« (3) 2011年夏 北海道キャンプ 朱鞠内湖キャンプ場~稚内公園キャンプ場 | トップページ | (5) 2011年夏 北海道キャンプ 利尻島ファミリーキャンプ場ゆ~に »

2011年8月10日 (水)

(4) 2011年夏 北海道キャンプ 稚内森林公園キャンプ場~利尻島ファミリーキャンプ場ゆ~に

8/2(火)くもりのち晴れ

07:00 家族要望で一時南稚内駅

09:00 テントを片付け稚内の防波堤(北防波堤ドーム)

20110802_091345_canon_ixy_200f

防波堤ドームと戦前の樺太への航路記念碑とC55型機関車車輪 遺産

 戦前、ここまでレールが引かれ駅舎とともに汽車が往来していたとのこと、そしてこの防波堤のドーム場内を連絡通路に樺太への連絡船桟橋へ人が行き来していたという。今も防波堤として機能しているとのこと。

 一度大規模な改修工事がされているせいか、最近できたものといってもわからないぐらい綺麗な姿です。

11:10 稚内→利尻島へ

20110802_104523_canon_ixy_200f

 ハートランドフェリーのこの船はくるまをバックで乗り込み、前進で下船の方式でした。
 船の大きさ的に中で旋回は無理か・・・

20110802_125133_canon_ixy_200f

13:00 利尻島の鷲泊港に到着
 利尻に到着したからには、ここでしか食べられない朝とれたての蝦夷ばふんうにの丼を食す。
 蝦夷ばふんうには、よくあるムラサキウニと違って色が濃い、そしてうまみが濃厚だぁ☆

20110802_131444_canon_ixy_200f

 そのときの漁により時価であったりします。フェリーターミナル2階の丸善さんは三千円でした。
 それにしても、うまいのぉ~o(^-^)o

15:30 利尻島ファミリーキャンプ場ゆ~に
 設営も完了、結構サイト稼働率いいです。いっぱいです。

20110802_140913_canon_ixy_digital_8

 キャンプ場から町(海)に向かう道、一直線
 右側の森の中にキャンプ場があります。ちなみに左側は温泉施設。便利!
 

17:00 姫沼へ
 ここでも結構、花咲いていますね。ただ利尻山はガスっていて見えない。(-.-;)
 しかたないので、ポン山を写しいてみる。

20110802_171438_canon_ixy_200f

周辺は花もちらほら

20110802_172056_canon_ixy_200f


20110802_173340_canon_ixy_200f

20110802_174256_canon_ixy_200f


18:20 キャンプ場に戻り、向かいの利尻温泉へ
 利尻で一番高いといっても一人500円ですが、いろいろ揃って綺麗で便利なセミオートキャンプ場です。
 サイトはすこしづつ区切られた苔・芝状です。
 バイクキャンパーやオートやらたくさん賑わっていました。
 さて、夜になると昼間のピンカーンでカラッと暑い日差しの状態は消えうせ、急に寒くなります。ので、たき火をば。

20110802_213011_canon_ixy_200f

 ふたたび、今回、仲間入りアイテムのユニフレーム 焚火台です。
 これ便利ですね。普通に手に入るマキにちょうどいい大きさ。
 地面からも離れ、下の植物にも影響なかったです。

22:00 おやすみ~

|

« (3) 2011年夏 北海道キャンプ 朱鞠内湖キャンプ場~稚内公園キャンプ場 | トップページ | (5) 2011年夏 北海道キャンプ 利尻島ファミリーキャンプ場ゆ~に »

1.キャンプ・旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/41159963

この記事へのトラックバック一覧です: (4) 2011年夏 北海道キャンプ 稚内森林公園キャンプ場~利尻島ファミリーキャンプ場ゆ~に:

« (3) 2011年夏 北海道キャンプ 朱鞠内湖キャンプ場~稚内公園キャンプ場 | トップページ | (5) 2011年夏 北海道キャンプ 利尻島ファミリーキャンプ場ゆ~に »