« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月24日 (木)

リゾート大島 和歌山県串本

3月19日~3月21日 リゾート大島のキャンプ場を利用してみて

このキャンプ場は、大島という島の南東にあって、海抜40m強というところ、大島の断崖絶壁の部分から広がるキャンプ場でした。

20110319_150818_canon_ixy_200f
(遊歩道からの景色)

20110319_150022_canon_ixy_digital_8
(マル9番サイト利用→画像クリックで拡大表示)

全面綺麗に整備された芝で、使った場所のペグの入りは柔らか目といった具合に入りよく設置しやすい。しかし、別立てで、雨と強風にあっていることを書いたが、雨で柔らかさはさらに増しペグが抜けやすくなるぐらいでした。雨風の日はペグ状態要注意です。

20110319_144944_canon_ixy_200f

ロケーションもよく、隣接して馬がいるので見ながらキャンプ可能。乗馬もできます。そこから海岸に下りる登山道もあり。40mの高低はあるものの、すぐに海岸に出ることもできます。また途中に神社があって、風光明媚でした。

20110319_151435_canon_ixy_digital_8

さて、当方、今回はキャンプがてら、ここから車で1時間ぐらい離れた勝浦にあるホテル浦島の温泉に入るのが目的でした。

行きは、串本駅から勝浦駅まで特急スーパーくろしおに乗ってみました。

これが、またいい!突然の思い付きでしたので、串本駅のおねぇさん駅員に時間等親切に教えてもらい、乗り込んでみると、いつも自宅近くで何気にとおり去るのを見ているだけのすーぱくろしおが、結構いける観光列車でした。

20110320_121541_canon_ixy_digital_8

途中、車掌のアナウンスで絶景地の説明をしてくれます。たった40分ほどの列車旅でしたが、ゆったり旅気分を味わいました。

さて、別に車を運んでくれた家内に勝浦駅で合流し、いざホテル浦島へ。

これも、なかなか旅行気分を味わえるもので、ホテル浦島には、無料の船で渡るようになっていて、亀の形をした船で玄関口まで行きました。

20110320_160321_canon_ixy_digital_8

船長の操縦具合をみると、結構その場になれた操縦さばきで桟橋を離れていくのがわかりました。(慣れないとできない)

で、温泉ですが、ず~っと、入りたくであこがれていた洞窟風呂とか、いろいろな種類の温泉に入りまくって、外湯で1,000円でした。安っす!

20110320_133812_canon_ixy_digital_8

駐車場は3時間までを前払いしていたので、その時間に戻るために結構急ぎ入りました。温泉は、時間帯によって掃除タイムになるので、全部が全部入れませんでした。もっと時間に余裕があれば大丈夫ですが、また行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

気象状態悪のキャンプ、コンパクトさと引き際が肝心!

3月19日~3月21日に和歌山の串本は大島にあるリゾート大島にキャンプに行ってきたのですが、20日夕方~21日朝にかけて強風注意報となり、夜中から未明にかけて、時折立ってるのが大変なほどに強風が吹く状態となりました。

このような状況の中、スクリーンタープとドームテントを連結して設置していましたが、最終的にポールが折れて崩壊しました。その状況をば・・・

20日夕方に一時強風が吹き荒れ、テントから離れ出かけていたのですがその間にスクリーンタープのペグが抜けたようで、近くにいた方にペグの打ち直しをしていただいていました。

(その節は本当にありがとうございました。)

風はやむだろうと思っていたのですが夜半から未明にかけて、時折雨が強く降り、風は強くなる一方、最初は1時間に1回ぐらい起きて見回りし、ペグやロープの調整をして、また寝るということをしていましたが、1時を過ぎごろから、すこぶる強風で、ほぼ起きた状態で監視しました。

スクリーンタープはテントに比べ大きいことと底がないだけに風の影響を受けやすく大変苦労しました。

夕方にメインロープ類固定に1か所のペグを2本にして対応していたので、しばらくペグ抜けはありませんでした。ただ、3時を過ぎたあたりの強風で、その強化ペグの部分も抜けて飛んでしまいました。

この3時過ぎからが、対応に追われ暇がない状態になるぐらいに風はますます強くなりました。

テントのペグとロープは、終始あまり見なくても大丈夫でしたが、タープはスクリーンの裾が強風でめくれあがれ、ファスナーもめくれで自然に開いていく始末。めくれないようスクリーンの真ん中の部分もペグで地面に固定するようにしましたが、時折の突風でペグが抜けました。何度もペグを打ち直すことに、次第に打ち直す間隔は短くなり、終いに手に負えなくなってくるのを感じました。

そこで、暗闇の朝4時半過ぎ、家族を起こし撤収する判断をしました。

タープとテントの中のものを車に積み込み終えた5時半前、突風が吹いた途端、タープが崩壊しました。後で見ると、タープの金属ポールとFRPポールの継手が割れて飛び、FRPポールも無残に何か所かで折れていました。

雨風でしたので、中のものがあったまま崩壊すると被害大だったと思いますが、幸い中の物を撤収した後でよかったです。

タープをいつもの雨時用のビニール袋に丸めて突っ込み、テントも撤収しました。テントのポールもよく見ると、何か所かで折れていました。ただ、テントは面積が小さいので、崩壊せず持ちこたえていたのであろうと思います。

撤収完了は朝6時、我が家のキャンプで一番早い撤収の記録になりました。

(よく北海道でキャンプしていると、いろいろ周りたいのか、朝6時には撤収を完了していく方をしばし見かけました。条件が違いますが我が家もそれと同じ時間で撤収することになろうとは・・・)

<教訓>気象状態が悪い日は、管理のしやすさと被害を受けても最小にするため、コンパクトキャンプにしておきましょう。究極にはテントと山用火器だけですな。

今日は、テントのポールのみ、1か月後に使う予定ですので、ポールの修理をお願いしてきました。無残な状況でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月13日 (日)

キャンパーにできること・・・「東北地方太平洋沖地震」に伴う災害援助

毎月10日ごろ最新に更新中!

テレビ中継を見ていると、以前キャンプをして楽しんだ石巻市の海岸近くの町が水浸しでグチャグチャ。何かできないか探してみました。

キャンパーなら、この方法で対応できるかもしれません。

「既に使わなくなってしまった、物置や押入れの隅で眠っているテントやシュラフ、ご使用にならないマットなどがもしございましたら援助物資としてご提供をお願い致します。(実際に使用できるものに限ります)皆様から頂きました善意の物資を私たちの手で現地へ直接運び、可能な限りテントの設営までお手伝いをさせていただきたいと考えております。」

スノーピーク(キャンプ用品メーカー)オフィシャルサイト 3/14~3/31受付
  →5/15現在、これは終了のようす。最新は下のリンクをご覧ください。

私は残念ながらテントなどは使用中のものしかなく対応できませんでしたので、今後の早期復興を願ってこちらで募金させていただきました。

「「東北地方太平洋沖地震」などの被害に対して、Yahoo!基金は義援金による支援を実施いたします。」

Yahoo!基金

 ◆以上3/13時点のブログ記事、以下適宜更新5/10現在◆

■スノーピークス

 キャンプで復興支援
  風評被害で予約が入らなくなったキャンプ場でキャンプらしいです
  当方、参加したいが休みの都合が・・・

 災害援助物資提供のお願い
  3/14~4/30→5/10現在受付終了のようです

 Snow Peak Store スーパー店長ブログ
  震災復興支援報告をブログで行っておられます

■ユニフレーム

 岩手切炭応援キャンペーン
  こちらも復興支援です

 最新情報
  最新のお知らせはこちらでチェック

 栗駒木材株式会社Blog
  関連する企業さんのBlogに活動報告があります

■コールマン

 関連はホームページTopにされています

  支援活動の詳細があります

  東北・北関東のキャンプ場・自然復興のためという寄付募金

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

(4) 2010年北海道 ニセコ サヒナキャンプ場 周辺での一日

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

(2010年7月26日 月曜日)

今日は水汲みから、車で数分のところに甘露水という湧水があります。

20100726_065236_canon_ixy_digital_8

ここの水でお茶やコーヒーを入れるとまろやかで甘い!昔から好きな湧水です♪

今日は、ニセコで遊ぶ日です。なにしましょう。とりあえず駅に行ってみました。

20100726_100127_canon_ixy_digital_8

駅前といっても人通り少なく。時折レンタサイクルを借りにくる客がいるぐらいでした。

ここで面白そうなのを発見!

20100726_104339_canon_ixy_digital_8

実物を撮ることができなかったのですが、駅前の掲示板にこれが!

ニセコのバスはこのように自転車を載せてくれるそうです。何のためかというと、バスで上がり、そこから、この自転車でダウンヒルするというのです。

やりたい気もあったのですが、マイ自転車でしたいので、いつかまたということで・・・

その後、ニセコをプラプラしていて、結局食い気にはまってしましました。

20100726_105509_canon_ixy_digital_8

高橋牧場ミルク工房にて

20100726_110258_canon_ixy_digital_8

ソフトクリーム・・・甘くて濃厚

20100726_113105_821sc

ニセコほろけるチーズケーキ・・・口の中で溶けるようにしっとりと

20100726_113943_canon_ixy_digital_8

乳カステラ!・・・とどまるところ知らず

20100726_112616_821sc

こんな風景の中・・・いや暑いので駐車場の車の中で(ー_ー)!!

食べ続け、ランチ代わりとなってしまいました。

おなかも膨れたので、なにする?ニセコと言えば温泉でしょう。行ったことのない温泉に行ってみましょう。・・・まずは、大湯沼、ここは去年来たので、散策するだけでパス!

次に・・・

20100726_152737_canon_ixy_digital_8

ニセコ五色温泉です!いきなり中かよって。

今回は手前の展望風呂に行きました。手前に白い地肌現るイワヲヌプリを展望しながら開放的に入ることができます。ぬるっとした硫黄漂う温泉でよく温もりました。

20100726_161225_canon_ixy_digital_8

先に展望風呂に入っていた方で、暑くなったのでしょうか、少し上がって腰かけて超開放的に展望していたようですが、途中で、逆に見られていることに気づき湯船に慌てて入っているところを見てしまいました。

展望できるところは登山道もあり、逆に見られてしまいますのでご注意を!

ニセコの温泉をいろいろ廻れるパスポートがあるそうです。次回はこれ買って温泉三昧でもしてみようと思います。

20100726_204344_canon_ixy_digital_8

さて、その後ドライブなどをしているとすっかり夜。今夜はたき火でホタテやアルミホイル焼きでいろいろと・・・酒のつまみじゃ、うっぷ!

つづく

<2010年北海道キャンプ プロローグ(目次)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »