« SOTO ST-233 と snow peak パイルドライバー in 赤城オートキャンプ場 | トップページ | 2009夏旅行5 洞爺湖半噴火後めぐり~室蘭 »

2010年5月22日 (土)

たこフェリーと美湯松帆の郷(兵庫県淡路)

今日は、淡路島の温泉に行ってきました。

目的は温泉でしたが道中楽しみながら行こうということで、全行程6時間ぐらいの、こんなドライビングコースを急遽セッティングしました。

1.明石から、たこフェリーに乗って淡路島に渡る。

2.道の駅あわじに立ち寄りぶらぶら。

3.美湯松帆の湯でゆったり。

4.明石海峡大橋で本州に渡る。

では道中をば・・・

たこフェリー乗り場に入るゲートで車両と旅客料金を支払います。大人2名子供1名でも2100円で格安。遊園地の乗り物レベルになっています。

Img_0644

これにたこ焼きを持ち込み、船内で食べながら少しの間くつろぐ。といっても出航してから20分強で着いちゃうんですけどね。

その間、明石海峡大橋の下をくぐり抜けたりするので、見ものです。

Img_0660

橋真下突入!

Img_0663

短い時間ながらも、フェリー独特のマッタリ感はありますね。

淡路島に着きましたら、明石海峡大橋の方面へ少し走り戻り、橋のたもとにある道の駅あわじでもぶらぶらします。

Img_0678

ここで昼下がり、昼食というわけで、たこ飯、櫻鯛の茶漬け、刺身盛り合わせなどいただくことに。

Img_0677
(櫻鯛の茶漬け550円)

この橋のたもとでは釣り人も何人か、岸が遊歩道のように整備されており気軽に釣りができそうな場所でした。

さて、道の駅を離れまして、東方向へ数分ほど車で行きますと、左方向にと美湯松帆の郷という見落としそうな小さな案内がありますので、一気に山に上りますと、温泉到着です。

温泉はラドン冷温泉で、さっぱり入湯できるような温泉です。タオルは用意がありませんので、買うか持ち込みましょう。

まぁ何より、明石海峡をゆっくり行きかう船と明石海峡大橋を望みながら温泉に入れるのが、何よりのポイントでしょう。

温泉に入った後は、早々に帰り着きましょうということで明石海峡大橋を渡ります。ここでも眺めが最高です。

(後半、温泉からは完全マッタリモードで写真もありませんという状態でした。。)

|

« SOTO ST-233 と snow peak パイルドライバー in 赤城オートキャンプ場 | トップページ | 2009夏旅行5 洞爺湖半噴火後めぐり~室蘭 »

1.キャンプ・旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/34825329

この記事へのトラックバック一覧です: たこフェリーと美湯松帆の郷(兵庫県淡路):

« SOTO ST-233 と snow peak パイルドライバー in 赤城オートキャンプ場 | トップページ | 2009夏旅行5 洞爺湖半噴火後めぐり~室蘭 »