« さっき東京から帰宅 東京ブックマーク利用 | トップページ | CR-Zに試乗してみて »

2010年2月23日 (火)

ASUS M4A785D と mAgicTV Digital で 音ずれ コマとび

地デジPCネタ

ASUS M4A785D-M PRO
Athron II x4 635 (2.9Ghz)
Windows XP SP3

という環境でmAgicTV Digital 音ずれやコマとびといった不具合が発生する。

先日、同ボードをVistaで地デジPCに使ったときにチップセット 785G の再生支援が働いてよい結果だということを述べたが、我が家の主力の地デジPC にもと思い、秋葉原のお土産として、他店対抗6980円でゲット(他は8000円強~9000円)してきたマザーボードを、セットしてみたが、上記のような結果である。

改造前のASUS M3A78-EM と Phenom II x2 545 (3Ghz) と比べると

CPU使用率は 30~50% が、10~15% に抑えられ、これだけを見ると成功と思ったが、実際には、先の不具合が発生する。

CPU使用率が十分に下がったのになぜか?

いろいろ設定を変えていくうちにわかったのは、Cool‘n’Quiet を切ると、不具合が無くなりました。調整が必要のようです。

一筋縄ではいかなくなってきたので、ふたたび冒険AMDという気がしてきました。

ところで、改造前は影響してコマ落ちなどしていましたが、録画中にインターネットするぐらいなら、何の影響も受けなくなりました。Penom II x2 から Athron II x4 に シリーズダウンさせたのですが、4コアのおかげでしょうか・・・

【追記】

AMDのCPUドライバはWindowsの電源管理で「最小の電源」以外にして機能的に無効化、代替としてK10statで最小時の設定を800Mhzから1450Mhz動作に引き上げました。

1450Mhz動作は、トライアンドエラーで得た結果。たとえば1000Mhz動作ぐらいの引き上げですと、音ずれします。

次回設定のために記録↓

K10stat導入前はCPU-Z計測でこうなっていました。

最大:2913.6MHz  x14.5  1.328V
最小:803.8MHz   x4   1.008V

K10statでP3を次のように設定

FID DID Freguency CPUVoltage NBVoltage NBDID の順
設定前: 0 1 800 1.0250 1.1750
設定後: 13 1 1450 1.1000 1.1750

以上で
最小:1450Mhz x7 1.1V にしてみた。

【追記 2012.11.24】

こんな時期があったね・・・

追記現時点で Windows8 上でハードは同じ状態のままで使用していますが、IODATAさん最新のドライバ・ソフトウェアで、本文の不具合もなくK10statを入れることなくノーマルで問題なく使っています。Windows7にしたあたりから不具合はなくなりましたね。

|

« さっき東京から帰宅 東京ブックマーク利用 | トップページ | CR-Zに試乗してみて »

2.カメラ・PC・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/33497971

この記事へのトラックバック一覧です: ASUS M4A785D と mAgicTV Digital で 音ずれ コマとび:

« さっき東京から帰宅 東京ブックマーク利用 | トップページ | CR-Zに試乗してみて »