« 大佐山オートキャンプ場 (岡山県新見市) | トップページ | Radeon HD4250 の Windows 8 ドライバ »

2012年10月27日 (土)

Windows 8 に 地デジTV環境対応

IODATAの地デジパーツ(GV-MVP/HX2 とか GV-MVP/XS2W など)が10月26日付で Windows 8 対応になった。

また、DiXiM Digital TV というDTCP-IP対応ネットワークメディアプレイヤーアプリケーションソフトも対応した。

それぞれホームページで対応ソフトのダウンロードができるようになっている。

早速 Windows 8 にアップグレードして試してみたいと思います。

・・・

オンラインショップからアップブレードしてみました。

Windows 7 購入向けの更なる特別価格1200円版は、プロモーションコードを入力して3300円から1200円に表示替えにするところが、カード情報を入れた先にあるので本当に1200円になるのか?と手続きを進めていくのにはちょっと焦りました。

購入決済後のアップグレード中に選択肢にでてくる「メディアを作ってインストール」を選択することでISOイメージがダウンロードできました。

再インストールの時にどうなるかわからないので、ひとまずISOイメージをしっかり別のHDDに保管しました。

その後、アップグレードプログラムを一度終了させてしまったのですが、デスクトップをみると「Windowsのインストール」というアイコンがあってクリックすると、先の「メディアを作ってインストール」などの選択肢に戻りました。

そこで、「今すぐインストール」を選択すると、今のWindows 7 の情報を引き継いでインストールするかとか選びながら Windows 8 のインストールができました。

できましたといっても、Windows 7 の時のファイルも一部が残っていました。

今回は、必要ファイルはすべて別HDDにバックアップしてあるため、一部ファイルも邪魔になるので、最終的にはクリーンインストールということで、先のISOからメディアに焼きましてそのメディアから起動、一度Windows 8 がインストールされた HDD を 7 の残骸ともどもフォーマットしながら、クリーンインストールさせました。

・・・

さて Windows 8 ReleasePreview 版 まで、まともにインストールできなかった地デジ関係(IODATA GV-MVP HX2 と DiXiM Digital TV)のソフトは、最新版のソフトウェアをメーカーホームページからダウンロードして難なくというか Windows 7 の時よりスムーズにインストールできて、何の問題なく動作しました。

|

« 大佐山オートキャンプ場 (岡山県新見市) | トップページ | Radeon HD4250 の Windows 8 ドライバ »

2.カメラ・PC・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/47604106

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8 に 地デジTV環境対応 :

« 大佐山オートキャンプ場 (岡山県新見市) | トップページ | Radeon HD4250 の Windows 8 ドライバ »