« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月23日 (月)

ちょっと広島、駅弁旅行

今回の目的は「しゃもじかきめし」を現地ゲットして食べること。

最近、ロングセーラーな駅弁が外れなくおいしいことに気づいたこともあり、鉄な家族を連れ広島駅へと向かった。

お昼前には無くなるという噂もあったりで、予約しておけば良かったかと思いながらも広島駅前に到着!

大阪からは高速道路で5時間ほど、土日高速料金で半額3000円ぐらい、モビリオはガソリン満タンから到着時5リットル以上残ありというちょうどいい感じのロングドライブでした。

駅前駐車場は昼間30分150円、大阪駅と比べたらリーズナブルな感じ(^^♪

だからだろうか、少々人気で待ち時間15分ぐらいあった。結局13時過ぎに車を駐車し、早速駅弁売り場に寄ってみた。

「しゃもじかきめし、ありますか?」

「あるよ」

「じゃぁ一つ」

よしゲットだ。おっと家族の分は?だって

家族は魚介類が苦手だ。しかも、撮り鉄に夢中だから、昼食は後になるだろう。

20120121_141647_coolpix_s8000

ということで、ワクワクしながらゲットした駅弁をホームのベンチで開封!

んっ!開運 イイね

20120121_135312_coolpix_s8000

しゃもじの型をした赤い弁当箱がお目見え。ちょうどよさそうなサイズだ。

20120121_135430_coolpix_s8000

ちゃんと、お箸、手拭が付いていた。

輪ゴムをとりフタをあけてみると、写真イメージどおりかきめしお目見え。

じゃじゃーん♪

20120121_135615_coolpix_s8000

しかも、おたふくソースが付いているじゃないか。さすが広島。

20120121_135700_coolpix_s8000

ほおばってみる。

まずはおたふくソースを付けたカキフライ。いいぞ!いつもの広島牡蠣だ!でもエグさが程よい。おたふくソースが甘いが、素材の牡蠣も甘さがある。

じゃあ、かきめしの上に乗っている煮牡蠣、これもいい味だ。シンプルに牡蠣そのものが味わえる。

そしてご飯部分をほおばる。

次はかき味噌和え…どうなんだ、酢味噌って、んっ、酢味噌の酸味と牡蠣そのものの甘さがぐっとマッチング。1つしか入っていないのが惜しいが、それくらいが全体のバランスなのかも。

ご飯も牡蠣の味がしみこんでいるなぁと、思っていると、牡蠣がバラけて入っていた。そうそう、このご飯部分がメインの「かきめし」^^; 牡蠣の炊き込みご飯のようです。

牡蠣三昧で幸せでした。

しゃもじのもち手部分にあたるところには、じゃこ煮と広島菜漬け、これも美味しいご当地の味らしい。

形だけかとも思っていたが、色々な牡蠣が楽しめて美味しかった。大きさも心配していたが弁当的に普通量サイズでちょうど良かった。

腹ごしらえも終わったので、少し撮り鉄に付き合う。

20120121koshu
(平成23年3月17日以降 スーパーひたち予定の JR東日本E657系 甲種輸送)
(山口県 日立製作所から納品輸送中の車体が動画でなんとか撮れました)

その後、市電を撮るというので、どちらかと言うと乗り鉄な私は、ついで乗って広島ドームへ行こうと提案するとOKとのこと。

広島市電は私の好きな阪堺電車と比べ物にならないぐらい大人気。途中満員電車状態になりました。どこまで乗っても大人150円、子供80円というのもいいですね。

阪堺線は方向的に他の鉄道と競合しますからしょうがないです。昨年から阪堺線もどこまで乗っても200円になって使いやすくなりましたので、返り咲いてきていますが、まだまだです。

広島市電に揺られ、結構な急発進、急停車ぎみ、阪堺線の動力性能の比でないぐらい、その制動性はバスに近いといってもいいでしょうか。

広島ドーム前に着きまして、初めてドームを見ました。

20120121_160427_coolpix_s8000

でも、平成24年3月31日まで健全度調査とかで足場がありましたので、解体中の建物にしか見えず、物理的なもののためか、保存工事をしているとは云うが古さだけは感じました。

こういうものは、年月と共に風化、薄れるものかと・・・

ということで、資料としてある当時の写真と、その現物とを照らし合わせて想像しますと、一瞬で吹き飛ばし、当時丈夫そうだったこのドームもこんなになって、原爆の恐ろしさを感じることが出来ました。

17時ごろ、広島駅前を出発、また来た道を引き返しはじめました。帰宅は21時30分過ぎ。手ごろな日帰り旅行でした。

20120123_202728_coolpix_s8000

おみやげ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

IE64bit に Silverlight 64bitプラグイン入れてみた

Internet Explorer 64bit は、プラグインに64bitのものが無くてWindows7に標準装備になってもIE32bitを使わざるを得なかったですが、いつの間にか使えるようになっていました。

64bitプラグインはFlashが去年11月に対応したのでインストールしていました。Silverlightも12月に対応したらしく、主要な64bitプラグインがそろったので、今日それらをインストールしてみたら、Yahoo関係のGaoコンテンツも皆見えるようになりました。

やっとWindows7 64bitでネイティブなブラウザが使えるようになりました。(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

冬の北海道とり鉄旅行(6日目)…トワイライトエクスプレス大阪到着編

続きです。

1/2 トワイライトエクスプレス車中です。4時23分定刻どおり新潟の新津駅に到着。その少し前から目をさましました。

そうこうしているうちに、朝いちばんに予約となった朝食の時間です。食堂車であるダイナプレースで6時~6時30分と利用できる時間の割り当てが決まっています。正月ですのでお箸が寿でしたgood

20120102_060129_coolpix_s8000

これもおいしく、いただきました。

寝台に戻ると、夜が明けてきました。GPSにはスピードが表示されています。

20120102_074949_coolpix_s8000

車内の小物?を少し撮影。

20120102_095627_coolpix_s8000

金沢辺りで一時雪が少なくなりましたが、南条駅あたりから、まだ雪深くなってきました。

そのような風景にトワイライトエクスプレスの撮影が映えるのか、撮り鉄さんが雪の中見え隠れします。

20120102_102343_coolpix_s8000

福井県の敦賀駅で青森信号所から牽引してきた機関車と別れます。ここだけ機関車交換の様子を乗客もホームに降りてみることができます。

20120102_103911_coolpix_s8000

しばらく、大阪まで牽引する機関車の到着を待ちます。

20120102_104134_coolpix_s8000

来ましたよ。

20120102_104500_coolpix_s8000

連結・・・

20120102_104523_coolpix_s8000

連結完了!

20120102_104852_coolpix_s8000

この後、車内イベントがありました。正月特別企画とのこと。

面白い車掌さんで楽しい列車旅となりましたhappy01また乗りたいですね。

20120102_110935_coolpix_s8000

イベントが終わるころ、もう琵琶湖!

雪も全くなくなりました。ぽかぽか陽気です。

20120102_114106_coolpix_s8000

この、湖西線の間に強風で少しだけ徐行することがありましたが、あっという間に大津、京都に到着し、終点大阪駅に着きました。

毎日利用する京都線でしたが、寝台だと風景も変わった気がしましたヨ。

20120102_131944_coolpix_s8000

無事大阪駅に到着しました。

今まで雪景色をみてきたので雪のない街をみるのが不思議に思えました。

あらためてレールは繋がっていたのだなぁ・・・とthink

終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の北海道とり鉄旅行(5日目)…トワイライトエクスプレス札幌発編

続きです。

元旦の午後、とうとうこの時間がやってきました。北海道から徐々に離れていくことになります。とともに、この旅のメインイベントの一つともなります。

20120101_134433_coolpix_s8000

さぁ、乗り込みます。

20120101_135203_coolpix_s8000

列車で一番安いBコンバート

20120101_135210_coolpix_s8000

オハネフ25 車両番号502

どんな列車旅になるだろうか・・・

20120101_141709_coolpix_s8000

入るなり、車内の設備確認です。ずいぶん昔に寝台特急は日本海に乗ったことがあります。Bコンバートなので、それとあまり変わりませんが、装飾が少し豪華な感じで全然悪くない。

列車は定刻通りに発車し、札幌市内を抜け林を抜けていきます。

20120101_142120_coolpix_s8000

札幌発、Bコンバートは9号車で最後尾の客車になります。その後ろに連結しているのは荷物室のついた電源車両のカニというもの。

20120101_143137_coolpix_s8000

雪の中を進みます。

20120101_160817_coolpix_s8000

途中、北海道内最後の乗車駅洞爺に到着。すこし待ち時間があるのでパチリ

20120101_162655_coolpix_s8000

20120101_162902_coolpix_s8000

乗車中の9号車Bコンバートを記録

20120101_163002_coolpix_s8000

洞爺の地で網干総合車両所所属の車両ね。こんな遠方で、不思議な感じがします。

20120101_163033_coolpix_s8000

17時ごろ、日本懐石御前が届きました。食堂担当者が4号車からはるばる持ってきてくれるのです。ご苦労様です。

せっかく、苦労して持ってこられたものですが、この一つだけ私が蹴ってしまい少し内容物が偏った状態にcoldsweats02 まぁ、食べたら一緒だ・・・開き直り

20120101_172034_coolpix_s8000

アツアツのお汁と、やっぱりビールかい?弁当が配られる少し前にアルコール類の販売もありましたのでゲットしておきました。

20120101_172232_coolpix_s8000

夕食もおいしくいただいた後、お手洗いなどへ・・・

各車両にそれぞれ手洗いがあるので混んで足りないということはないようです。

洗面所もこのとおりです。ヒゲソリとかかれたコンセントがあるのですが、それでデジものを充電している方が多数いました。

20120101_191421_coolpix_s8000

Bコンバートの寝台一つ一つにはランプとFMラジオ(使えるかどうかわからない)、非常ボタンがありました。

20120101_191453_coolpix_s8000

20時ごろ、小腹が空いてきたと思ったら、コーヒーとマドレーヌの販売があったのでゲット。

20120101_200131_coolpix_s8000

ブラジルコーヒーかな、飲み終わったころ列車は青函トンネルへ。

青函トンネルは2015年に新幹線も走る工事中とのこと。在来線との共用トンネルなるとのこと。そんな車掌さんのアナウンスも聞きながら・・・

あれれ、もう新幹線走ってるよ。

20120101_201251_coolpix_s8000

その20分後、青森県の蟹田駅に到着。ここからは、JR北海道の車掌さんに分かれてJR西日本の車掌さんが乗り込みました。そんなやり取りが車掌室付の9号車でしたので聞こえてきました。

そのうち五稜郭で交換した青函トンネル専用機関車を青森信号所でJR西日本の機関車に交換。そのころからうとうと・・・と。明日も早いのでsleepy

冬の北海道とり鉄旅行(6日目)に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の北海道とり鉄旅行(5日目)…元日の札幌編

1/1 元旦の札幌編

夜中の間に路面は凍っています。そこを自転車で渡る人が・・・スパイクタイヤでもついているのか?私ならちょっと走る気になれないなぁ。

ほんの若干ですが自転車やバイクで走行している人を見かけるときがあります。

20120101_070320_coolpix_s8000

それはさておき、元旦の夜明けです。

あいにく窓が西側向きなので朝日にうつる山々です。

20120101_072656_coolpix_s8000_2

本日も元気に朝食バイキングを食してから、チェックアウトして出かけます。

元旦の朝、札幌駅は向かって走ってくる人が多いです。なぜか?

人がいっぱいと思ってみれば福袋狙いで並んでいる人たち。このために列車で駅に着くなり走っていたのでした。

すすきの方面に地下鉄で移動し、家族の付き合いで、この乗り物に・・・

札幌市電ですが、SNOW MIKU 2012 とある

20120101_115209_sh03c

これで西4丁目~すすきのの全線乗りました。温かいし良い寝心地でしたcoldsweats01

西4丁目も10時過ぎには福袋を抱えた人が大勢いましたが、徐々にそれも引け、次は破魔矢を持った人が見えるようになってきました。もう、お昼すぎ。

1325387754445_4

こんかいは、おぢぢでラーメンをいただきました。

他の様々にアレンジされたラーメンと違い元祖札幌ラーメンらしくおいしかったです。

20120101_124623_coolpix_s8000_3

このあたりのラーメン屋ご主人の多くは訪れるたびに「どこから来たの」という声を掛けてこられます。「大阪から」というと、少し話はあるものの、必ず「次はどこへ?」と聞いてこられます。旅人へのあいさつみたいなものですね。

しかし、なぜだかここが最後のポイントだったりします。「もう今日の○○で帰ります」

残念ながら、北海道滞在時間が無くなってきました。

次のブログに続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の北海道とり鉄旅行(4日目)…大晦日の札幌編

小樽編からの続きです。

大晦日の札幌に戻ってきました。ここから家族の撮り鉄にお付き合いとなります。

札幌駅隣の苗穂駅にある車両基地です。ここで、少し撮りをしていました。

20111231_125511_coolpix_s8000

この後すぐに札幌アスペンホテルにチェックインして荷物を部屋に置いて、また札幌駅へ

ホテルが駅前だから楽~♪大晦日は駅前で過ごすことになります。

20111231_133322_coolpix_s8000

札幌駅はいろいろな長距離列車が発着しますなぁ。

20111231_170814_coolpix_s8000

明日乗りますが、乗るときは忙しくて移してられないかもしれないので先取りです。厳密には編成が違ったりするそうですが・・・良しとして。

20111231_140505_coolpix_s8000

お昼は、札幌駅ステラプレイス内の麻ほろで・・・今回は運転しないからビールが飲めるbeer

20111231_144207_coolpix_s8000

その後も、家族は撮り鉄を続けていたが、私は他を見たいので札幌駅あたりをプラプラしながらホテルに戻ることに。

大晦日だけあって大丸地下街は正月の完成版御節の調達やら、紅白でも見ながらお寿司でしょうか?7000円ほどのお寿司などを調達する列でごった返していました。

ソフマップ札幌店に行ってみたかったのですが、ビックカメラに吸収合併して小さな売り場しか残っていませんでした。ビックカメラがあれば自作PC部品と中古PC以外はかぶってしまいますからね。やむを得んですね。ビックカメラの福袋の発表板も店頭にあり、思わず並ぼうかと思いましたwww

そのほかの各店舗も正月飾りにチェンジの作業で忙しそうです。明日売り出しの福袋のセッティングも見え隠れします。

先にホテルに戻って、テレビを見ながらくつろいでいました。たまたま放映していたテレビがSLの復活だったので、思わず撮り鉄になってしまいましたcoldsweats01

20111231_161318_coolpix_s8000

駅前ホテルなので、駅と行き来が楽で、夕方からも駅に出向きました。駅に住んでいる感覚になってきました。

なので、大晦日の夕食はこれにしました。

20111231_185620_coolpix_s8000

20111231_185810_coolpix_s8000_2

ガキの使い 大晦日年越しSP!! 笑ってはいけない空港24時!!でも見ながら、年明けが近づきます。

20111231_201752_coolpix_s8000

ホテルが宿泊者に無料配布していた、どん兵衛鴨だしそばも食べながら時は過ぎ・・・

いつのまにか寝ていた。sleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の北海道とり鉄旅行(4日目)…登別温泉編

続きです。

大晦日ですね。今日は早朝から忙しい・・・スケジュールどおり始めました。

まず、白々夜が明けてきたころから地獄谷観光です。外はまだ人がほとんどいません。

20111231_064511_coolpix_s8000

人がいたと思ったら、雪をかぶった鬼さんでした。昨晩はパチンコ屋じゃなかったですか?

20111231_064628_coolpix_s8000

地獄谷に行く小道には多分にきつねの足跡があるのみでした。

20111231_065544_coolpix_s8000_2

地獄谷を整備管理される方々が入り口で仕事を始めだしたころでした。その方々にあいさつをしながらの地獄谷入り。

地獄谷からホテルを望む~

20111231_065732_coolpix_s8000

奥にある鉄源泉まで行ってみました。

穏やかですね。何もないので引き返そうかと思った頃・・・

20111231_070146_coolpix_s8000

ブクブクブク、、うわぁ~泡立って水蒸気がもやってきました。大きな加湿器状態です。

説明をよく読むと間欠泉でした。何度か来ているのに気付いていませんでしたcoldsweats01

20111231_070319_coolpix_s8000

地獄谷の帰り道、整備の方が観光客の足元が滑らないよう砂をまいていました。

ケーキにチョコアートのようです。作業の方々には寒い中ご苦労様です。

20111231_070911_coolpix_s8000_2

さぁ、ホテルに帰ったら朝食だぁ。昼間の行動に備えてたくさん食べるぞぉ!

というわけで、バイキングでこれらをチョイス。どれもおいしいかったですdelicious

20111231_073938_coolpix_s8000

食べたら、行くぜ。登別のアイドルといえば鬼さん以外にもいるだろ。

チェックアウトとともに、荷物をクロークに預けて行くよ。

ホテルの裏手に少し登ったところから、まずはゴンドラに乗る。向かうはその頂上。

20111231_084059_coolpix_s8000

後ろを振り向くと、絶景~eye

オロフレから洞爺方面、室蘭方面が一望。

20111231_084727_coolpix_s8000

間もなく山頂に到着。早速に登別のアイドルがいるのぼりべつクマ牧場入り。

ここでも一番客でした。

20111231_085120_coolpix_s8000

指で口を鳴らす熊がいるというので、注視していると・・・居ましたよ。(写真は無いですが)

どうも、かわいすぎます。他に撮った写真は狸のようにかわいいものばかりでしたので、一番熊らしかった写真にしておきます。

このクマ牧場、見晴が良いので観光スポットをもう一つ見ることができます。あの赤茶のヒグマ博物館の屋上に上るのです。

20111231_090802_coolpix_s8000

クッタラ湖です。摩周湖に次ぐ透明度らしいですが冬季は道路が閉鎖しているので行けません。

20111231_091034_coolpix_s8000

そのほかにも太平洋側が一望できます。このクマ牧場、いろいろありますが、時間もないので温泉街へ再び戻りました。

クロークの荷物を受け取り、ホテルで手配された送迎バスに乗り込みます。予約制ですが500円で札幌に戻れます。

北海道の冬は、こうした少額もしくは無料で長距離送迎バスを利用できるところ目立ちます。財布にやさしく、しかも雪道を自家用車では大変なのでありがたいことです。

実はこのパターンで、次の冬も考えていますcoldsweats01 あなたもいかがですか?

夜明けの7時前から9時40分まで、足早に登別観光しました。10時出発の送迎バスにて札幌に戻ります。

20111231_103830_coolpix_s8000

高速道路を順調にすすむ。

20111231_110505_coolpix_s8000_2

4日目、大晦日の札幌編に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

冬の北海道とり鉄旅行(3日目)…札幌~登別温泉編

12月30日(3日目)札幌~登別温泉編

小樽から札幌移動後の、続きです。

札幌駅のストーブぬくぬくの待合で家族と合流後、一路小樽温泉へ列車で向かいました。青春18きっぷ仕様で行きました。

途中、苫小牧駅で数十分待ち合わせがあったので、札幌駅で買った駅弁を開けました。発熱機能付の弁当でしたので、蒸気がモクモク。

20111230_135904_coolpix_s8000

実は、車内で食べようかと思いましたが、30分弱ごとに乗換えと時間的にゆっくりするときがなく、結局苫小牧駅となってしまいました。

ここまで来ると、かつて寄った駅横のドン・キホーテにおいしいラーメン屋があったのですが・・・とおもいつつも、駅弁を食べてみる。

サロマ湖のかきがフォアグラ状態でうまいdelicious

温かいし、これいいね、かきめし弁当。(よほどお腹が空いていたのかかきののった弁当写真は撮っていない)

登別方面へ乗った列車の車窓からは、何時もの車から見る車窓とはまたひとあじ違った風景を望みながら登別駅に着いた。

20111230_153956_coolpix_s8000

ここで、後からすぐに特別列車のトワイライトエクスプレス大阪行きが到着した。

若いカップルが満足そうに乗車していった。

明後日には私たちも同じような心境で乗り込むのですね。

20111230_153447_coolpix_s8000

登別駅からはタクシーに乗り込み温泉街へ。タクシーのタイヤはすべりまくりで大変だった。やっぱり冬は列車に限ると思った。

今日は第一滝本館。夜・朝食付ですこしだけ奮発。

20111230_170120_coolpix_s8000

ここはいい宿と聞いていたが、本当に良かった。

温泉は広いし、泉源から違う種類は多いし、おかげで久しぶりにのぼせました。

サービスも良かったですね。あっ、なんとコインランドリーが無料・・・だから単なるランドリー?

20111230_171512_coolpix_s8000

16時にチェックインしたので、夕食までにかま栄のしょうが揚に食らいつく。ふっくらとした食感といい味もいいんだよね。・・・よしこれでしばらくもつ。少し出かけよう。

20111230_162050_coolpix_s8000

時間は17時、ちょうど閻魔堂の大きなからくり人形である閻魔大王様が動き出す。

20111230_170406_coolpix_s8000

からくり人形といえ、来るたび何度も見ているか形相が怖い。

20111230_171153_coolpix_s8000

途中、問題の鬼の棒を発見coldsweats02

鬼もパチンコするのかねぇ。

夕食タイムはバイキング、おいしくておいしくて、この後、この何倍は色々おかわりしましたよdelicious

20111230_193020_coolpix_s8000

4日目登別温泉~札幌に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の北海道とり鉄旅行(3日目)…小樽その2編

その1から続きです。

小樽運河を後にし、歩きます。

運河沿いの臨港線を札幌側にてくてく、於古発川(妙見川)に出くわしたところで、寿司屋通り方面へ上がります。

20111230_085230_coolpix_s8000

大正硝子館前をすり抜けて上がります。吹き硝子製作体験ができるところらしいですがまた次の機会に・・・

20111230_085321_coolpix_s8000

大正硝子館さんやってくれますね。こんなデカい雪だるまなら、家族でぶらりしていたら、絶対引き込まれてしまいます。

しかし、予定があるので先を急ぎます。

堺町本通りに入りますと、お店がいっぱいあります。

つららがすごい。鍾乳洞並みeye大阪じゃこんな大きなつららは絶対ありえない。

20111230_085501_coolpix_s8000

時間的に開店直前のところが多かったので、通りは準備に追われているようです。

増える車に備えてか道路の雪も重機で除ける作業をしています。

20111230_090248_coolpix_s8000

ルタオ前にたどり着きました。ここで早朝から外で試食を配布しているお兄さんにチョコを試食させてもらいましたdelicious

家族よりルタオで買ってきてといわれているものがあったが、ほんのちょっと先まで行きたかったのでおいしいチョコをもぐもぐさせながらパスします。

20111230_091432_coolpix_s8000

夏に来たときに時間がなくかろうじて撮影したオルゴール館をゆっくりと撮影。

一応折り返しポイントとしました。

今回は、手前にある常夜灯の方が気になり、じっくり板を読んでみる。

小樽港は元は手宮港であったが改名されたとのこと、その当時からあった歴史あるいわば灯台だったという。現在は見るところ石造りだが、明治7年に焼失し平成9年に今の状態に復元したとあるので、元は木造などだったのだろう。

20111230_090728_coolpix_s8000

小樽港はかつて手宮港といわれていたのか・・・一つ明らかになってきた。

引き返して、すぐ横は小樽洋菓子本舗のルタオです。頼まれていた買い物をして、次は今回歩きまわりの第一目的としていた北一硝子に入りました。

札幌で撮り鉄している家族の為に、一応ここでも撮り鉄しておきます。

床に写っているレールですね。かつて港から現在はこの北一硝子店舗になっている倉庫に伸びていたレールを位置そのままに保存してあるというもの。

20111230_101002_coolpix_s8000

入店すると、すかさず「石油ランプの売り場はどこですか?」と聞く。夏に来たときは分からず閉店ギリギリだったため、あきらめたところ。

あれ、臨港線側のフロアだったのですね。

入っていくと、開店直後だったので店員さんの数の方が多い多い、少し恐縮。

ほしかった石油ランプ。本格的かつ小型をと考えて2分ランプをゲットしましたhappy01

20111230_093912_coolpix_s8000
(店員さんにお願いしてパチリ)

そのあと、同じ館内にあるカフェでコーヒーを一杯、まった~りcatface

カフェ内は石油ランプが灯されいて何とも癒されます。

2011_12_30_09_45_36

結構な時が流れ、、、おっと次に行かなくては

海鮮のファーストフード?ということかま栄工場直営店に寄りました。

揚げかまぼこをゲット。

20111230_102738_coolpix_s8000

12時に札幌駅集合でしたので、小樽駅を目指します。

20111230_103155_coolpix_s8000

堺町本通りを上がって行きます。

すると、政寿司本店のところで道の両脇に登れる解放された区域が現れます。

雪に覆われ階段か何かわからないところを足元を確認しながら急ぎ登ります。

20111230_103640_coolpix_s8000

政寿司と反対側の空間へ登ってみます。

すると、なんら案内板と解放された区域が奥へ続いています。

手宮線の廃線跡地で公園になっていたのです。

20111230_103655_coolpix_s8000

ここは、あまり誰も入っていなく深雪のままでした。

深雪を踏み込みながら立て看板の説明場所に、、深雪歩くのはめったにないcoldsweats01

20111230_103728_coolpix_s8000
(クリックで大表示)

この際せっかくだからこの廃線跡を歩いて行こう。

ちょうど真ん中だけは、たまに通る人もいるのだろうか、雪が踏み固められていて歩きやすい。

線路は続くよ、ど~こまでも♪

おや、踏切があるよ

20111230_104054_coolpix_s8000

公園を横切る小道があるため、公園で遊ぶ人、公園を横切る人への注意と宣伝を兼ねたものでした。実際に踏切で使われていた鉄骨トラ模様の柵は実物で残っているようです。

さらに続くよ~♪あれ汽車がある。そりゃぁ、線路だからね。

20111230_104230_coolpix_s8000

公園の遊具でした。

それにしても遊んでいる人が一人もいないなぁ。と思っていましたら、次の日銀通りと交差するところ横で遊んでいる子供たちを発見。

ここは実際に使われていたであろう、大きめの踏切施設が残っていました。

20111230_104457_coolpix_s8000

ここで公園を後にし、この日銀通りを登って行きます。

雪上、氷上の歩き方も慣れてきたころ、小樽駅に到着しました。

20111230_105545_coolpix_s8000

ここで、青春18きっぷを買い求め、快速エアポートライナーの座席指定も買って一路札幌に向かいました。

あれ、ゆっくりしすぎたかな。まぁ12時には間に合うでしょう。

20111230_110909_coolpix_s8000

大阪では珍しい簡易なラッセル車も、適当にカメラ振ったら撮れました。

20111230_111126_coolpix_s8000

小樽札幌間って、海辺の景色がイイよ。と夏に列車移動した家族から聞いていたけど、確かにいい感じだよね。

20111230_111356_coolpix_s8000

あれ、小樽駅の緑の窓口で、何も言わなかったけど風景良い海側窓を取ってくれていたのね。発車3分前の指定席購入で急がせてごめんなさい<m(__)m>

これで、あっという間に札幌に着くことができました。

3日目、札幌~登別温泉編へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

冬の北海道とり鉄旅行(3日目)…小樽その1編

12月30日(3日目)

小樽運河での夜明けです。

20111230_063112_coolpix_s8000

20111230_063124_coolpix_s8000

去年だったか、年末年始雪が少なかったのでこの積もりかたには感動です。

よし腹ごしらえだ、朝食だぁ!

20111230_072158_coolpix_s8000

ホテル ソニアの朝食バイキングは結構イケるね。

寿司職人さんが作っているような味付けです。おいしいgood

部屋に戻って出かける準備中、部屋の窓から見える小樽運河にある倉庫(レストラン)をパチリ

つららがすごいsnow

20111230_080437_coolpix_s8000

さぁ、出かけます。

ここから家族と別れてひとり小樽を歩き回ります。家族は先に札幌に用事(撮り鉄らしい)があるらしく小樽駅に向かいましたです。

夏に回ったときは、軒並み土産店が6時ごろに閉店したので、ほんの少ししか回れず残念だったから、今回は午前中思いきり歩き回ります。

ちなみに”各店舗の閉店時間が早すぎる”と思う。

そのため、長年小樽は何もないところと勘違いして、ずっとスルーしていた^^;

ただ、それが小樽という風情を出しているかもしれない・・・

まずは、小樽運河から

20111230_083923_coolpix_s8000

お~おぉ!これこれ、雪が手すりにまでかぶるまでに積もった運河の歩道happy01

長年行ってみたかった状態です。

運河は一部が凍ってます。

20111230_084105_coolpix_s8000

では、雪満タンの歩道を歩きます。

20111230_084148_coolpix_s8000

広場に着きました。

氷点下3.9℃。でもなんだか京都とかのように底冷えなく寒くないね。

20111230_084537_coolpix_s8000

何度も何度もここには訪れましたが・・・

20111230_084905_coolpix_s8000

やっぱり雪景色が一番でした。

小樽運河には名残惜しいですが、次の小樽スポットに移動します。

さぁ!雪上をどんどん歩こう・・・

(3日目)小樽その2に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

冬の北海道とり鉄旅行(2日目)…海より小樽に到着編

12月29日(2日目)

寝たのは朝方4時過ぎというのに8時過ぎには目が覚め船内ウロウロ徘徊

20111229_085118_coolpix_s8000

まだここか…

しかし、夏の海と違って揺れる。といってもそれほどの時化ではないが。

後で聞くと、私が寝ている間が一番ひどい揺れ、というかジェットコースター様だったとのこと。知~らないcoldsweats01

20111229_085507_coolpix_s8000

家族は少し酔っているようだ。

仕方がないので、10時に開店した売店でパンを買いこみ一人朝飯とする。

20111229_101916_coolpix_s8000

あまり進んでないようだが、GPSによると50kmで前進している。

20111229_132114_coolpix_s8000

船の前方にあるフォワードサロンの窓、昼間でもカーテンがしてあると思ってみると冬場は窓の外にも氷避けだろうか板が全部にしてあった。

そんなことして過ごしているうちに、もう晩飯・・・

20111229_185609_coolpix_s8000

(↑晩飯のメインディッシュ)

20111229_185915_coolpix_s8000

(↑基、こちらがメインディッシュ)

この時点でも、家族1名食べられない様子。酔わない体質で得した気分。船旅の楽しみは食事だもんね。

20111229_211532_coolpix_s8000

(↑夜な夜な、こんな機材で旅の記録をする)

20111229_230406_coolpix_s8000

23時、こうしているうちに積丹半島、灯台の明かりが見える。夏場も同じ場所でみたときはイカ釣り漁船だらけだったが、今はいない。

0時30分、3時間40分遅れで小樽港に着いた。

お~ぉ!雪の小樽港だぁ!感激happy01

20111230_003704_coolpix_s8000

夏は毎回毎回この小樽港を起点に北海道を回遊する。しかし、先を焦るせいか小樽をゆっくりまわったことがない。そんな小樽、今回は少しだけ翌朝に観光計画を盛り込んでいます。それは(3日目)のブログにて。

さて、ホテルに向かう途中、本来なら夜にも予定していた政寿司での晩飯…お流れとなってしまった。

小樽運河前の公園でタクシーを降り

20111230_005937_coolpix_s8000_2

(氷点下~)

20111230_010023_coolpix_s8000_2

運河も雪

20111230_010157_coolpix_s8000

運河横の交差点も雪

ギュッギュッと踏みしめ、運河横のホテルにたどり着いた。

20111230_011138_coolpix_s8000

出来た当初から前の道を通るたびに少し気になっていたホテルソニアです。

少しレトロな雰囲気といい、部屋の窓から見える運河の雪景色といい、いい感じです。

20111230_011737_coolpix_s8000

(↑部屋に対して少し人数が多いのでこれ)

ちなみに、隣の建物にライブカメラがありましてこのホテルの窓からの風景にも近いものとなります。

Link_stv←小樽運河のライブカメラ

さて、この日も夜中1時チェックインということで遅いので寝ます。zzz

3日目へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »