・・・

ワニ口クリップだらけだと仮設そのもの、いろいろ実験するにはちょうど良いのだが、よく注意して接続しないとショートのもとthunder

実は以前から使っていたバッテリーをほんの1秒ほどショートさせてしまったweep

すでにへたっていたので新調しました。

もしかしたら、ショートでとどめを刺したかbomb

ディープサイクルの WP8-12E にしたかったのですが、在庫切れcoldsweats02 やむを得ず通常タイプを調達。

20130715_152200_canon_ixy_200f

WP8-12互換ともいわれている WP1236W 12V9Ahの仕様。

いままで使っていた12V8Ahのディープサイクルバッテリと寸分違わぬ大きさでした。

そして開封直後、30Vレンジで測定中eyeglass・・・いいね、当たり前ですが満充電状態13Vあります。

20130716_222444_canon_ixy_200f

話を元に戻し、またまたショートさせるわけにはいかず、配線をワニ口クリップ多様でなく間違って接続しないよう固定化していくことにしました。

部品はこれ

20130718_210737_canon_ixy_200f

取り急ぎホームセンターコーナンのカー用品売り場でそろえたので、エーモンの品一式です。

0.75sq 80W対応の配線付ソケットと140W対応の1.25sqコード、200W対応のギボシ端子

この組み合わせでいくと、最小にあわせますから80W(12V時6.6A)までええじゃろというものになるね。あくまで定格ということで、組み上げ具合や環境によります。

ところで久しぶりなギボシ端子の加工・・・ビニールのスリーブ方向はどっちだ?とか現物もって合わせしていてもわからない。よく見ると袋の中に説明書があった。

20130718_212101_canon_ixy_200f

いまは後入れスリーブか・・・スリーブを線に通し忘れて、泣く泣く再加工ってポカよくやったなぁ。今は後からでも入れれるから関係ないか。

で、わざと後入れしてみましたが、結構入れにくいcoldsweats02スリーブを回しながら入れると入りやすいコツがありました。

それで、出来上がりhappy01

20130718_215140_canon_ixy_200f

向かって左から今回接続固定化したシガーソケット、中央がバッテリー端子へのケーブル、そして右の黒白のケーブルがソーラーパネルから接続される端子です。

ソーラーパネルからも、ワニ口やめて何とかしたいです。

【今回調達の品】

LONGバッテリー 12V8Ah UPS用バッテリー WP1236W

エーモン E329 線付ソケット(メス)

エーモン 1153 ギボシ端子セット(後入れスリーブ)

エーモン 1182 ダブルコード 赤/黒・1.25sq-6m

【バッテリー WP1236W 仕様のメモ】

◆定格容量:12V 9Ah(8.5Ah)
 20hour rate(0.425A to 10.50V)8.5Ah
 10hour rate(0.85A to 10.50V)8.08Ah
 5hour rate(1.445A to 10.20V)7.23Ah
 1C(8.5A to 9.60V)5.95Ah
 3C(25.5A to 9.60V)4.25Ah
◆充電電圧
 サイクルユース:14.4~15.0V
 スタンバイユース:13.5~13.80V
◆最大充電電流:2.55A
◆Life expectancy :
 Cycle Use:
 100% depth of discharge 225 cycles
 80% depth of discharge 250 cycles
 50% depth of discharge 750 cycles
 Standby Use: 3~5years
◆Charge Retention (shelf life) at 20℃
 1 month 92%
 3 month 90%
 6 month 80%
◆サイズ:約151x65x94mm
◆重量:約3kg
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

100均のUSB2.0延長ケーブル

先日、机上にUSB2.0の接続口が欲しかったので、100均ショップの『フレッツ』で見て廻っているとありました。

見かけ良さそうだったのでゲット。

20130716_225510_canon_ixy_200f

開封してみると、やはり造りやメッキなどもいい感じでよろしい!

コアウェーブというところの品

20130716_225642_canon_ixy_200f

100均だと、コスト削減のためにぎりぎり実用レベルというところになっているものが多いが、遜色つけがたいしっかりした造り。

強いていうなら、もう少し高い値段で同様の品に比べコードが柔らかい・・・これが経年変化で影響してくるか?その前にUSB3.0当たり前の時代になりそうです。

良かったので記録しておきました。

100均ショップ以外でも同じものがありましたがちょっと高いです。

USB延長ケーブル 1m CW-127EN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

本格的ソーラーパネルでいくぜ!~コントローラーまわり~

システム全体を容易に持ち運びしたくてこんな材料を買ってきました。

(気が変わって一部使用しないものもありますcoldsweats01

20130713_134036_canon_ixy_200f_3

板にバッテリーとコントローラーを固定して、半透明の道具箱にセットしてしまおうと思っていました。

しかし試行錯誤しているうちに、重たくてゴロゴロしてほしくないバッテリーだけ固定できれば、この道具箱に収納というかたちで入るだけで十分ということがわかりました。

というのもコントローラやインバーターなど箱のカタチになっていてバラックでも使えるようになっているからでした。・・・なら必要な時に動かせるほうがフレキシブルなシステムが組めるgood

早速、道具箱の底板になるよう木材をカット

20130713_134430_canon_ixy_200f

パカッ!

20130713_134738_canon_ixy_200f

そこにセットしてみようとすると、何か当たる!箱の中央に少しでっぱりが・・・

ここは木材を少しくぼみ状にカット

20130713_135500_canon_ixy_200f

別にいらないかもしれないが、買ってしまっていたので

20130713_135727_canon_ixy_200f

足、、、、4つ付きました。底板超安定していますhappy01

20130713_140115_canon_ixy_200f

バッテリー固定だけの収納です。

20130716_222431_canon_ixy_200f

しかーし!工具箱内での収まり具合を優先したため持った時に重量バランスが悪い。

やはりバッテリーは真ん中に持ってくるべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

本格的ソーラーパネルでいくぜ!

先日 Nomad7 を報告しましたが、北海道キャンプに持っていくガジェット類をまかなうのは難しいと判断。

なのでこれ!!じゃーんhappy01

20130715_111829_canon_ixy_200f

というのも、ガジェットが5V仕様にそろえられないweep

一番難しいのが一眼レフカメラの充電池。7.4Vなんです。USBから充電なんてなく、AC100Vから。非純正汎用品でシガーソケットから可能というものがあれど12Vです。

5V→12V昇圧器→汎用充電器 とも一瞬頭によぎりましたが・・・車で行くのだし、嵩張っても大丈夫!それならソーラー発電をパワーアップしよう!!

ということで、街灯などで”ソーラー発電&LED照明”のセットとなったシステムを見かけますが、あれに近いシステムを組むことにしました。

これならインバーターをつけてAC100Vも使用可能です。こうなるとノートPCもOKcoldsweats01

ソーラーパネルは非常に悩みました。Nomad7 の 7W でどれくらいの発電量かがわかりましたので、オートキャンプに持ち運びにちょうどよい大きさから15Wをチョイス。12V8Aのシールドバッテリに十分充電したいことから2枚買いました。

Amazonや楽天にあるソーラーパネル専門店の YMT ENERGY のソーラーパネルです。今回はポイントがあったので楽天のほうで購入。

多結晶なので怪しくブルーに見えるところが綺麗!

大きさは文庫判サイズと比べてこんな感じ。20130715_112009_canon_ixy_200f

これを直射日光にあてて出力電圧を測ったところ17.5Vでした。ほぼ仕様どおり。

20130715_112229_canon_ixy_200f_2

ちなみに角がバリありで怖いぐらいに鋭いですcoldsweats02

20130714_061930_canon_ixy_200f

据付なら関係ないですが、持ち運びしながら使いたいと思いますので L型ゴム ST付き 中 L =330  という両面テープが付いた角保護用ゴムをホームセンターで調達。

20130714_061833_canon_ixy_200f

細かいヤスリでバリを削り取り、そのゴムをカッターでちょうどよい大きさにして取り付けました。

これで怪我をすることもない。

20130714_063446_canon_ixy_200f

このソーラーパネルは5mのコードが付いて先端はクリップ。ご自由にどうぞ的でDIY向きです。

パネル側の配線はというとこのようなプラスチックなボックス

20130715_112306_canon_ixy_200f

OPEN とあるので空けてみました。電池ボックスみたいです。

要所シリコンぽいボンドで防湿対策されています。完全にではなく配線変更をしようと思えばできる程度の付き方です。

20130715_112349_canon_ixy_200f_2

ちゃんと逆流防止のダイオードも付いていました。

20130715_112428_canon_ixy_200f

先端クリップ側はショートさせるのもよろしくないかと思い、使わないときは、とりあえず木の円盤を挟ませましたcoldsweats01

20130715_112811_canon_ixy_200f

実際にシステムができて使うまでをまた続いて報告したいと思います。

【今回調達した物】

YMT ENERGY のソーラーパネル

15W 多結晶ソーラーパネル 12V システム系

様々な電源用途に!!バッテリー上がり防止から小規模発電まで!!【ソーラーパネル/太陽光パネル】...

角保護用のゴム

L型ゴム ST付き L=330(中) (4pcs)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

ソーラー発電 格好いい! Nomad7

ソーラー発電の実用的でスマートなやつということで、Nomad7 を買ってみた。

20130705_201739_canon_ixy_200f

ん!新機種である御札もあるもの

20130705_201753_canon_ixy_200f

パネル側(大きさは好物ラスクと比較coldsweats01

20130705_202322_canon_ixy_200f

端子側(メッシュポケット付きでガジェットが収まります)

20130705_202336_canon_ixy_200f

折りたたむと非常にコンパクト、そして薄い!

ガトーフェスタ・ハラダのラスク2枚が入った袋と同じぐらいcoldsweats01

20130705_202954_canon_ixy_200f

次の北海道キャンプは数日間商用電源を取らないで過ごそうかと考えている。

電源を使うのはガジェット(通信機器とノートPC、他あっても電池式ランタンや懐中電灯)。今まで車で移動中に一気に充電してしまうという方法をとっていた。

今回のキャンプは滞在型になりそうで車移動も限られる。だからといってエンジンかけて充電なんか全面的に反エコ。

さて、Nomad7 のUSB出力で スマホなど充電できるか試してみた。

20130705_201840_canon_ixy_200f
(製品仕様 ソーラーパネルは7Wのもの USB出力5W)

直射日光を当ててのもと、電池容量1500mAそこそこのAndroidも普通に充電していく(途中まで確認)・・・充電されるのを確認して、

Androidに直接充電では、その間 Nomad7 の近くでしか使えないので、いったん5000mAのモバイルバッテリーに充電してみる。

これも良いみたい。と思ったが・・・

午前中はカンカンに日光があたるが午後からは当たりにくい場所。

(洗濯物と一緒に吊るされる Nomad7 さん)
20130707_075228_canon_ixy_200f

午後の日陰になると、あれれ、充電が進みませんweep

結局そんな場所で数日テストしてみましたが、モバイルバッテリーは空の状態から充電ランプは5つあるうち2つ止まり。(午前中直射日光+午後日陰だが明るい場所)

うわさに聞く Nomad7 の実力はこんなもんじゃないはず~

世間のログをみると、もっと容量の大きなモバイルバッテリにほぼ満充電できているなどあります。

充電中の電流値を測っていないため想定ですが、私のモバイルバッテリーは充電が遅い急速充電できないタイプ、直射日光が当たってNomad7が絶好調で発電しているときも部分的な電力しか充電できず非効率になっているものと思われます。

モバイルバッテリーから選定しなおさなくては・・・

【Amazonで調達したもの】

GOAL ZERO ポータブルソーラー発電機 NOMAD 7 スマートフォンも太陽光でソーラー充電 GZ-12301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »