« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

リアル Happy FIT み~つけた 3 (奈良)

再びリアルみ~つけたしてきました。

20101128_140023_canon_ixy_200f

Web上でみ~つけたするのも面白かったのですが、本物を見つけるのはさらに面白い。

今日もノートPCを持って、家族その1に操作とナビをしてもらいながら探しました。もちろん、ベースとの連絡体制も得ておりました。

さて、昨日の最後にリアル見つけしてから配信がすぐに終了となったことから、お泊り場所は想定でき実際に当たっていました。

しかし、それで朝から、リアルみ~つけたしても面白くありません。やはり、動き出してある程度以上、行ったところからでないと。(鬼ごっこか)

そこで、今回は大仏さんあたりかと、10時過ぎには、鹿で有名な公園の近くに来ておりました。

そして、Happy FIT を迎えに南下していると、途中で中の人たちが昼ごはんのよう。こちらも腹が空いたので途中の回転ずしに入り、早々に腹ごしらえ。

店をでても確認していると、ようやく動き出した。こちらに向かってくる(^o^)

よし!ここで待ち伏せだ。と思った直後、Happy FIT は、道をそれてしまった。

こちらからも、即その方向へ、すると予想外にも信貴スカへ・・・

おーい、ここを抜けて京都方面か?それとも大仏か?

下から攻めるか、ワチャ、下は渋滞気味。こりゃ、遅れるが上るしかない。

それで信貴スカへ、いくらだったっけ。。片道1,300円、往復1,900円、やっぱ高いや。とりあえず片道だ。

追う、あれ~、すごい紅葉。これは良い。紅葉ドライブ最高!1,300円OK!

Happy FITのアイコンは全然動かない、間もなくアイコンの場所という、信貴スカも4分の3ほど走ったところ、逆行してくる Happy FIT 発見。

これはないだろ~、すぐさま次のパーキングで折り返す。

往復券買ってないょww とりあえず追う。

すると大阪で夜景の有名な場所の一つのパーキングに止まっていたのを発見。

よかったヽ(´▽`)/

すかさず挨拶、ほかに3回目の人と、ご家族連れの方もリアルみ~つけたされておられました。

20101128_134945_canon_ixy_200f

こりゃ病み付きになりますわ。でも、用事があったりするので、どこまでもみ~つけたしに行きたいのですが、これが最後かな。

その後、Happy FIT は、そのまま元来た道を戻られたようで、私は片道券でしたので、そのまま抜けて大阪へ。

そういえば、ここ、久しぶりに来ました。大型二種免許教習で実際に走った道路であったり、学生時代住んでたに等しいところでしたから、懐かしく、少しぐるぐる回ってから帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

リアル Happy FIT み~つけた 2 (和歌山)

昨日、Happy FIT を家族が見つけたということで、自分もリアルみ~つけたしたいと思い、朝からパソコン前でスタンバイ。

日本で1台のHappy FIT を見つける企画。詳しくは→ FIT VOICE PROJECT 

11月27日(土)の場所は、このブログでも口外しているとおりワイルドな神秘さがあるが故、キャンプ、レジャーがてら行き来しているので、感がはたらく地域。

どの方向へ行くが見定めてから、待ち構える作戦とした。

余裕余裕♪

昼飯を食べてから、Haapy FIT を捉えにでかけた。

補正は、通信環境、性能ともによいPCがあるベースに待機してもらっている家族からの連絡で行うことにした。念のためノートPCも持ち出した。

さて、その Happy FIT がやってくると予想したある地には、相当早めに着いた。

手元のPCで確認すると、Happy FIT側の通信状況が山中でよくないのか、はるか先から動いていない。やきもきしていると、ベースから連絡があった。

「Happy FIT が仏教における有名な聖地の手前まで来ている。」とのこと。すぐさま手元のPCで確認すると、OK!まだ大丈夫。

「絶対に、その聖地に入ったところの大きな観光用駐車場で止まるはず。」

「ここで待っていてもいいが、その聖地に向かっても間に合うかもしれない。」

という思いで、こちらから向かうことにした。ただ、心配なのが、その聖地へのルートは3本。

1本はHappy FITが向かってきているルート。予想するにHappy FITが、これを戻るにしても長い道のりで時間がかかるので、ありえない。そして、残りの2本は、こちらで待ち構えているところから上がるルート。

2本のルートのうち、どちらのルートで降りてくるのか予想はつくが対向になった時に、Uターンしにくい。

ならばと、もう一つの細く険しいルートから上ることにした。

道中、紅葉の渓谷、素晴らしい景観だが、道が狭く対向車をかわすのに、それどころでない。何度か来て知っている道とはいえ、相変わらず大変だ。

ここで、失敗に気付いた。この道、ある電話がずっと圏外!

この間に何か動きがあってもベースから連絡が来ない。

先々週も、その地に参拝しに来たばかり、祈りながら聖地に向かい上る。

「トイレにも行きたくなってきたぞ」(゚ー゚;

やっと上がりきったところ、聖地の片端の地に着いた。すぐに大きな観光用駐車場、そこにはHappy FITの姿はない。すぐさま、ベースへ連絡。しばらく、この観光用駐車場に、止まっていたようだが、すでに聖地の反対側の端に移動しているとのこと。

「お~っ!トイレに行く時間もない」(;;;´Д`)ゝ

車中、仏前に祈りながら、Happy FIT を追う。

今度は、あらかじめ予想していたルートで降りていく。今日も車が多いな~と思いながら。(20日前に来た時のブログはこちら

こちらのルートは、例の携帯も繋がる。常時ベースと連絡をとりながら、Happy FIT との差を縮める。

ルートを降り切ったところで、Happy FITは、駅のまわりの細い道をウロウロしているという。

こちらは、その細い道へ農免道路ショートカットだ!少し賭けにでた大手!

細い道の出会いがしら、綺麗なグリーンのハイブリットフィット、しかも、ステッカーだらけ。

ビンゴー!ハッピーフィットだ!

フィットの横は、モビリオが通れる幅が十分にあったものの、すれ違うわけにはいかず、後ろも誰も来ていないので、バックしてHappy FITに道を譲ることにした。

Happy FIT が前を横切る。横切るさなか会釈すると、会釈で返してきてくれた。気付いてもらえたか?そして、こちらも後を追う。

間もなく、コンビニに入ったので、こちらも入り、やっとリアルみっけ!

中の人に、「はじめまして~」、家族その1が来ていたので「こいつは昨日も会ってますけど・・・」「えぇ、わかりましたよぉ~」と、その後、いろいろ取り留めのない話を・・・

中の人もご苦労があるようで、たとえば、直近事項であれば、聖地方面のルートはお一人様がゲロゲロ気味だったそうです。あのルートはゲロゲロになる人多いですとはいってませんが、そうした状態になって道端でゲロゲロカエルをしている人を時折見かけます。

「気を付けていってらっしゃい」と見送りましたが、その後、すぐに本日の配信を終えたみたいです。最後のリアルみ~つけただったみたいです。

結局、余裕余裕♪じゃなかったのです。動くものを予想しつつリアルに見つけるのは意外に難しい・・・でも、あまりにも面白いので、今回だけでなく、「また、してください」と、お願いしておきました。

「おっと、やっと、トイレに行ける」(^-^;

20101127_224800_canon_ixy_200f

(通算2枚目となります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

リアル Happy FIT み~つけた 1 (大阪)

家族がハッピーフィットのリアルみ~つけたしてきました。

20101127_091021_canon_ixy_200f

FIT VOICE PROJECT という、日本のどこかを巡っているハイブリットフィットを見つけ出して中の人にみ~つけたと声をかけるイベントです。

1日先着5名までに入ったので、フィットミニカーもあります。

詳しくは、FIT VOICE PROJECT にて。

フィットハイブリットといえば、以前に試乗もしたので、そのときのログはこちらで・・・

| | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

和歌山電鐵 貴志川線 で まったり

和歌山電鐵(わかやまでんてつ:旧漢字仕様!) 貴志川線 たるもの、何が良いのか行ってみた。

Img_1080

JR和歌山駅に着いて、和歌山電鐵は?というと、9番線が和歌山電鐵のよう。

ホームに入るところに切符販売の窓口と改札がありました。乗り放題、間違い、1日乗車券という切符があるらしいので、その窓口に聞くと、販売しているとのこと。それを買ってすぐに入場せず、JR和歌山駅の中央口からイコカでピッとして、昼食を買出しに駅を出ました。

たま電車が発車する時間には、あと20分ほどだったので、近くのコンビニでおにぎりなどをゲットして、その足ですぐに、中央口へ戻った。

んっ!貴志川線に乗るのに、どうやって入ったらいいのか?・・・一時思った。貴志川線には、どうしてもJRの改札口を通らなければ行けない。

ここしかない・・・JRの有人改札口に貴志川電鐵の1日乗車券を提示して尋ねてみた。

「ありがとうございます。どうぞ。」

これで合っていたのか。う~ん、初心者にはわかりにくい。どこかに書いてあるのかもしれないが・・・

再び、9番線に、そして入場。すでに、たま電車は到着していた。

Img_1074

おにぎりをベンチで頬張りながら、たま電車をパチリ

かわいいですね。

Img_1082

2両編成で、連結付近に1と2とデザイン。

それぞれにたまでんとTAMADENとな、1号、2号か?

なんだか機能的なデザインもお茶目。

Img_1077

その2の方にあった、車両製造銘板を見てみた。

おおーっ!東急車両 大阪工場 昭和45年

昔、幼少のころ住んでいた家のすぐ近くの工場だ!

親近感を覚えながら、車両に乗り込んでみる。

Img_1083a

これまたいい!リビングのまま電車になった感じ。癒されますね。

交通センター前で途中下車。

Img_1097

別に何もないのですが県立交通公園があります。

Img_1092

公園からみる貴志川鉄道、のどかなところを走ります。

今度はいちご電車に乗って、たま駅長のいる終点貴志駅を目指します。

Img_1106

さて、貴志駅に到着。この駅、なんと、猫型。

Img_1109

最近、改築してきれいになったとか。

肝心の、たま駅長は?忙しいのかガラス越しに見える場所(仮に窓口)になかなか現れず、隠れた場所(仮に事務室)にいるよう。

やっと窓口にでてまいりました。でも、人がいっぱいでなかなか。

Img_1121

う~ん、これが限界。

たま駅長は、日曜日が公休日とのこと。今日は祝日でしたので、勤務姿を無事見ることができました。

ちなみに、帰りは再び和歌山駅にもどり、JR線に乗り換えて帰宅となりました。貴志川線をでると、すぐにイコカを通す小型の改札機があったので、JRへのチェックインのためピッとしておきました。これをしとかなければ、自宅近くの駅で降りるときにピッとしても、チェックインがないのでエラーになってややこしいことになります。貴志川線がJR駅なかに融合されているので、忘れそうで注意が必要です。

ということで、今回の旅、癒されましたし、楽しめましたよ。
また、ぷらーっと行きたくなります。

| | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

いまさら何気にモバイル WS020SH WILLCOMだ 使ってみた

モバイル端末があると生活変わります。。
小型船舶一級を取るために、デバイダと三角定規を買ったのですが、大きさがわからず、文具店で即ネット検索。便利ですね。すぐに解決して目当てのものをゲット出来ました。
ちなみにデバイダは20cm、三角定規は30cmがベストとのこと。

今も電車の中からネットして打てるので帰ったら、ご飯食べてすぐに寝れます。持て余していた電車通勤の時間が有効に使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

いまさら何気にモバイル WS020SH WILLCOMだ

電車通勤途中にインターネットがしたかったが、遅くて高いモバイル通信代など、もったいなくて二の足を踏んでいた。はや十数年が経ち、モバイルが当たり前になり、やっとリアル通信ができるモバイラーになれた。

iPhone、アンドロイド、機種も回線の種類も増えた。こうなると、遅い、古いといったところは、安くなるわけで、WILLCOMEの新つなぎ放題プラン、2年間、データつなぎ放題で月々980円のNS001Uを契約。

Img_2074

これは、このままでPCのUSBに繋いでモバイルができるデータ通信専用カード。ノートパソコンを使うときは、いいのだが、電車の中で手軽には使えない。

そこで、アドエスやウィルコムゼロスリーといった、iPhone前に流行ったスマートフォンの白ロムを安くゲットした。

Img_2075

これに、データ通信カードのW-SIMをスロットに差し込んで使います・・・

Img_2073 

これは、Windows Mobile 6.1 のスマートフォン、しばらく遊べます。ちなみに、別料金になる音声通信の発信は禁止のオプションをかけてあるので、インターネット専用端末ということで。(o^-^o)

| | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

滋賀県信楽町 狸と信楽焼

土曜の午後、ぶらっとドライブ、程よいところで信楽に着きました。

丸伊製陶のショールームにある大狸です。

20101113_145051_canon_ixy_200f

ずいぶん古いです。私は30年も前から認識していますが、信楽駅前で電話番をしている大狸よりずいぶん古いです。いつからここで番頭さんをしているのでしょうか。

20101113_145037_canon_ixy_200f

古い大狸たちと比べると、現代の信楽焼狸は丸こっくってかわいいです。昔の狸にリアルなデザインもよかったので、少しでも作ってほしいのですが、私が回った限りでは、古いタイプを新品として売っているところはありませんでした。

20101113_145300a_canon_ixy_200f

狸を占領しつつあるのが、フクロウとカエル、これもいいですね。

小腹がすいたので、麺でも食べようと、駅前の道にあるココ、麺屋龍に入りました。

20101113_153347a_canon_ixy_200f

普通の家で座敷で食べることができるお店です。味もなかなかです。出汁が気に入りましたね。

さて、ドライブがてらでしたが、店廻りをしているうちにほしくなったのがコレ↓

ゲットして帰りました。

20101114_084245_canon_ixy_digital_8

ご飯茶碗です。使うと手になじむしっとりさ、信楽焼の素な感触が良いです。

20101114_084315_canon_ixy_digital_8

食べ終わった後に現れる絵柄もお気に入りです。

澤 鳳山 氏の作だそうです。

| | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

高野山 奥ノ院 紅葉

家族に同伴で、朝早くから高野山奥の院に行くことになった。

気温が少し上がった日だったかが、朝早くは吐く息が白く、最低気温2度だったとのこと。

紅葉は?こんなもの。

20101106_092510_canon_ixy_digital_8

もみじが木の上の方から色づいております。全部色づく感じではないです。

気候のせいでしょうか。いまいちながらも、綺麗でした。

20101106_100237_canon_ixy_200f 

行きは車の後ろ座席に同上して上ったのですが、帰りは梅田方面に用事があるため、ケーブルと各駅で橋本まで下りてきました。

20101106_153126_canon_ixy_200f

山をクネクネ、キーキー車輪とレールがこすれる音を立てながら下りていきます。

車窓からは、渓谷・・・これは登山電車ですね。ほとんどが針葉樹で紅葉林でないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »