« 秋の夜長の始まり ブルームーンという満月 | トップページ | 京都大学のカレー »

2012年9月 2日 (日)

日本一高いビルになった「あべのハルカス」 (大阪府 天王寺)

9/1(土)のこと、8/30(木)午前5時22分に鉄骨が高さ300mに達し横浜ランドマークタワーを抜き日本一の高さとなったという建築中の「あべのハルカス」を見に行ってきた。

といってもいつもの通勤経路で毎日のように見ているのだけど、高く伸びてきたビルを写真で撮りに行きたくなったしだい。

場所はというとJR天王寺駅の西側、阪堺電車(ちんちん電車)の終点、天王寺駅前横になります。

20120901_125302_canon_ixy_200f

後ろを振り返るとJR天王寺駅

20120901_125403_canon_ixy_200f

↑この2枚は阿倍野歩道橋の上から撮影しています。

ただ、この歩道橋も付け替え工事中。

JR天王寺駅へ直結する部分の工事が未完成で、交差点周りはほぼ出来上がって、このように使うことができます。

上空から見て旧歩道橋は交差点を取り巻き角い歩道橋でしたが、新歩道橋は円状になっています。

調べると「あべの」の「あ」をローマ字読みに「a」として、それをデザインしているそうです。

20120901_124521_sh03c
(工事現場にあった説明パネルの一部)

もう撤去されましたが旧歩道橋(1970年設置らしい)も思い出あります。できたての頃でしょう、私は子供でした。歩道橋の上で和歌山から採取されたヤドカリがよく売られていました。ここに来るとよく買いました(^-^)

(今はその行為が禁止されたので、そのような露店はないです)

新歩道橋は屋根がついて雨でも地上からスムーズに移動可能できてよさそうです。

20120901_125319_canon_ixy_200f

あっ、見えました。日本一高いビル「あべのハルカス」、ここからじゃその屋根が邪魔でてっぺんまで見えません。

Q's MALL のほうに移動。

じゃーん、全貌が見えましたです。

20120901_125431_canon_ixy_200f

下から見上げるだけじゃ近すぎて高さがわからない!

よし、離れよう。

20120901_125556_canon_ixy_200f

Q's MALL沿いにカニ移動。↑この一帯を「あべのキューズタウン」とよぶってか。

歩道橋から2階のテラス沿いだと限界。下に降りてもっと遠ざかろう。

20120901_125806_canon_ixy_200f_2

下に降りて、左に「阿倍野nini」と比べて撮影してみました。

「阿倍野nini」も平成24年2月オープンしたばかりのビル。

20120901_125856_canon_ixy_200f

これでも直下すぎるのでわかりません。

左の「阿倍野nini」が24階です。縦方向のフロアごとの数を見ると、右の「あべのハルカス」のほうが圧倒です。

もっと離れて、やっとここまできて高さがわかる感じです。

20120901_130545_canon_ixy_200f

左に見える24階の「阿倍野nini」と比べてみてください。

3倍ぐらいの高さがあるように見えますup

再開発でどんどん変わっていく天王寺阿倍野周辺。

20120901_130612_canon_ixy_200f

でも、今も昔と変わらず路面をちんちん電車が力強く走っている風景は残っていて、なんだかほっとします。

「あべのハルカス」の裾にある「味冨久あべの店」でとんこつラーメンをいただくことに。

20120901_132210_canon_ixy_200f

この店も以前と変わらずあります。

私は普段のメニューにあるとんこつを食べましたが、家内が限定の富山ブラックを頼んだので、少し味見を・・・カツオが効いているのか和風なしょうゆ味でこれもまたおいしかったです。

20120901_132205_canon_ixy_200f

いつもはそれとなしに通り過ぎているかもしれない、ちょっとした近場の街の探検でした。

おわり

|

« 秋の夜長の始まり ブルームーンという満月 | トップページ | 京都大学のカレー »

1.キャンプ・旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/46913099

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一高いビルになった「あべのハルカス」 (大阪府 天王寺):

« 秋の夜長の始まり ブルームーンという満月 | トップページ | 京都大学のカレー »