« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月 1日 (火)

2009夏旅行6 ニセコ~札幌~小樽~フェリー

2009夏旅行5 洞爺湖半噴火後めぐり~室蘭からの続き

(2009年8月6日)

洞爺湖からニセコまで移動してきました。行き当たりばったりのキャンプ場回遊旅行。ニセコ周辺の無料キャンプ場を回ってみますが、野営場という規模のものばかりで、いまひとつ。

車はぶら~とニセコ比羅夫付近を流していたとき、カーナビ地図上にキャンプ場印・・・そうだ、ニセコで、いやキャンプすることがあったなら、絶対にここでキャンプするぞ!と、、、キャンプを何れしたいと思わせるようになった、キャンプ場がここにあったことを「カチッン!」という感じで思い出しました。

20年ほど前に、まだ出来立て数年ばかしのキャンプ場を、通りかかった折見て、そのキャンプ場のことを調べたりしていたことを思い出しました。そのキャンプ場、そうそうニセコ・サヒナキャンプ場です。

人気あるキャンプ場ですので、夏休みで、飛び込みが大丈夫か?思いつつ、受付へ。

「1サイト、フリーサイトなら大丈夫ですよ。」とのこと。

フリーサイトはといっても、木々でサイトごとに区切られており、空いているところから選択できるもので、初めての利用ですから、各所案内いただき、手洗い近くのほんと小さな小川(溝ともいえる)が真ん中を横切るサイトにした。

20090807_063314_canon_powershot_s3_
各サイトにあるストーンサークル内で直火可能

20090807_064908_canon_powershot_s3_
湧き水の小川が横切るサイト。駐車場近くで湧き水ポイントから流れてくる

十数年前から調べていた、うろ覚えの情報では、ここの特徴は、木々の植樹をうまく配置することで、各サイトから、羊蹄山がいい雰囲気で見ることができるようにしてあると・・・う~ん、本当だ、隣のサイトとは木々いや草木だ、草木で隔てた感じになっているものの、羊蹄山を望む方向はなるべくといった感じで開けてあり、眺望が可能となっている。

20090807_075349_canon_powershot_s3_

羊蹄山方向にもサイトがあるが、羊蹄山と木々の高低差をうまく調整して、サイトの下方を見えないようにして、視野に見えるのは、隣のテント頂点部分と羊蹄山そして木々という風景になる。いい塩梅です。

<ニセコ・サヒナキャンプ場で見たこと感じたこと>

  • ペグはスムーズに入り安定します。
  • 各施設は清潔で綺麗です。
  • 施設の夜間ライトは虫が寄りにくいようオレンジ色ランプで工夫されています。
  • 安全性は保守万全のようです。施設に不具合があっても即時に修理をされるよう心がけているようです。
  • 日中はジャズなBGMが流れ小粋なキャンプ感を演出できています。

  ニセコにマッチして居心地のよい個性的なキャンプ場です。改めて気に入りました。

20090807_065638_canon_powershot_s3_
愛用のユニフレームのシングルバーナーも草木にマッチングか?

このキャンプ場のロケーションでは、甘露水の水を持ち帰って料理に使ったり、比羅夫温泉も多数ありよいものでした。

20090807_110201_canon_powershot_s3_

(2009年8月7日)

翌日は、北海道最終日。

ニセコアンヌプリまでいきゴンドラで展望などしながら、札幌へ向かいました。

20090807_140149_canon_ixy_digital_8

札幌駅付近に車を駐車して、公共交通機関で札幌市内をぶらりしていましたら、トワイライトエクスプレス大阪行きが・・・明日の昼過ぎに大阪到着だったはずなので、われわれは、その日の夜だから、少し先に大阪に戻るのかと感慨ながら、目的をすすきのに決め、ゴムタイヤの地下鉄に乗り込む。

久しぶりにラーメン横丁

20090807_145132_canon_ixy_digital_8

いただきまぁ~す。うまっ!

20090807_150358_canon_ixy_digital_8

ラーメン横丁、いろいろ工夫されたラーメン屋が揃っているので、何度行っても良い。

20090807_152324_canon_ixy_digital_8

今回は特一富屋というところ、かつおではない魚の出汁が利いていて、好き嫌いが分かれるところ。

残り少ない時間、子供が廻っていないというので一通りの札幌観光。

20090807_154347_canon_ixy_digital_8

札幌テレビ塔

20090807_155059_canon_powershot_s3_

テレビ塔からの風景:大通公園→この時期ビアガーデンが開かれている。
飲みたいが、この後運転なので・・・

20090807_163633_canon_powershot_s3_

時計台:中を見学、時計台の仕組みなどわかる。

20090807_172055_canon_ixy_digital_8

北海道庁旧本庁舎:明治、建設当時の豪勢さをみることができる。

時間がきたので、小樽に移動。

20090807_211315_canon_ixy_digital_8

いつもと変わらずの小樽運河。これは、新日本海フェリー利用者には、北海道旅の始まりであったり、終わりであったりする。

で、小樽ならいつもの運河前の雅寿司で、寿司食べたなら、乗船、北海道にお別れするのでした。

(2009年8月10日)

20090808_072508_canon_ixy_digital_8

翌朝、まだ秋田沖か・・・行きは陸路だったが、思い返せば遠かったな・・・

船、やっぱり楽だ

20090808_073016_canon_ixy_digital_8

ちょっと曇っているが、水平線の彼方・・・いつものごとく何もない。

20090808_073521_canon_ixy_digital_8

船首に一番近いフォアードサロン、ここで時折上の写真のように水平線の彼方を見つつ、ぼーっと本を読みふけるなどちょうどいいんだよな。

最近は、装備もあってか、揺れを感じなくなったなぁ。本を読んでいてもふわふわ感がおきないし。

20090808_195814_canon_ixy_digital_8

楽ですね。

2009夏旅行 おわり・・・

  ・・・ 予告 ・・・

  2010夏旅行決定!
        ニセコ・サヒナキャンプ場決定、洞爺湖周辺、室蘭周辺へ・・・

  乞う!ご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009夏旅行5 洞爺湖半噴火後めぐり~室蘭

2009夏旅行4 函館~洞爺湖からの続き

(2009年8月5日)

洞爺湖といえば、2000年の有珠山噴火。それまでも何度か噴火していて、それらを含めた噴火口や災害跡が、そのまま保存されております。

なので、今回はとことん、これらをツアーしてみました。

20090805_100312_canon_ixy_digital_8

地球規模の一部分だけの噴火でも、そのパワーのすごさを感じることができます。

20090805_102010_canon_ixy_digital_8

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館では、室内でこうした火山の解説と展示があり、まとめて理解することができます。

ただ、本当の火山パワーを感じるには、実際の災害現場をば・・・

センター裏からは、金比羅火口災害遺構散策路があり、災害にあったままの団地や、橋梁、温泉施設などが、そのままの姿で保存、展示してあります。

さすが北海道スケールがでかいですし、この災害のすごさを、そのまま感じます。

20090805_112956_canon_ixy_digital_8

土石流で埋もれた施設。土石流が壁にぶつかり跳ね上がったような跡が生々しい。

さて、ここから車で少し移動し、西山火口散策路へ

こちらでは、2000年噴火の初期時にできた火口で、当時の工事現場作業中であったのを噴火のため重機を投げ出し中断し逃げたままや、地殻変動の歪でできた道路、家や工場の崩壊跡などが直に見ることができます。

20090805_124457_canon_ixy_digital_8

建物もこんな。道もゆがみ・・・、しかし、道の真ん中誰が置いたか石が・・・じゃなく空から落ちてきた噴石。

20090805_123418_canon_ixy_digital_8

ただ、2004年7月20日にも、訪れているが、草木が覆ってきて、その爪あとを隠しつつあるので、迫力といったものは落ちてきている・・・何れ自然が覆ってしまうのであろうか。

今回、1977年の火山遺構公園も訪れ、これらを後にして、次に向かったのは・・・

20090805_140521_canon_ixy_digital_8

↑昭和新山! でなく、左に見ながらパス。洞爺湖畔を抜け出し何処へ・・・

20090805_160822_canon_ixy_digital_8

いきなり、飛ぶか。↑白鳥大橋。・・・そう室蘭へ

室蘭で何を、とりあえず市立室蘭水族館へ

20090805_170121_canon_ixy_digital_8

小規模ながらも、何もかも近くてよい。

20090805_161639_canon_ixy_digital_8

アザラシも、北海道なら利尻・礼文まで行けば野生のものがいつでも見えるが、それでも、こんなに近くには見えないですね。

ほかに、ふれあい体験コーナーなど直に触れることができるナマコやヒトデなどの海洋生物や魚たち。

この後は

20090805_183332_canon_ixy_digital_8

地球岬。はるか水平線の彼方まで地球が丸いのがわかる?単なるカメラレンズの歪か・・・?

20090805_184953_canon_ixy_digital_8

ちょうど地球岬で日没。

20090805_192056_canon_ixy_digital_8

日没後は、近くの測量山で、室蘭の夜景を楽しんだ。

実は写真こそないが、測量山自体も、各局のテレビ塔が立ち、それぞれが、オレンジ、緑、ブルーといった照明でライトアップされおり綺麗。

さて、本日は「むろらん温泉ゆらら」で温泉をいただいた後、白鳥大橋のライトアップを楽しみつつ、洞爺湖のキャンプ場へ帰宅。

20090805_205024_canon_ixy_digital_8

2009年夏旅行6 ニセコ~札幌~小樽~フェリーへ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »