« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

和歌山県有田川町 鉄道公園~かなや明恵峡温泉

今日は有田川町鉄道公園をおもに有田川町を散策rvcar

シルバーウィーク、和歌山へキャンプを構想していたが目的としていたところは被災してしまったため、復興を願いつつしばしペンディング。

それでも和歌山方面行きたいと思っていたところ、子供が有田鉄道を見に行きたいという。

これは既に廃線になっていて公園に一部が保管されているらしい。

そういうわけで、今まで素通りしていた有田川町に出向くことになった。

下調べしてみると、おぉっ!いろいろスポットがある。~温泉多いな。あれ、よさそうなキャンプ場もある♪

とりあえず有田鉄道の遺産といえる有田町鉄道公園を目指す。

大阪から高速で直ぐでした。というかいつも行く釣り場の山向こう。混まなければ直ぐ。

鉄道公園入口にはD51が鎮座!

20110924_113715_canon_ixy_200f

来てから気づいたが、有田川町のスポットを周遊するバスがありました。なんと無料!

これなら、電車で来るものもいいかも・・・

20110924_113939_canon_ixy_200f

しかしここ、車両がおかれた普通の公園のようにも見えます。近所の人たちが遊びにきてキャッチボールなどしています。

奥の方に行くと、何やら車輌がさらに展示してあるよう、そして建物がありました。

この建物が、鉄道交流館というもので、入場してみました。大人200円。

20110924_114742_canon_ixy_200f

中には大きなジオラマがありまして、Nゲージはレールレンタル、車両レンタルができるとのこと。持ち込み車両もOK。

んじゃ、今度持ってきて自分の103系を走らせよっと。たま電車も持ってこよっと。いつの間にか子供の影響で鉄になっておる(・_・)エッ....?

20110924_121100_canon_ixy_200f

ところで、ここでの目玉は実車キハ58003、動態保存!

20110924_114319_canon_ixy_200f

これはなんと、かつての有田鉄道金谷駅と公園の端(D51が保管している付近)の200mほどを往復してくれるのです。しかも、100円で乗れます。

動かしていないときは、休憩所となっていて、その間は無料で中に入れます。

20110924_123710_canon_ixy_200f

この列車、国鉄時代のキハ58もどきだそうで、キハ58から部品取りしたものが付いているので、ほとんどキハ58様相^^;

いやぁ~、昔を思い出し、中で旅情に任せ抹茶ソフトクリームなんぞ食べました。
本当の昔の思い出にある食べ物は、小さなプラスチックボトルに入ったお茶または小さな缶切りで空けるみかんジュースと釜めし弁当だったのですが・・・茶つながりということで。。。無理( ̄▽ ̄)

20110924_125214_canon_ixy_200f

何やらボックスになった座席の横にこのようなボタン。

係員「暑かったら押していただいて結構です。扇風機が回りますよ」

ならば、「ぽちっとな」

20110924_125223_canon_ixy_200f

動態保存最高。元気よく国鉄扇風機が回ります。

では、200mほどのキハ58003の往復旅、いってみよ。

20110924_131140_canon_ixy_200f

ほんの少しじゃないかとおもうだろうが、いやいや、しっかりキハ58をたった100円で味わえます。

20110924_131048_canon_ixy_200f

金谷駅では5分間停車、下りて少しだけ散策可能です。

鉄道公園で遊んだあとは、ここから数キロ山に入ったところにある「かなや明恵峡温泉」で昼食をして、温泉に入りました。

20110924_132806_canon_ixy_200f

みかん畑の見える里山を見ながらの温泉も格別でした。

その後、もう少し山手の方に入りたかったのですが、「国道480号 川口地内での土砂崩れのため道路のり面崩壊、復旧不明」ということで行けず。

道の駅 明恵ふるさと館 で 黎明 という地鶏の焼き鳥串を晩飯用に買って帰りました。

・・・

晩飯にて「うまぁ~!」

20110924_161709_canon_ixy_digital_8

「身が締まっていて歯ごたえがあって、ジューシーだなこれ、いけるで、ぷっふぁ~」

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

境港公共マリーナキャンプ場 鳥取県境港市 3日目

<3日目>

前夜のキャンプ場横を走る車の騒音に耳栓で対策musicこれがけっこう効果あり、他のキャンプ場でも、たまに深夜まで騒がしい人たちがいて参る時があるが、その時にも使えそう。

キャンプ場にイヤーウィスパーear新しいキャンプアイテムになりました。

さてさて、夜中に風と雨が強くなってきた。時折突風で雨がテントをたたきつける。

串本の様そう・・・ただ今回はロープをしっかり張っているので多少は大丈夫。

夜が明けてもずっと雨模様、朝食をテントの中で済ませ、くつろいだ後の朝8時ごろ、若干の風雨の中の撤収することにしました。

今回は台風の風雨も考慮してシンプルにテントだけにしていたので、あっという間に撤収できました。といっても、テントを濡れたまま丸めて大きなビニール袋に詰め込むだけです。

帰りは順調で昼過ぎには自宅に着きました。大阪は日差しもあったので、濡れたテントを乾かすことができ、いい感じにキャンプを終えることができました。

20110919_125404_canon_ixy_200f

| | コメント (0) | トラックバック (0)

境港公共マリーナキャンプ場 鳥取県境港市 2日目

<2日目> 晴れのち雨

今どきの子は和式が難しいのですね┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
日の出とともに洋式トイレを探して近くのマクドナルドへ。キャンプ場サイトがある場所のトイレはすべて和式、洋式は管理棟にありますが、5:30であったため管理棟は6:00からということで、間に合わず外へ・・・

しかし、ここは住宅地郊外、いろいろあります。マクドナルドも24時間タイプでした。結局朝マックでマフィンが朝食fastfoodとなりました。

ところで、この時期ここの日の出は海岸より望めて綺麗でしたfuji

今日はあのレールウェイの舞台となった一畑電鉄を見に行くことになってまして・・・

終点の松江しんじ湖温泉駅

いのなだ駅

片方の終点の出雲大社前と移動しつつ

出雲大社へ参拝しました。

もちろん、このあたりの名物、割子そば(「いとう」というそば屋)もいただきました。

20110918_120532_canon_ixy_200f

この後は境港に戻り、水木ロード散策をすることに。

夕食は、キャンプ場近くのショッピング街にある回転すしにしました。

日曜日のため私お勧めの居酒屋が定休日のため(ノ_-。)

お風呂は昨日と同じで皆生温泉へ、この温泉なんだか肌にいい感じがして気に入った。

そしてキャンプ場に戻ると、今日は午後は雨になったのにも関わらず、キャンプ者が増えていました。

22時ごろ就寝。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

境港公共マリーナキャンプ場 鳥取県境港市 1日目

2011年9月17日~2011年9月19日
3連休キャンプに行くしかない!しかし、台風と前線南下の影響で雨気味・・・

岡山のキャンプ場でカヤックでもしようと思っていたが、雨では面白くない。

そこで今回は、自分で名づけて「観光キャンプ」に決め込んだ。キャンプ場ではテントを張って主に寝るだけにする。そのほかは観光に明け暮れるというもの。

ただこれでも、上げ膳据え膳でなく、その地で自ら生活することになるので、ショートながらも住んでる感覚になって面白い。

それで場所は境港、キャンプ場は境港公共マリーナキャンプ場にした。

昨年の同時期、境港の境水道でボート免許をとるため練習したところで、魚がおいしくいいところだったので、家族ともども紹介がてらこの地にしました。

<1日目>

往路、雨が降ったりやんだり^^;

20110917_121856_canon_ixy_digital_8

途中、蒜山高原SA(下り)で食べたプリンは美味かったっす。

20110917_122043_canon_ixy_digital_8

もちもちとっしたプリンは口に入れるとミルク濃厚な香りとともにとろけます。

おっと寄り道だぁ^^;もとにもどり、キャンプ場に着いたところから・・・

20110917_143217_canon_ixy_digital_8

少し足元の草が延びているキャンプ場、横は幹線道路でうるさい。街中の少し広い公園と思ってもらえればよい。

しかし、その分街中の便利さが車ですぐの範囲にたくさんあるので便利だった。もちろん携帯もOK、PHSもOKだった。

ちなみに、トイレは水洗和式、水道はいたるところにあり、サイトのよし悪しは場所により違いが大いにあるので、決めるのが難しかったりする。

ここは、浜横なので風の心配をして、テント設置時は風がなかったものの、張り綱を多めにしておいた(和歌山 串本の経験から)。

設営後、家族の希望で米子駅で昼食・・・昨年食べてどう?と思ったマグロラーメンに再挑戦!

20110917_154558_canon_ixy_digital_8

おや、ここのはいける・・・ラーメンスープが良いのか、マグロの鮮度か焼き加減かはわからないがいける。

そして、1日目はうだうだと過ぎていき、夕刻に皆生温泉に行くことにした。

20110917_170700_canon_ixy_digital_8
(米子駅にて)

皆生温泉へは車で20分ぐらい、米子方面に行ったところにある。なかでも日帰り湯で安いOUランドに行ってみた。ここはホテルと併設でスーパー銭湯のようにいろいろあり、施設も新しくグレード感は高いとみた。

20110917_175028_canon_ixy_digital_8

安い分、石鹸など常設なしです。まぁタオル、石鹸、シャンプーはキャンプには持ってきていますのでノープロブレムです。

今日はここで夕食です。本当は昨年行っておいしかった居酒屋に行きたかったのですが・・・

20110917_195221_canon_ixy_digital_8
(豚の生姜焼き定食)

この後、キャンプ場に戻り、途中のコンビニで買ったポン焼酎で就寝するのでした。

ほんと、ポンジュースのようだから、つまみなしでいいです。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

ポンジュースでほろ酔い

ポンジュース大好き、酎ハイ大好き人間には興味がありました。

Img_1737


アサヒビール、みかん果汁を30%使用した酎ハイ「果実の瞬間 贅沢みかんテイスト」9/13新発売!

飲んでみました。

ポンジュースを微炭酸焼酎で割っているよう。酒というよりは微炭酸ポンジュースそのものという感じでおいしい。

Img_1738

この手の物はさらさらと飲めてしまいます。japaneseteaつまみがなくても大丈夫かも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

PCQ-HGR3S 古いハンディGPSを使ってみる

少し前にHOLUXのハンディGPSを買って電車内や船の窓から少し離れたところでも衛星をとらえるので、感度のよさに満足していたところです。

実はハンディGPSは、古くからSONYのPCQ-HGR3Sを持っていました。

Img_0001a

さて、この古いGPSが使えるかひっぱり出してきて試してみました。

まず、Windows7(64bit)で認識するか?

→付属CDからHandy GPS ユーティリティ類はインストールできてどうさするものの、ドライバが32bit版のためか認識してくれません。なので普通にアウト!

Windows XP は 普通にインストールできてドライバも動作。HGR3Sの操作が可能になりました。

この状態で、HGR3SからGPSログをCSV出力で吐き出させます。

吐き出したログはSONY独自のパターンのCSVデータであるため、各種Mapに軌跡表示やフォトロガーとして使えるようNMEフォーマットにでもします。

かつてはExcelを駆使して書き直していたのですが、汎用データコンバータ GpsLogCV というありがたいフリーソフトがあります。

これをダウンロード解凍後、中にあるgpslogcv.exeのファイル名を動作に合わせて書き直します。ファイル名によって変換方法が変わるプログラムらしいです。

CSVg2nme-ICSVg-ITOKYO-TNME-OR-DW-SA.exe

にリネームします。

このファイル名の部分的な意味合いは

  • CSVg : SONY GPS ユーティリティのCSVフォーマットを入力
  • nme : NMEフォーマットに変換出力
  • -ハイフン以降オプション表記になりまして
  • -ICSVg : SONY GPS ユーティリティのCSVフォーマットを入力
    (本当は本ファイル名にも記載しているので不要ですが、あっても問題ないです)
  • -ITOKYO : 入力フォーマットの地測系日本
    (本当は指示しなくてもデフォルトでこれになっているそうですので不要です)
  • -TNME : 出力フォーマットにNME
    (本当は本ファイル名にも記載しているので不要ですが、あっても問題ないです)
  • -OR : 異常値を総てスキップ
  • -DW : TOKYO(日本測地系)をWGS84(世界測地系)に変換
    SONY GPS ユーティリティで吐き出すデータは日本測地系です。2002年4月1日までは日本測地系が日本の地図で用いられ、それ以降は世界測地系に更新されてきています。GPSデータも日本測地系のまま、今の地図で表示すると約400m南東方向にずれて表示れます。(実際にしてみるとされました)
  • -SA : 異常値をスキップ

と、まぁ面倒くさいですが、これをファイル名にセットしておくとドロップするだけになるので便利です。

詳細は実行ファイルと一緒に入っているhtmlにも説明があって色々な変換方法が組めて便利です。ただ、この説明抜けているのもあるそうです^^; -DW

で、この実行ファイルにログCSVファイルをドロップすると、ログCSVのあるフォルダに~.nmeでNMEフォーマットのデータが出来上がります。

後はGoogle Mapなどで表示したければ、さらにNMEからKLMに変換するプログラムなどを使います。

では、では、後先逆になりましたが、GPS本体の使い勝手です。

POWERボタン長押しで電源オン

DISPLAYボタンを押下しながらPOWERボタンを長押しで、アルマナックデータを一度リセット

再度電源を入れて、お空のもと放置。リセット後は補足まで少し時間がかかりました。5分以上かな。

補足されて(衛星マークが3個)緯度経度が出たところで一度電源を落とす

再度電源を入れて、どれくらいで補足して緯度経度が表示されるか・・・2分強でした。

以降、同じような時間で補足して緯度経度が表示します。

古い時代のGPSですから、こんなものでしょう。

ちなみに、電車内などでも使ってみましたが、窓付近で衛星マーク1個が限界でした。

これまでの私が使用したうえでの実績から歩きや自転車取り付けでは、実用的なデータが取れました。自転車だと速度表示があるので速度計代わりにもなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

祝! 一級小型船舶操縦士試験合格

試験直後の回答発表との合わせによると全問正解で合格しました(^_^)v

20110901

実は、昨年二級合格の後、ステップアップで一級を目指して自学自習していたのですが、海図の解き方がどうにもわからない。

そうこうしているうちに、身体測定免除期限の1年が経とうとしている。

ということで、二級合格後3か月以内に一級合格を目指していたのですが、それからすると大きく予定が遅れ、今回は時間もないので島根でなく、こちらにお世話になりました。

学科講習を受けてみると、海図の解き方はものの1時間で基本がわかり、解けるようになりました。これで講習代3万円ほどの出費も結果良かったと思いました。

このままズルズルいって無駄に時間をとってしまうと、3万円で済むどころでないとも思っていたからでして。。。

これで5海里までの制限が無くなり80海里未満まで航行できます。しかし、いまのところ実船を操縦する機会がなく・・・

この9月も船を操縦する予定ですが、カヤックです^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »