« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

おもちゃ望遠鏡に接して月を撮影してみた

30倍天体望遠鏡をおもちゃ多数の中から発見しましたhappy01

進研ゼミの付録でJAXA監修ものでした。

Atyu3dscqaafwhg

市販物でいうと1万円もしない数千円で売られている天体望遠鏡です。主に月をみることをターゲットにしているようです。

推奨されるまま、月を見てみました。

おぉ〜クレーターも見えますね。
ということで撮影もしてみました。

20120527_222750_canon_ixy_200f_2
(2012年5月27日撮影)

天体望遠鏡を月にあわせて、そっと望遠鏡の口に三脚で半固定したカメラをあてがうという、トリッキーな手法。なので、合わせるのが大変で少しピントが甘くなりました。

光軸が合えばコンデジでもAutoで撮影出来ました。コンデジは3倍ズームで撮影すると画角いっぱいになってきます。

こうなるとさらにアップにしてみたくなる~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

金環日食の観察と撮影

今年は金環日食という一大天体ショーが日本で見られるということを知りました。

金環状になるとはなんと素敵なことだろう!

子供の頃に皆既日食を観たとき、日食って、宇宙ってすごいと感じたころを思い出しました。

再びその感動を今度は金環日食で感じてみたい。そして、我が子供にも見せたいということで遠征覚悟でその日に備えました。

せっかく綺麗な金環状になるのだから、手元にある一眼でなくコンパクトデジカメ、通称コンデジでも撮れないかと思い1ヶ月ほど前から試行錯誤して撮影の準備もしてきました。

その方法は金環日食を楽しむための準備を参照ください。次の写真は本番、現地での撮影準備の様子です。

20120521_071016_canon_ixy_200f

手前のコンデジが我々のものcoldsweats01

奥は本格的に何台かで撮影されていた機材の一部・・・さぞかし綺麗に撮れたのだろうと想像します。

だが、前日には一番懸念していた天気がいまいちな予報。気象庁の天気資料とにらめっこしながら、どこで観察するかを悩んでいました。

狙うは金環日食が見られる地域の中心線上!そこで完全な金環をみると決めていた。そうすると場所は限られる。

茨城、東京、神奈川、静岡、和歌山、鹿児島だが・・・24時間前の予報では南からの前線の影響で太平洋にある中心線上は全域曇り。

あきらめて次の候補として金環状に見える地域でいうと茨城北域なら晴れそうな気配。

そうなると、時間もかかるし、場所の下見もしたいので明るいうちに到着しようと昼前に大阪を出た。

いくぞ!必ず金環日食ゲットだぜ!(ポケ○ンでない)

神奈川県に入ろうとしていた頃、再び天気予報を確認すると、すでに通り過ぎた東海地方が晴れるかもという予報。行く前の気象情報では眉唾だったが、プロが予報したことをとりあえず受け入れよう。

ということで、神奈川県の大井松田で引き返す。・・・ここで曇りながらも途中富士山が綺麗だったので、見れなくても富士山でいいかと早くも弱気。

結局、牧之原サービスエリアで待機することにした

翌日も早朝から起きてみると曇り、日の出の時刻になっても太陽は見えない。天気予報やネットの情報など確認していたが、どこも同じ感。

でもそのときが近づくにつれ、時折晴れ間が・・・いけるかも、、うす曇

20120521_064616_canon_ixy_200f

うす曇で緩やかな太陽光もなんだか欠けているのが分かる。

太陽グラス越しに見てみよう

20120521_064751_canon_ixy_200f
(Canon IXY 200F)

見える。日食で欠けているのが分かる。コンデジしかも3倍ズームにしかならないものでもこのように小さいながらも綺麗に撮れましたhappy01

この環境でのコツは一つ、Autoでは変なフィルター(太陽グラス)を付けているので焦点が合いません。設定で焦点を最大遠にすることです。キャノンの場合は山マークにすることかな。

では、もう一つのカメラ、光学12倍ズームにデジタルで48倍ズームにできるコンデジで撮ったものを見てみよう、その結果です。

ゆっくりコマをみてください。

20120521_064822_canon_powershot_s_2
(Canon PowerShot SX200 IS 以下連続同じ)
AM 6:48:22

20120521_070000_canon_powershot_s_2
AM 7:00:00

20120521_070810_canon_powershot_sx2
AM 7:08:10

20120521_072346_canon_powershot_sx2
AM 7:23:46

20120521_072657_canon_powershot_sx2
AM 7:26:57

20120521_072952_canon_powershot_sx2
AM 7:29:52

20120521_073010_canon_powershot_sx2
AM 7:30:10

20120521_073027_canon_powershot_s_2
AM 7:30:27

20120521_073135_canon_powershot_sx2
AM 7:31:35

20120521_073201_canon_powershot_sx2
AM 7:32:01

20120521_073224_canon_powershot_sx2
AM 7:32:24

20120521_073638_canon_powershot_s_3
AM 7:36:38

20120521_074539_canon_powershot_s_2
AM 7:45:35

20120521_075044_canon_powershot_sx2
AM 7:50:44

この後、雲が多くなり観察中止しました。粘ればもう少し見れたかもしれません。

日食中は気温に変化があるということで測ってみました。

20120521_072448_canon_ixy_200f

7時24分ごろ、金環日食になる前の気温

20120521_073353_sh03c_3

7時33分ごろ、金環日食直後の気温

日食で数度下がっていることが分かります。

デジカメで撮ったり、太陽グラスで診たりと、お茶畑の風景を見ながらののどかな観察でしたhappy01

グラス越しの肉眼観察には3倍太陽グラスが重宝しました。大きくみえるので分かりやすくて良かったです。手ごろな道具としてはお勧めと思いました。

次の天体ショーは、6月4日に月食があります。

太陽では6月6日に太陽の前を金星が横切ります。(金星の小さな点が長時間かけて移動する様子が見える)

ちなみに日本で見ることができる次回の金環日食は2030年6月1日に北海道で見ることができるそうです。札幌であれば最大日食の時間は16時56分12秒らしい(「つるちゃんの日食ソフト」にて試算)。

北海道なら是非、行かねば、行くぞ18年後coldsweats01

<観察地情報>

東名高速 静岡県 牧之原サービスエリア

緯度 34.757286

軽度 138.16736

食分 0.97

部分日食時間 6時17分~8時58分

金環日食時間 7時29分~7時34分

食の最大 7時31分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

金環日食 成果とりあえず

2012年5月21日の金環日食観察地域でいうところの、中心線近くにある牧之原SAで観察したものです。

雲がありましたが、うす雲や切れ間も多くなんとか観る事が出来ました。

とりあえず金環状態の写真です。詳しくは後日再アップします。

20120521_073201_canon_powershot_sx2

ところで、太陽に関して6月6日にぽつんとした金星が長時間かけて横切るとのこと。ふたたび太陽グラスの出番はあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

金環日食を楽しむための準備

2012年5月21日は金環日食の日です。日本での5月21日を見逃すと次の金環は一生のうちで無いようです。

日本で観る事が出来るまれな天体ショー、
これは是非観てみたいものです。

というわけで、仕事も休暇をいただき身の環境は整えたので、完全な金環日食と見るだけでなく撮影もしてみようと思いまして本格的な準備をすることに・・・その様子をここにUPします。

<必須 肉眼で見るための準備>

太陽を直視すると目がやけどしてしまい、最悪失明するかもしれません!shock

ということで、太陽グラスを調達することにしました。

色々ありましたので、まずは各基準・規格に合格準拠しているというのを選択しました。

それら候補から、私はカメラにも流用したいので平たいカードタイプで少しグラス部分がカメラレンズを覆うぐらいの広さのものをAmazonでゲットしました。→アイソテック株式会社の10枚セットもの

Img_0006

届いたものを実際に肉眼で観て試してみますと太陽が赤っぽい黄色で見えます。周りの物は全く見えません。

このタイプは耳にかけたりできませんので、手が空きません。不便でないかとも思いましたが、実際は周りが全く見えませんので太陽を追っかける以外何もしません。手で持っていても全く不便ありませんでしたcoldsweats01

これでノープロブレム!としたかったのですが、少し不満がありました。肉眼で観る太陽は意外に小さく見えるものです。

金環になっている部分をもう少し大きく見たいということで、ただいま物を注文中!到着したら更新します。

→届きましたhappy01 3倍大きく見えて観察しやすいですよ。(下の写真と比較すると直径2分の1ほどの大きさで見えます)

<グラスがないとき>

16日発表の天気マップの下にピンホールを利用する方法があります。

木漏れ日も日食の形になるそうです。

私は、欲張って穴がたくさん開いた水切りザルで試してみようと思います。

<デジカメでの撮影準備>

カードタイプの太陽グラスをペタとレンズに貼るだけです。

Img_0002a

試行中なので仮止めですcoldsweats01可動レンズに食い込みますから両面テープにする予定です。タオル状のものは、周りから日光が入ると目にも悪いですし液晶画面のプレビューも分からなくなりますので遮光用です。

実際に撮影した例です。

20120512_151723_canon_powershot_sx2

5月12日に撮ったものですが、大きな太陽黒点が見えます。この黒点は金環日食のときも見えるそうです。

<観察場所の選定>

金環日食を完全な金環状にみるにはエリアが限られます。

さらに天候も考慮しなければなりません。私は当日の天候をみて移動することも考慮しています。

こうした判断をするための情報は現在Web上で多々あります。その一つtenki.jp を参照してみます。中心食線が通っているところで綺麗な金環日食が見られます。目指す観察場所はその線上です。

  金環日食の天気マップ

場所を決めていくにつれ、見え方が気になります。そうした場合は次のソフトがあります。Vectorへリンクします。

国内メンテナンスの項目で、Google Earth や 他の地図ソフトなどから得た緯度(N:北緯)、経度(E:東経)を設定し観測地点を作成するとよいです。

Photo

最高に食した状態とその時間、前後の日食状態がアニメーションで得られて十分参考にできます。

では5月21日(月)の朝を楽しみにしましょうsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

片上鉄道 撮り鉄編 (岡山県 美崎町~和気町~備前市)

5/6(日)

としおじさんのキャンプ場を後にして、本日向かった先は柵原(やなはら)ふれあい鉱山公園です。

ここは、1991年6月に廃止された片上(かたがみ)鉄道路線が片上鉄道保存会によって一部動態状態で展示運転されている場所です。

20120505_173008_canon_ixy_200f

昨日のうち、テントを設営後下見に来ておりました。テツな家族曰く、明日はイベントがあるので人が多いから、今のうちに撮るとのこと。ということで私はスナップってみました。

20120505_173224_canon_ixy_200f

ここは残存する吉ヶ原(きりがはら)駅と数百メートルのレール施設、そして鉱山資料館からなる公園になっています。

20120505_173302_canon_ixy_200f

駅舎内もレトロです。登録有形文化財!

20120505_171948_l04c

で、こんなところに(`´)

20120505_172247_l04c

この人が、いやこの猫が駅の助役さんです。

20120505_173132_canon_ixy_200f

のんびり

20120505_175520_canon_ixy_200f

こちらが駅長のコトラさん

20120505_173400_canon_ixy_200f

線路上では何人かの方がかがみ作業をされていました。

という感じで、作業の方は忙しそうでしたが、前日ののんびりした吉ヶ原駅光景でした。

本日はこの昨日からの下見がてら往路で検討しまして、国道県道を使うと鋭角に遠回りしなければならず3、40分ぐらいかかりますが、少し狭いながらも山道を峠越えするととしおじさんのキャンプ場から20分足らずで行くことがわかりましたので、山越えであっという間に到着happy01

昨日と打って変わってにぎやかです。

20120506_100943_l04c

今日は、展示運転の日です。毎月第一日曜日がその日だそうです。

20120506_114542_canon_ixy_200f

乗車券は駅の窓口で購入できます。200円で1日乗り放題happy01

20120506_111700_canon_ixy_200f

たくさんの人が集まって楽しんでいます。皆で1分の1スケールで電車遊びです。

20120506_110559_l04c

でも、スタッフの方々は全く真剣に安全運行されています。

20120506_115146_canon_ixy_200f

ただ、今日はいつもとは違う大きなイベントがあるそうです。何やら用意を始めました。

20120506_120308_l04c

テレビカメラまで来てしまっています。

20120506_101426_l04c_3

駅長退着任式です。式次第が貼ってありました。

そう、コトラ駅長は10年も務めたそうで、今日が退任式。ご苦労様でした。

20120506_121833_l04c

式は昼12時から盛大に行われました。美咲町副町長もあいさつにみえ、盛大かつほのぼのとしたいいものでした。

コトラ駅長は退任し嘱託に、新たに助役だったホトフが駅長に就任しました。

この式が盛り上がったため、少し遅れたのかその後のダイヤが6分遅れとなった。責はコトラにあり、ホトフが引き継ぐことになったのだろうかcoldsweats01

たいへんに楽しめました。ほのぼのと参加された方が皆笑顔でしたね。これは良いと思いました。そうした余韻を残しつつ、次へ行く事にしました。

次は和気町の藤棚を見に行こうと藤公園を目指します。ずーっと南下します。

20120506_142108_l04c

その間、片上鉄道沿いを行くわけですが、廃線跡が「片鉄ロマン街道」として、サイクリングロードとなっていて、これまた自転車を楽しまれている方が行き来していました。

できれば、今度自転車で発してみたいです。全部で36kmあるそうです。

20120506_150806_l04c

着きました。おぉー綺麗じゃん!

20120506_150905_l04c

すごい

20120506_151526_l04c_2

すごい

20120506_161055_l04c_2

最後に片鉄が走っていた時代の終点にたどり着きました。(備前市西片上の岸壁付近、藤原運送前)

0kmポストの標識と片上湾のマッチングがのどかでしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

としおじさんのキャンプ場 岡山県 和気町

5/5(土)

GWにもう1回キャンプしたいと思い、仕事明けの昼前にどこか予約できるところがないかなぁと思って家族に意向を示していたところ、子供が探し当てたのが「としおじさんのキャンプ場」でした。

この連休にオープンしたてほやほやのキャンプ場とのこと。

HPを見る限り個人経営ぽいので興味ありで(個人経営のキャンプ場はそれぞれに特色がでますから面白いです)、早速電話をしてみると、空いているとのこと。予約を入れ思い立ったように出かけました。

場所は備前ゴルフカントリー(備前CG)の横です。このあたりは、少し北側の美作市にある湯郷温泉しか行ったことがありません。

昼前に出発して中国自動車道を走り、3時間ほどで現地付近に到着しました。岡山と言えど兵庫県よりですから、大阪からでも近くて気軽に行ける範囲です。

現地で最初に迎えたのが、棚田!こんなところにもあるんですね。感動!

20120505_150309_l04c

このあたりは6月ごろが田植え時期らしいので、まだ草原です。ただ過疎のためこ棚田も時期なると稲代がはられるのかは危惧します。

山に上っていきます。標高500mほどあるとのことです。

備前GC周囲の道を進みながら、わき道を注意しているとありました。

20120505_151512_l04c

とし
おじさんの
キャンプ場


ゴルフ場の何番ホール、何ヤードかを示す札に間違えそうな小さな案内札・・・見落としそうでした^_^;

ここからキャンプ場までの道は数百メートル2tまで、幅は2mぐらいしかない道ですがアスファルトなので雨でもぬかるむことなく大丈夫です。

20120505_151533_l04c

ロケーション的にワイルド感があって良い感じです。

さて到着、キャンプ場のオーナーさんは男の方二人で気さくな方々で、ほっとしました。

詳しくは、キャンプ場正式HPの「としおじさんのキャンプ場」、活動状況は「としおじさんの」山暮らしというBlogにありました。

20120505_163115_l04c_3

棚田の休耕田を利用したサイトでした。

大きく3段あり、上2段がサイトになります。一番下はBBQや子供エリア(広場)になっています。全部で4サイトです。

電源付サイトもありました。これなら手軽に冬キャンもOKです。

もしも、自分が小さなキャンプ場をするなら、の妄想イメージに近い感じです。ただ、妄想イメージには常時流れる小川があるので欲しい・・・。おっと自分のキャンプ場ではありませんね^_^;

という感じで、Myキャンプ場的な穴場になりそうですhappy01

設営後、すこし撮り鉄な家族に付き合って出かけて帰ってきましたら、オーナーさんにいただきました、たけのこが家内の手によって焼かれていました。(家内は仙人といわれていた山上育ちですからワイルドです)

20120505_182430_l04c

オーナーさん、今なら、たけのこ狩りやわらび取りなどにも連れて行ってくれるとのことです。もし岡山の山中に帰省先があったかのように当然あるイベントが体験できますよ。

(実は家内の実家も岡山の山中・山上なので何時も、、、それより大阪の自宅でもこれらの事が可能な環境でして・・・つい最近まで、食卓がたけのこだらけにあっていたところでした。大阪なのに、どんな田舎じゃ!)

程なく夕暮れ

20120505_183852_l04c

少し雲かかりましたが綺麗に見えるロケーションです。

美しささておき、飯ですcoldsweats01

今日のメインは来る途中に美作のスーパーで買ってきた美咲牛!

20120505_193507_canon_powershot_sx2

ジュジュっといきましょう。

20120505_193722_l04c

霜降りのいい感じで、とろけるおいしさでした。

そして、たけのこも豪快に被り付きましたよ。いろいろ言っても、実はたけのこ大好き人間ですからこれでいいのです。野生人のごとくdelicious

お腹いっぱいになって、近くの温泉に出向くことにしました。(オーナーに言うと割引券をもらえます)

大芦高原温泉「雲海」(美作市)という車で数分上がったところです。

温泉は午後10時まで、午後9時20分まで受付と、遅くまで利用できるのでうれしい。

おっと、ここで気づきました。としおじさんのキャンプ場は和気町、すぐ横の温泉は美作市ということで互いに市町境に位地するのですね。

20120505_204032_canon_powershot_sx2

温泉施設への入り口です。カメラケースがレンズにかぶっちゃいました。失礼^_^;

こんな山上に温泉があるなんて、天空のオアシス感!ところで、この温泉ですが無味無臭(飲んだのか―?、いえ味見だけです)で、お湯につかると少しぬるっとする程度で何の変哲もなかったのですが、後で肌がつるつるします。良い温泉でしたspa

20120505_202435_canon_powershot_sx2

そして夜は更けていき。

20120505_220545_canon_ixy_200f

星が綺麗に見えるそうですが、あいにく満月で少し雲もあったので星空観察は無理でした。

翌朝、私は何時も早起きして片づけをしながらまったりします。

20120506_074054_canon_ixy_200f

トイレと水場です。

今朝は時々雨が降ったりしていたので、オーナーが水場にパラソルを設置してくれていました。ありがたいo(_ _)o

20120506_074140_canon_ixy_200f

水場からサイトを望む。

20120506_074718_canon_ixy_200f

サイトからキャンプ場表側?遠方を・・・棚田が少し見えます。

左手の方に廻ると朝には雲海が見えるときもあるそうです。

20120506_074757_canon_ixy_200f

キャンプ場裏手もなかなか棚田跡と山。コーヒーを飲みつつまったり続く。

でしたが、今日は朝から撮り鉄さんに付き合い行動開始ということで、ゆっくりできず片付けへと入っていくのでした。

(もう少しゆっくりしたかった。将来が楽しみなキャンプ場でした。)

20120506_074312_canon_ixy_200f

つづく★片鉄撮り鉄編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

Ubuntu 11.10 から 12.04 LTS へバージョンアップ

昨晩、Ubuntu 12.04 LTS Desktop 日本語 Remix CD がリリースされたので、早速11.10からバージョンアップしてみました。

私の場合、前バージョン空の環境引き継ぎ状況は次のとおりで、若干後述のUbuntu Oneのエラーで?となりましたが、大きな落とし穴もなく無事終了というところです。

homeに入っていた文書ファイルなどは11.10 を システム設定のバックアップでUbuntu One にバックアップしておいたものを使ってレストアしました。

Ubuntu One は同じユーザとパスワードで再設定すると引き継がれました。

レストアすると、一緒にHomeに入っている様々な環境設定ファイルもレストアされたので、壁紙などの設定がなくなりました。

もちろんですがカスタマイズで入れていたアプリは根こそぎなくなりました。

  • Google Earth きれいさっぱり
  • Adobe Air きれいさっぱり
  • 日本語 きれいさっぱり

これらは、再度新しい環境に合わせてインストールしなおしました。

それ以外のアプリは先のバックアップのレストアをした後、ソフトウェアセンターで再度入れ直したら設定も戻ってきました。

ただ、レストアをすると、Ubuntu One の設定もhome内にあったため、影響してエラーがでるようになりました。これは、ホーム/.config/.ubuntuone フォルダにあった古い設定ファイルが影響しているとのことで、別のフォルダに移動させて読み込ませないようにすると、無事エラーなく動作するよう復旧しました。

詳細は Ubuntu で 出かけよう!!(インデックス) にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu 12.04 LTS ハイパネート なくなった?

Ubuntu 12.04 LTS にしたらハイパネートできないなぁと思って調べていたら、こうしたブログがありました。

[memo] Ubuntu12 で Hibernation

えっ!デフォルトだったの・・・

ということで先人労力にありがたく授かり参照しながら、ハイパネート出きるように設定してみました。

端末で

sudo pm hibernate

を実行すると正常にハイパネートできることを確認しました。

次に、sudo gedit でテキストエディターを開き、参照ブログにあるとおり、次の設定内容を書き込みました。

[Re-enable hibernate by default]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.upower.hibernate
ResultActive=yes

書き込みを終えたら

/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/
の場所に
com.ubuntu.desktop.pkla
というファイル名で保存しました。

これで、再起動してみますとサスペンドとシャットダウンの間にハイパネートの項目ができていました。
実行してみますと正常にハイパネートして復帰できました。Thinkyou!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu 12.04 LTS NASに接続できずを解消

Ubuntu 12.04 LTS にすると、NAS (IODATAのRockDisk)に接続できなくなりました。
正常にパスワードを入れても弾かれてしまします。

現象は Ubuntu 11.10 からの 12.04 LTS へアップグレードでも クリーンインストールでも変わりません。

既にUbuntu日本語フォーラムに載っていました。
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=90527

/etc/samba/smb.confの[global]sectionの最後に、以下を追加で解決しました。
         client lanman auth = yes
         client ntlmv2 auth = no

この設定をして接続できるということは、12.04からはデフォルトでNTLMV2認証を使うようになったが、RockDisk が 新しめの NTLMV2認証に対応していないということでしょうかね。

ちなみに、Windows7の共有フォルダは、この設定なしで接続できました。NTLMV2認証に対応しているからね。

ということで、他の古いNASでも同様な事が発生するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu 12.04 LTS wine と 縮小専用。 のインストール

ブログを作るときに、写真を縮小してUPしている。そのため、簡単に縮小できる縮小専用というソフトをWindowsでも使っていた。Ubuntuでも使えるようにしてみる。

Adobe Air版があったが、Air自体開発を終えたということと、Ubuntu 12.04 LTS ではインストールが難しそうだったので wine で Windows版を動かすことにした。

まずは wine をセットアップ・・・といっても

https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Application/Wine
を参照した。

Ubuntu ソフトウェアセンターからも同じくインストールできるので、その方が簡単なのでここに記す。

ソフトウェアセンターで wine をキーに検索すると Microsoft Windows Compatibility Layer (meta-package) が候補にあると思うのでそれをインストールする。

完了したら wine はセットアップ完了。

次に 窓の社 から 縮小専用。 のインストーラーをダウンロード。

ダウンロードしたファイル ShukuSen150.exe を右クリックして "Wine Windows Program Loader"で開く 選択する。

これでデスクトップ上に縮小専用。のアイコンができている。これをクリックすると起動できる。私はよく使うのでlauncherにドラックして登録している。

★~~ 以上 ~~★

ちなみに、Ubuntu 11.10 のときにAdobe Air版をセットしたときの方法は以下のとおり。

 Ubuntuフォーラム Adobe Air をインストールするには を参照

以下、手持ちメモです。   

まずは縮小専用AIRを動作させるためには、その土台となる Adobe Air ランタイム のインストール。すでにLinux用の最新版開発は終えたとAdobeホームページでうたわれている。

AIRアーカイブ というページに古いのが置いてあるのでダウンロードする。

 Adobe AIR 2.6 ランタイムダウンロード

  Linux 版 Adobe AIR 2.6.0 (15.4 MB)

~.binでダウンロードされる。

端末からダウンロードしたディレクトリに行き、ダウンロードファイルに実行権をつけます。

 chmod +x ./AdobeAIRInstaller.bin

次に、次のコマンドでインストールを開始します。

 ./AdobeAIRInstaller.bin

私の場合は、端末上で何か足りないとコメントが出ていましたが、GUIのインストーラーウィンドウが開きました。後はお決まりの「同意」やUbuntuへのログインパスワードを入れたりして完了します。

Adobe Air の準備が整ったら、縮小専用AIRのセットアップです。

縮小専用AIR のページに移り

 縮小専用AIR を
 ダウンロード

というところをクリックします。

「このファイルを開く、または保存しますか?」とウィンドウが出てきますので、「開く」または「保存」とします。

「保存」した場合は、保存したファイルをダブルクリックします。

「このアプリケーションをインストールしますか?」とウィンドウが出てきますので、インストールとします。

 確認の選択がでるので、それぞれ答えて、以上で完了です。

起動はDashの検索窓に縮小と入れればででてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

能登中島でキャンプ(3日目 帰宅がてら)

帰宅がてら富山駅に寄りました。まずは富山地方鉄道の富山駅前にて・・・

20120430_115927_l04c

皆、格好良いっていうのですが、実物見ると確かに格好良いことがわかりました。でも写真にするとイマイチです。

もと西武鉄道のレッドアロー、今は富山地方鉄道のアルプスエクスプレス

20120430_115950_l04c_2

この角度なら良い感じ。。背景は新幹線工事の様子です。

でも、塗装デザインがどこかで見た感じ・・・そうだ、和歌山電鐵のたま電車だ。

同じ水戸岡デザイナーの作でした。九州地方の列車は新幹線含めて、この方ですね。

20120430_120158_l04c

富山駅前駅からJR富山駅へ移動しまして、家族の撮り鉄は続きました。

私はこちらに興味が・・・

20120430_131219_l04c

これは美味い、最高です。

20120430_131232_l04c

富山駅名物 立山そば 駅中ホームの立ちそば屋さんです。

20120430_125331_canon_ixy_200f

本当はこっちも興味がありましたが売り切れていましたweep

おなかも満たされたので帰路につくことになり、若干の渋滞はありましたが無事帰りました。

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登中島でキャンプ(2日目 観光その2)

午後の昼下がり、次を目指して出発。

20120429_143619_canon_ixy_200f

恋路海岸にたどり着きました。

20120429_143635_canon_ixy_200f

海岸と国道を挟んだ反対側に廃線した恋路駅が保存?されています。今も多くの方が来るのでしょう。道は綺麗に整備・掃除されていました。

20120429_142039_canon_ixy_200f_3

ステンレス製の待合は変わった形

20120429_142010_canon_ixy_200f_2

のと鉄道の廃線区間は結構変わった駅舎が多く廃線を惜しみます。

20120429_143151_canon_ixy_200f

近くの宗玄酒造さんで恋路ゆき切符が販売されているそう。

次に向かいます。といっても次は本日の最遠目的地です。

20120429_144550_l04c


見附島(別名:軍艦島)です。パンフレット見てきたのですが、結構距離ありました。

島に近づけます。

20120429_145341_canon_ixy_200f

が、完全に渡れません。直前で飛び石が思いっきり切れて、これはムリです。

皆さん、ここで記念撮影をして戻られます。

気になったのですが、ここも隣接してキャンプ場になっています。

20120429_150159_canon_ixy_200f

↑こんなフィールドです。見附島の観光客が横切りますね。

20120429_150006_canon_ixy_200f

見附島シーサイドキャンプ場らしいです。

20120429_150736_l04c

もう午後3時過ぎ、これから夕方になるので帰ります。少し遠くへ来ましたからエネルギー補充です。

帰りはバイパスを使いましたのでカーブや信号がほとんどなく早かったですといっても結構距離ありました。キャンプ場に帰ってきました。

20120429_165221_canon_ixy_200f

キャンプ場を海側から写してみました。山の出っ張り尾根にキャンプ場内が出来ている感じです。下は田んぼ、田んぼを挟んで、カメラ後ろがすぐに護岸です。

20120429_165231_canon_ixy_200f

護岸

この後すぐに、温泉に向かいました。

今日はツインブリッジのとを渡って能登島へ15分ほどのところ。

20120429_171828_l04c

能登島の「ひょっこり温泉島の湯」です。ここも和倉温泉と似た泉質で良いです。

ただ、連休とあって浴室洗い場は大賑わい。順番待ちでした。

20120429_183441_l04c

夕食もここでいただきました。新メニューのトンカツ定食!

能登島三元豚を使っているとのことで、柔らかくて癖もなくおいし良かったです。

20120429_200606_l04c

キャンプ場に戻りまして、夜はファイアーして温まりました。

ついで夜食も頬張り・・・

20120429_202517_canon_ixy_200f_3

のとじまバーガー黒です。

クリームコロッケのクリーミーさとトマトの酸味、パンのイカスミがうまくマッチしていました。うまっ!

つづく、能登中島でキャンプ(3日目 帰宅がてら)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登中島でキャンプ(2日目 観光その1)

2日目です。

20120429_062901_canon_ixy_200f

朝日降り注ぐキャンプ場の端です。

ここからすぐに湾に繰り出せます。キャンプ場利用で釣りに出かけている人も何人か居ました。

20120429_062939_canon_ixy_200f

わらびもあちこちで・・・

20120429_082558_canon_ixy_200f

今日は、のと鉄道に乗って若干乗り鉄です。

なんだか窓にかぶっています。でも、のどかな風景が流れいい感じです。

20120429_084828_canon_ixy_200f

かぶっていた原因は「花咲くいろは」 アニメのラッピング列車でしたからです。

能登中島駅から七尾駅にやってきました。

まぁ、これで折り返しまして、私は能登中島で車を取って終点穴水駅に向かいます。

ここで家族をピックアップして、能登半島観光に向かいました。

20120429_113819_canon_ixy_200f

が、ここから先も鉄でした。のと鉄道は蛸島までありましたが廃線となったそうです。

その廃線跡が多数残っています。急きょ廃線跡めぐりが入りましたcoldsweats01

まぁ、どこまでものどかな能登はこれでいいのかもしれません。

20120429_115837_canon_ixy_200f

九十九湾を超えたところまでやってきました。

ここで向かいにある「ちゃみせ BlueWave」に迷わず入店。おなかが空いたので昼食となりました。

20120429_114946_l04c

これ、この店の名物らしく、おいしそうでしたので2枚ゲットしておきました。

店から海岸に下りると九十九湾園地野営場の海岸側のサイトがありました。2組がキャンプしていました。野営場といっても有料でした。海で遊ぶには草地で砂が上がらないので良いです。

20120429_122148_canon_ixy_200f

遊覧船の受付もすぐ横にありました。キャンプ場の受付も同じ?かと。

20120429_121841_l04c

大物魚「を見せる」って?

20120429_122415_canon_ixy_200f

こんなくり貫き岩も

20120429_124920_canon_ixy_200f

海中公園のように整備されていて遊ぶにも安心でした。イソギンチャクが沢山いましたので触ってみましたが、エサがかかったかと間違えてつかんできますのが面白いです。

20120429_131233_canon_ixy_200f

この磯の上には「のと海洋ふれあいセンター」というのがあって、海洋物の学習ができます。先にこちらに入っておけば予習できて良かったはずと思いましたよ。

つづく、能登中島でキャンプ(2日目 観光その2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登中島でキャンプ(1日目 周辺観光)

20120428_113950_l04c

キャンプ場は「能登中島オートキャンプ場」です。

今回は、海の見えるサイトにしました。

20120429_062848_canon_ixy_200f_2

それでも林間の高台にあります。

このキャンプ場は海辺近くのサイトはウッドデッキで山手の管理棟近くは土のサイトになっていました。ウッドデッキはペグダウンするのでなくロープでほとんどを固定していくことになるのでいつもと違って少し考えますなぁ。

まぁ、対応するよう備えてロープもふんだんに持参してきていたので、あまり考えず張り放題、結び放題となりました。

さて、このキャンプ場、町のものみたいですがALSOKに事業委託されているようです。行くまでALSOKのお兄さん方が運営しているのを妄想していたのですが、管理されている方は良さそうな女の方でした。(注)みまもりビームなどは発射しませんcoldsweats01 が綺麗に場内掃除されて気持ちのいいキャンプ場です。

20120429_063655_canon_ixy_200f

各サイトに水道がありました。排水がなく地面浸透と揮発に任せるのみですので、給水用です。洗い場は手洗い横にちゃんとしたところがあります。

この水道最初は白い水が出ていました。

げっ!カルピスソーダ―が汲み放題!

よく観察すると小さな気泡で、少し汲んで置くと綺麗な透明の水になりました。キャンプ場開きが今日からということでしたので、水道管内に溜まった気泡が一気に出てきていたようです。(シーズン最初というキャンプ場に行くとよくこの状態にあいます)

あっ!AC電源ありです。朝晩はまだ冷えますので、テント内はホットカーペットにします。

自然真っ只中に、これがあるとすごくありがたみと幸せを感じます・・・言い過ぎか

このおかげで、夜中はPCでネットし放題となりました。DOCOMO、SOFTBANKの電波は十分オーケーです。

そうこうしているうちにお昼時となりました。

近くにあった「道の駅なかじまロマン峠」にてさらっと食事をすることにしました。

20120428_130106_l04c

地のものとして、中島菜入りのそばを頼みました。麺はツルツル、中島菜が練りこんであるということ、おいしかったです。

次に向かった先は、のと鉄道路線の撮り鉄を経て、能登中島駅です。ここから家族の撮り鉄さん意向になります。

20120428_143017_l04c

この駅は宇宙人ジョーンズが出演するCMのロケ地となった場所でもあります。
なかなかの風情ある田舎の駅です。昭和3年の財産登録板がありました。

20120428_142930_l04c

この日、運良くも能登中島駅に展示してある郵便車オユ10 2565の内部公開日でした。

20120428_143240_l04c

入るとなぜか私にはこれが目に飛び込んできました。

日本海の客車にもありました飲料水のサーバーです。日本海は飲食何もなく唯一これが頼みの綱というものでした。

20120428_143511_l04c

内部はこんな感じで使用当時の様子を再現されています。

飲料水サーバ写真の隅にも写っていますが、仕分け箱もあって、車内で駅に着く前に仕分けを行うという時間との闘い的な郵便局員がされていたそうです。実際に仕事をしていたという案内の方に当時の説明をしていただけました。

また、この仕分け作業も実際にして経験できましたよhappy01

20120428_143350_l04c_2

こうした展示も車内にあります。

20120428_152450_l04c

ふるさと鉄道保存協会ですね。

次に和倉方面へ、若干二三十分で行けます。

20120428_154706_l04c_2

和倉昭和博物館とおもちゃ館に寄りました。見かけ小さな博物館ですが、内容は昭和盛りだくさんでよかったです。

20120428_154644_l04c

クラッシクな車を集めたガレージの一部

20120428_155502_l04c_3

懐かしのものがほんとにいっぱいです。

20120428_160524_l04c_2

結構昔です^^;

20120428_155534_l04c

えらい昔のことです。

20120428_161557_l04c

でも、この車のおもちゃ、これ、持ってたじゃないか。

20120428_164652_l04c

館外にでたところで、もう日が陰ってきました。ここのお土産コーナーは本物の昭和の物が中古販売されていました。良心的な相場価格でしたので目当ての物があれば良いと思いました。

もう暮れてきましたので、このまま和倉温泉の総湯に行きました。

さすが和倉、いい湯でした。気が付けばここから先の写真を撮ってませんでした。

結局、和倉のスーパーで材料を買ってキャンプ場に戻りバーベキューにしました。

つづく、能登中島でキャンプ(2日目 観光)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登中島でキャンプ(1日目 道中)

GWの最初、2012.4.28(土)~2012.4.30(月・祝)で能登半島に行って来ました。

早朝4時前に出発!途中で夜明けとなりました。

20120428_050331_l04c

朝早いのに、高速のパーキングはいっぱい気味です。

20120428_071051_l04c

北鯖江PAではしだれ桜が残っていました。日本海側という感じ・・・

このPAは裏手から海が見渡せます。ぬぬっ

20120428_073809_l04c

手前のぽつんとした海に浮かぶ点的物体はカヤック!やってますねぇ。

やりたいですねぇ。でも私のは海はムリです。インフレですから風が吹いたらどこかに行っちゃいます^^;

次の休憩地点はほどなく徳光PAで、ここも裏手から海・・・スグ行けることで有名なところです(^O^)

20120428_080400_l04c

ちょっと海辺で遊び過ぎちゃって、足を海水にはめちゃいました(T_T)

20120428_082521_l04c

これがまた、さらさらの良い砂浜なんですよ。

さて次に行きましょう!4月22日に開通したばかりの白山ICをでて、能登有料道路にトランジット。

20120428_092408_l04c

気持ちいいね!能登有料道路で目指す先は・・・

20120428_101659_l04c

アスファルトが無くなってしまいましたcoldsweats02

そう、なぎさドライブウェイです。

20120428_095131_l04c

ドライブウェイといっても無料です。基本砂浜で公道でないようです。

区間、自分的ラリーモードに切り替えて60Km走行してみましたが、一般道のアスファルトより平坦でスムーズでした。余りにも気持ちよく走れるものだから、出口を行きすぎちゃうぐらいでした。

(雨が降ると溝ができるそうなので注意が必要とのこと)

途中、海の家がいっぱいあります。夏場は海水浴客が多くなるので、今日ほど広くもなくなり30km制限という標識が立てられるそうです。

そんなことをしながら時間を食って、それでも11時過ぎにはキャンプ場に到着しました。

能登中島でキャンプ(1日目 周辺観光)へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »