« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

桜と列車と 山中渓駅へ

今年は東京より遅れて1週間後、大阪は桜が満開となった。

花見に行ってくるか~ということで向かった先は列車でちょっと。

「山中渓駅」

Img_1382

大阪は南部、和歌山に近いJR阪和線の駅です。

ここは桜が有名な場所で駅を降りるとすぐに桜並木が続くのです。

んっ、ホームの端に人だかり!

Img_1386

この駅は生粋の撮り鉄もそうでない老若男女まで列車を入れて桜を撮るのがツー

というか当たり前な感じです。

・・・

改札を出てみます。

片田舎の小さな駅舎ですが、このときばかりはにぎわっています。

Img_1416

降りてすぐに桜並木が続きます。ずーっとい歩いてみて回るわけです。

Img_1417

ただ、ここは列車と桜が近い

Img_1421

線路のまわりに桜が集中しているので、どうしても列車を入れたくなるのです。

そういったところですね。

今日は満開でしたhappy01

Img_1436

列車も絶好調でカーブ切ってきます。

Img_1400

応援の駅員さんたちも何人か来ておりました。

にぎわっていましたが乗り降りが終わり列車が去ると長閑な感じになるのでした。

Img_1443

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

怖しノロウイルス、でもいいものあるね

金曜夜食事をした後、すぐにおなかが痛くなり、それはそれで手洗いに行き済んだのだが、そこから体がだるい感じがしていた。despair

夜寝ていても寒気がするので毛布をかぶり再び寝た。

朝起きると肩が重い、そして胃とへその上あたりがシクシク痛み1時間ほどに1回の割合で強く痛む。

すぐに手洗いに行ったがやはり水気味。

少し気持ち悪さがあるので朝食は食べられず、熱も37.3℃あり、胃に何か?と思って病院に行ってみた。

病院にいる間に胃の痛みは少し和らぎ、頭痛、腕とふくらはぎの筋肉痛が大きくなってきた。

熱も37.5℃に上がり、診察してもらうと、ノロウイルスだねといわれた。

ノロウイルスというと、激しい下痢、嘔吐を催すと聞いているので、そこまで症状は無いですがというと、症状の強弱は人それぞれだからねっと。

直接の治療薬はなく、最初は水や点滴に近いポカリスエットがよいとのこと、これらを少しずつ飲み、様子を見ながら量を増やしていき、最終的に食べれるようにしていけばよいということであった。

昼過ぎ、熱は38.5℃にまで上がっていた。頭痛が激しくもうろうとしていたので、もらっていた熱さましやビオフェルミンを飲んだ。

その後、夕方には37.7℃まで下がってきたが、急な嘔吐の際、さっき飲んだ薬もでていったようだ。

恐るべし、少量の薬の粉でさえ受け付けない。

それから、土曜日はポカリスエットと水で過ごした。飲みすぎると気持ち悪さが増すのでぎりぎりのところを調整しながら・・・

日曜日になり、おなかの痛みはまだ少しある、頭痛が少し激しくなったりしたが、対処療法でやり過ごし、午後になってやっと、一口のおかゆ&マウムクーヘン一片を試しに食べてみた。

数時間後、少し気持ち悪くなったものの大丈夫だった。

晩飯のおかゆを増やしても大丈夫かな?体表面はだいぶましになったようだgawk

しかし、ポカリスエットってこういうとき良いですね。まる二日食べてなくても生きれる、体も動きます。登山でも粉タイプを持っていきますが、それをお湯に溶いて飲むといきなり元気が出ますものね。

まだ微熱あるなぁ。まぁ、もうちょっと養生しますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

ちょっと和歌山へ「なつかしのくろしお」

3月3日(日)

JTB が企画して走らせた「なつかしのくろしお」号を見に和歌山駅に行ってきました。

家族が撮影するというので、どんなもんやろという感じcoldsweats01

キハの「なつかしのきのくに」号なんていうのが走るのなら話は違って先頭切って行くのだけど。

まぁでも、道中、和歌山に入ると車窓から見える風景には、梅の花が咲き、綺麗な花見ができました。

んで、和歌山駅到着!

Dsc_0159

近いところなので何ともいえないか、この看板を見て一応観光気分に…

といっても、これを撮るのが目的。

Img_0019

結構撮りに来る人多いね。

Img_0017

「なつかしの」ってJTB 企画だから入れなダメなんよね、たぶん…

でも、国鉄色も一昨年まではんわライナーで走っていたのでいまいち、そして、これは今や毎日通勤途中の京都線で見ている「こうのとり」車両だしね。

まぁ、そう言わずに、これを何年後かに見ると本当に懐かしのになるんですよってね。

Img_0026

撮り終えて、少し来る列車を撮って、夕方だしとっとと帰るぞっ!て改札出て、土産売り場寄っても、準地元民よ、梅干しは南光梅常備であるし、柿の葉寿司は夕食とかぶるしでやめました。

帰路の電車内は通勤とまったく違うガラガラの紀州路快速でした。いつも、このように通勤できたら客の身としては最高なんだけど。

Img_0037
(紀州路快速 225系の車内)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu 12.04 LTS に PDFプリンタを追加してみた

そういえば12.04にしてからPDFプリンタをセットしていませんでしたので入れてみました。

紙に印刷する程でもないが、後で見たいかもといったときにPDFにしておくと便利ですのでね。では、早速・・・

1.Ubuntuソフトウェアセンターで cups-pdf を検索します。
 ありました「PDF writer backend for CUPS」とタイトル現れます。

2.これをインストールするだけ。
 簡単になりましたね。
 端末開いてコマンドでセットアップする必要がなくなってきました。

任意のアプリから印刷とするとPDFが選択できるようになっています。

Screenshot_from_20130303_081732

こうしてできたPDFファイルの保存先はデフォルトでホームのPDFフォルダ内になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

Ubuntu 12.04 LTS に Canon ネットワークプリンタ をインストールしてみた

ネットワークプリンタ PIXSUS MG5430 のドライバをUbuntu 12.04 LTS にインストールするための自分メモ
プリンタは、すでにネットワークに接続済みであることが前提。

キャノンサポートのソフトウェアダウンロードから、MG5430 を選択していくと、各OSのダウンロード選択ページにたどり着く。

Linux を選択する。

rpm か debian のダウンロードアイコンがあるので、debian の方をダウンロードフォルダにダウンロードする。

Screenshot_from_20130302_221150

cnijfilter-mg5400series-3.80-1-deb.tar.gz
というファイルがダウンロードできる。

3.80 はバージョンなので、後に変わっていくとおもわれる。

インストール方法はメーカーからダウンロードできるが、最初から端末でコマンドを叩くタイプが紹介されているので、ここではそれに逆らいGUIでやってみる。

ダウンロードしたファイルのアイコンを右クリックして「ここに展開する」を選択する。

するとダウンロードした同じフォルダに cnijfilter-mg5400series-3.80-1-deb というフォルダができあがる。

それを開くと install.sh ファイルがあるので、ダブルクリックする。

すると、install.sh を実行しますか?となるので「端末内で実行する」を選択する。

Screenshot_from_20130302_222207_2

プリンタの電源を入れておく。

パスワードを入れると、端末内でインストールユーティリティが設定環境を半自動で問い合わせ始める。

私の場合は、ネットワークプリンタなので、それを選択すると次にプリンタの検索をなされ、検索結果から該当プリンタを選択して、さらに進むと無事終了した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

LINE通話、IIJmio128kbpsでもいけた

携帯持ち出さず、スマホだけ持ってる時もあり、家との連絡に常時自宅に置いてあるスマホと持ち出しているスマホにLINEを入れてみました。

LINE通話を試してみたところ、IIJmio128kbpsでもいけました\(^o^)/

これで携帯がなくても少しは大丈夫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »