« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年6月

2011年6月12日 (日)

2010年北海道キャンプ 全編完成!

2010年7月23日 金曜日 ~ 2010年8月1日 日曜日 に行った北海道キャンプ、題して 「2010年北海道キャンプ」 全編がやっと完成しました。

1年かけて徐々に作成していくのは、ここ数年のパターンです^^;

この10日間の一部の出来事をつづっただけですが、なんとかキャンプ旅行記として完成させました。そうでないと次のキャンプ旅行記が始まってしまいますから・・・

では、全編目次はこちらから↓

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

20100730_160909_canon_ixy_digital_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(8) 2010年北海道 苫小牧 アルテン から 支笏湖 モラップキャンプ場

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

(2010年7月30日 金曜日)

20100730_104551_canon_ixy_digital_8

朝です。ログハウスあらためて眺めてみると満室です。昨日の朝に予約するときは3室しか埋まっていませんということでしたが、やはり雨の中ログハウスに変更した人が多かったのでしょう。

完全整備されたキャンプ場です。前日の洞爺湖 滝之上キャンプ場とは全く異なります。人工的な自然という感じで、安全性を求めたときのキャンプにはいい感じです。

今日も霧雨モードです。夜には乗船して帰る日ですので、早々に撤収します。

支笏湖に上がることにした。といっても、普通じゃ面白くないので林道を通ることにした。

20100730_132513_canon_ixy_digital_8

丸山林道です。綺麗に砂利が平たく圧せられ走りやすい。ラリージャパンってこのあたりじゃなかったか?すこしラリーカー気分(^O^)

途中口無沼に寄ってみる。

20100730_133144_canon_ixy_digital_8

ガスっていたのですが、水は透き通り良い雰囲気のロケーション。

そんなこんなしながら、支笏湖に到着。なんだか天気が晴れてきました。

支笏湖を周遊し始めて、「苔の洞門」といわれるところまで走りました。

苔の同門は以前に歩いたことがあったので良しとし、湖に到着したところにあったモラップキャンプ場が気になり戻ることにしました。

モラップキャンプ場をみると湖面に沿った浜、天気もいいので使えそう、受付にデイキャンプでお願いしますということで即受付清算。

20100730_155427_canon_ixy_digital_8

ピンカーンな天気と程よい風、良いですね。タープとテント、ぬれ物がすべてあっという間に乾きました。

20100730_155531_canon_ixy_digital_8

すごく透き通った水、でも洞爺湖とちがって支笏湖は冷たい。

20100730_155512_canon_ixy_digital_8

もう一晩あったらここで決まりなんですが、残念です今日は乗船日です。

このあたりで撤収です。あっという間のちょいモラップキャンプ場でした。

モラップを撤収して再び苫小牧に下りてきましたら雨でした。天気予報では道南すべて雨模様でしたから、これが正解です。

20100730_173027_canon_ixy_digital_8

あれ、じゃさっきの支笏湖のピンカーンな天気は何?

周りを山で囲まれたカルデラ湖ということで、それらの山が雨雲をディフェンスしていたようです。

そんなことってあるのですね。

支笏湖に上がらなかったらビチョビチョのままでしたが、おかげで、ぬれ物すべてを乾かすことができましたヨ。

気分よく、乗船し帰路につくのでした。

20100730_185744_canon_ixy_digital_8

おわり

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(7)2010年北海道  洞爺湖 滝之上キャンプ場 から 苫小牧 アルテン へ

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

(2010年7月29日 木曜日)

20100729_064628_canon_ixy_digital_8

今日は朝から大雨

しかし、今日は移動日である。撤収しなければならない(T_T)

びちょびちょのままポリ袋に入れて撤収。

20100729_090742_canon_ixy_digital_8

雨の中、次に向かうのは家族の要望で室蘭観光?(昨年に続き再び)

20100729_094724_canon_ixy_digital_8

白鳥大橋を渡り

20100729_100353_canon_ixy_digital_8

到着したのがここ市立室蘭水族館(昨年に引き続き再び)

家族が言うには身近な水族生物が触れたりできるから良いとのこと。

20100729_110915_canon_ixy_digital_8

私は、水槽の方をひととおり見た後、屋外のかわいいペンギンたちのイベントは雨のためパス。

明日まで雨の予報、車の中で次の予定を考えておりました。

雨の中の設営は少しつらい・・・ので、次のキャンプ地のログハウスを早々予約しました。

20100729_135800_canon_ixy_digital_8

途中、昼飯と思い、たまごで有名なマザーズ牧場のたまご館に立ち寄りどんぶりでも食べようと思ったのだが、今日のランチは13時で終了で時間外。

しかたがないので、コレをゲット。たまごとバニラの濃厚な味でした。

他にたまごと親子丼のインスタントパックと卵かけごはん用のたれも調達。

お昼をどこかでというわけで、苫小牧駅にたどり着きました。

ここで、駅麺 御御御(オミオツケ) というラーメン店が気になったので入ってみました。

20100729_154321_canon_ixy_digital_8

つけ麺にしてみましたが、おいしい。ほかのメニューを家族が頼んでましたが、それも味見してみるとなかなか良い。創作ラーメン屋という感じでよかったです。

さて、本時は朝のうちに予約しておいたキャンプ場 オートリゾート苫小牧 アルテン です。

といっても、小雨モード、荷物もぬれ物ばかりで触りたくないので、車後ろで早々に昼間にたまご館で買っておいた材料で親子丼とたまごかけごはんを、速攻で調理、晩飯となりました。

20100729_205719_canon_ixy_digital_8

その後は、敷地内にある温泉でまったりして就寝・・・

つづく

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(6) 2010年北海道 洞爺湖 滝之上キャンプ場 にて (ちょっと仲洞爺キャンプ場も)

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

(2010年7月28日 水曜日)

20100728_075424_canon_ixy_digital_8

洞爺湖での朝です。

サイトから湖をみると水鳥が横切っていたりします。

この日は、目の前に見える中島をカヤックで目指します。

20100728_131344_canon_ixy_digital_8

詳細はこちら

カヤック ファイヤフライ2 延べ8km以上漕いでみて (洞爺湖)

をご覧ください。

というわけで、日中はカヤック三昧でした。すでに夕方となり、風呂に入ることにしました。

風呂は、10分ほど車で行った隣の仲洞爺キャンプ場にある「ゆーあいの家」にしました。

20100728_165410_821sc

20100728_165424_821sc

仲洞爺は滝之上と比べると、自然を利用しつつ公園様に整備された開けた感じで明るい。安全性と利便性はこちらの方が勝ると思います。

20100728_181331_canon_ixy_digital_8

「ゆ」・・・いい湯でした。

20100728_191550_canon_ixy_digital_8

日が陰り、少し冷えてきたので、ニセコから持ってきた槇で暖をとりました。

20100728_200549_canon_ixy_digital_8

今晩は、ホタテバター炒めにマグロの刺身とか、美味かったっす。

材料は、南側下りた壮瞥町のコープで調達しました。

20100728_200521_canon_ixy_digital_8

焚火をしながら食事でまったり洞爺湖 滝之上キャンプ場の夜は更けていく。。。

つづく

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(5)2010年北海道 ニセコ サヒナキャンプ場 から 洞爺湖 滝之上キャンプ場

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

(2010年7月27日 火曜日)

さて今日は移動日ですのでニセコ サヒナキャンプ場で片づけをしながら周辺の物を撮影しております。

20100727_050826_canon_ixy_digital_8

サヒナキャンプ場で購入できる槇の束です。昨日の残りですが、一束大体こんな感じです。

細い槇から順に火をつけれるよう用意されてます(^.^)

20100727_051441_canon_ixy_digital_8

サイトごとにある謎のストーンサークル(ー_ー)!!

でなく、焚火場所。この中なら直火OKです。

20100727_073633_canon_ixy_digital_8

サヒナでお世話になったアルコールたち、岩内経由で来ましたから、そこのスーパーで地ビールを調達しておりました。おいしかったっす!

20100727_075427_canon_ixy_digital_8

サヒナキャンプ場の端の方は、場内外を隔てる垣がありますが、それが太い角材でできていて、おなか一ぐらいの高さなので、ちょっとした物置になって便利でした。

こんな感じで、湯も沸かしておりました。

写真は愛用のユニフレーム USトレイル ・・・こうした普通のやかんもしっかり安定して沸かせます。ガス一体型タイプのUS-600のように風防があったら満点なんですが・・・

20100727_084634_821sc

ストーンサークル内にあった焼きじゃがです。昨日の残り物を食べながら片づけです。

片づけも済、サヒナキャンプ場から次の目的地に向け出発!・・・うむ!ニセコの途中で捕まり、小腹がすいたのでこんなものを食べておりました。

20100727_111555_canon_ixy_digital_8

ミルク工房の「こだわりシュークリーム」

クリームがすごくミルクミルクしていて柔らかいので、落ちないよう注意!注意!

って、ここを出てすぐに、気になるかたちの店?

20100727_112733_canon_ixy_digital_8

再来軒というラーメン屋、ラーメン好きの家族はシューでは足らず、速攻ここでお昼を食べることになりました。面白い構造の建物でしたヨ。窓際に陣取ったので広い牧草を眺めながらのラーメンをいただくことができました。

窓際は双眼鏡完備でした(^_^.)

ここからは、雨模様の中移動、移動、

そして着いたところは洞爺湖・・・滝之上キャンプ場です。前年テントを張った場所とほぼ同じですが少し奥になります。

移動中大雨だったのですが、到着すると上がってしまいました。なんとラッキーなことか。

早々にテント設営!さっきまで大雨だったので水の流れるところ溜まるところがわかりましたので、その場を避けての設営です。

20100727_144709_canon_ixy_digital_8

いいね!森の中の水際サイト。

今回はこの水際が港になります。そりゃーこれでしょう。

20100727_155920_canon_ixy_digital_8

インフレタイプのカヤックです。あっ!これが進水式でした。

これで遊んでいるうちに、すぐに夕方、さて

20100727_185741_canon_ixy_digital_8

夕飯はサラダと何だったけ?右手の黒い物はクマよけスプレーです。唐辛子成分満載とのこと。

北海道のキャンプでは特にこれは手放せません。といっても、ここ20回ほど北海道に来ていて全く見たことがないのがクマさんです。きつねはその辺の犬猫同様、エゾシカやエゾリス、エゾ~いろいろ見ているのですがね。まぁ見なくて良いです。

この晩やってきたのは、水際にエビ、テントにはクワガタムシ

20100727_205457_canon_ixy_digital_8

ボケっちゃったけど、洞爺湖の夏は毎晩実施の洞爺湖温泉観光協会主催のロングラン花火だよね。

つづく

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

デジカメ写真の保存方法

デジカメの写真ファイルの保存ってどうしたらいいの?

デジカメのないころは、保存用にネガフィルムを大切にして、プリントした写真はアルバムに入れていつでも見れるよう楽しむというのが通常の方法だったと思う。

しかし、デジカメの写真は、その方法が多様でどうしたらいいかわからないということも。。

と思いつつ、私的にはデジカメをいつごろから使い始めたのだろう・・・

ふと気になり調べてみると、2000年に発売されたCanon PowerShot S20 (3.3M画素)からであった。

そんなこんなで、撮る写真も半端の数じゃないので、使い始めて数年はカメラのメモリいっぱいになった写真は、手作業でメモリごとにフォルダを年月日に改名しながら、パソコンにコピーして保存する方法をとっていました。

2005年ごろからはさらに、私は月ごとのフォルダに年月日_時分秒_カメラモデル名 のファイル名でそれぞれの写真ファイルを保存してきています。

今や10年以上のファイルが整然と家族が、どのPCからもアクセスできるネットワーク共有パソコンのハードディスクに保存されています。

月ごとのフォルダで年月日名称でハードディスクに保存された写真ファイルは、すぐに昔の時にアクセスできます。まるでタイムマシン!!

こうしたことが煩わしさなくできるのも、デジカメ写真に記録されたExif情報をもとに写真ファイル名を改名しながら自動的にパソコンにコピーするPicmvというソフトのおかげ。

全体の完成度が高いだけに更新があまりないですが、最近、作者のブログでベータ版がでていました。

<使用中のソフト名>

 Picmv 作者のページ

<ソフトの設定(デフォルトからの変更ヶ所)>

「出力先ディレクトリ命名法」 のところは

\\共有PC名\保存先フォルダ\%Y%m00\

「ファイル命名法」 のところは

%Y%m%d_%H%M%S_%l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

HYBRID W-ZERO3 (WS027SH) で b-mobile

昨年10月からモバイルでインターネットをしたいためWillcomのデータつなぎ放題で月々980円のNS001Uを契約してPCでのモバイルも堪能し、直後にスマートフォンのWillcom03も調達し、さらなるモバイル環境を確保してすっかりその便利に浸ってしまった。

さて、今年も北海道に行くことになる。しかも道北と決まった。

ここは、電波が届かないところが多い。そのWillcomとなると全滅箇所が多く・・・

その対策を探していたところ、b-mobileなら月契約のデータプランがあって、しかも地域カバーの広いDOCOMO FOMAの電波を使うという。

ならば、やむを得ん!スマートフォンの買い替えだ!

というわけで、ほしかった Android を検討しつつも、Willcomの青耳 W-SIM を使いながら、b-mobile U300 も使えるという HYBRID W-ZERO3 (WS027SH)  をゲットした。

HYBRID W-ZERO3 が到着。

Willcom のPHS網 WSIM (青耳)を入れて設定してみると、今までどおりインターネットができた。

b-mobile U300 3GのSIMも届いたので、別の携帯電話から登録をすると、こちらでもインターネットができるようになった。

ついで、ノートPCにBluetoothアダプタをつけて、HYBRID W-ZERO3のインターネット共有を行うと、b-moble U300 で DOCOMO FOMA網をノートPCで使えるようになった。テザリングというもの。

これがけっこう早い!

さて、道北ではどうなるか。これでインターネット準備完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »