« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月22日 (日)

大阪城公園の観光

昼から大阪城公園の観光に出かけてきました。

Hni_0085

大阪って車で観光しようとすると、駐車場の場所がわかりにくいです。あらためて観光人になった気分で行くとそのように思いました。他府県だと観光地ポイント付近には駐車場はこっちの標識など多く、自治体の意図する駐車場へチェックインできるのに、ないですね。

ここ最近はTimesとか増えているからいいけど。で、思い出して、たまに府庁などに行くときに使う、府庁第1駐車場に入れました。大阪城の場合もここがお勧めです。

今回は天守閣に登ってみようと、改装まえの十数年前に上ったきり。いやー変わってましたよ。

天守閣内は、お城にかかわる資料が満載になってました。資料館として十分価値ありです。

Hni_0061

ちなみに城内梅の咲き具合はこちら、5分咲きといったところでしょうか。

Hni_0097

さらに、今回良かったのが、大阪城公園内にロードトレインができていたこと。2006年3月に運行したとあるが、大阪に住みながら、しらんかったなぁ。

絶対灯台下暗しだわ。

ここ最近、足を痛めていることと200円と安いので、桜門前から大手門前まで乗りました。

車内では、到着まで大阪城公園内の観光アナウンスを運転手が生でしてくれます。大阪城の一変した情報もあり、観光気分がUPします。結構面白いアナウンスになってますので、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

実は Full HD ディスプレイ になりました

先日、PCもIODATAのGV-MVP/HZ2Wという地デジチューナーつけましたということを報告しましたが、問題なく動作しているので、調子に乗って acer の H223HQ という Full HD 対応、つまり 1920 X 1080 ドット表示のディスプレイにしました。

ついでに、せっかくある地デジテレビにもPCの出力で簡単に映せるよう HDMI スプリッター (分配器) もつけちゃいました。

[PC] ─ [HDMI Spritter] ─ [(1) H223HQ Display]
         └─── [(2) Hitachi Wooo HiVisionTV]

こんな感じで(1)のディスプレイ情報をPCに伝えて信号を出すようスプリッター側で設定しています。こうしておかなければ、両ディスプレイの情報が変に混ざった状態でPCに帰り、地デジチューナーが、HDCP対応ディスプレイでないと反応し、地デジ画面を表示してくれなくなります。

これで、(1)で正真正銘のハイビジョンが楽しめますし、(2)の大きな画面で楽しむこともできます。2画面同時表示か、(2)はOFFにしておくことが可能です。

スプリッターは Trinity Sinplism HDMI Spritter 1:2 で、分配もどきに奮発してしまいました。でも、ディスプレイの情報をどう返すか選択できるモード機能が役立ち重宝しています。

昨年の晩秋よりはじめた液晶TV単体とPCの録画環境を地デジにする更新は、これで一通り完成し終えました(^^♪

地デジとなると、著作権保護が効いているので扱いにくさがあって、思うことが実現するか不安があったが、少しずつ移行し、何とか完成しました。

今回のポイントは

→ 容量を気にせずにテレビを録りたいというのも1TBになったので、PCの他の保存ファイルなどがあっても、高画質に99時間以上録画できる容量。・・・そこまで録りだめはしませんがね。

→ PCで録った地デジ番組も、大きなWoooででも見れたら良いなぁと思っていた。以前はPCからLANDISKに録りだめしてネットワークプレイヤーでTVに映し出すことにしていたが、今回のHDMI スプリッターとFull HD ディスプレイで実現した。

古い部品を売りながら買うという方法もして、追加出資は総額15万円といったところでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

雑賀崎(和歌山市) 雑賀崎灯台~番所庭園

いつもは雑賀崎(さいかざき)には、その漁港にサビキ釣りをするために出かけるところだが、隣にあるという雑賀崎灯台と番所(ばんどこ)庭園というところがあることに気づき、気になっていたので、今回はそれの散策を目的に出かけることにした。

雑賀崎灯台直前の数百メートルの道は細く、灯台に着くのか?と思わせるが、灯台下には10台ほど停められる駐車場がある。いちおう2時間内300円となっていて、おっちゃんに支払う。支払うと丁寧なお礼をされた。このあたりの人々は気持ちが良いのである。それが何度も足を運ばせているのかもしれない。

到着するなり、お昼時間だったので途中のコンビニで買ったおにぎりをほおばった。灯台からは和歌山港、大阪湾、淡路島南方、太平洋の大海原、ポルトヨーロッパ、海南方面を見渡せる。冬の午後は、海上に太陽が位置し、海原をキラキラ輝かせ陽気な海景色でした。

20090215_142129_canon_ixy_digital_8

われわれはゆっくりしていた方なので、その間、結構な車の出入りがあって、混雑こそしないが入れ替わり見物客がくるような状態だった。

灯台から下方に、番所庭園が見える。早速そこに、歩いて行った。片道10分ぐらいといったところ。歩きでなくとも、番所庭園には駐車場があり500円で停めることができる。入園料は大人500円、小人300円だったかな。自販機、トイレあり。庭園というだけあって、施設はきれいに整備されている。

20090215_151336_canon_ixy_digital_8

それで、ここは予想外に遊べるところだった。

20090215_144910_canon_ixy_digital_8

風光明媚な庭園と景色をみるだけでなく、アクティブにも磯釣り、迷惑を考えて混み具合にもよると思うが園内は広く、かけっこやボール遊びもできる。サイト使用料として別料金をだせばバーベキューもできるとのこと。

20090215_151145_canon_ixy_digital_8

帰りにそのあたりのことを窓口のおじさんに聞くと、ここで模様されたアルバムを見せてくれて、結婚式を挙げた方や立派な魚を釣った方の写真を見ながら、いろいろなことができることを話していただきました。いわゆるプライベートビーチもあって夏は条件付で海水浴も可能とのこと。

私の中で、いろいろできるね、雑賀崎となってきました。(^^♪

番所庭園ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

鳴門海峡のうずしお

昨日の朝、うずしおを見てきました。

前の日の晩から温泉と和食の「じゃらん」1万円ぐらいのプランで「南淡路ロイヤルホテル」入りしてから、翌朝の大潮の時間帯に合わせて、うずしおクルーズの咸臨丸でいってきました。

20090201_100055_canon_ixy_digital_8

大潮の時間帯だけ確認して、急に決めた行き当たりばったりの旅でしたので、ホテルのフロントで船の発着場など聞きもって行きました。
船の発着場は車で10分もかからないところで便利でした。前券がホテルのフロントで1割引の1,800円で購入できました。

さてさて、うずしおクルーズは日本丸か咸臨丸のレプリカ船でゆく約1時間のうずしお観潮。乗船できたのは咸臨丸。現地に着くまではフカフカの椅子に座ってうつらうつら。現地に着くと甲板にでて渦を探す。渦が何個も出来ては消えと、咸臨丸の最上デッキから見ると渦の形がよくわかりました。そこで遭難したら脅威ですが、安全な船からは自然がつくる面白さでしたね。ただ今の時期は風が冷たい。

ところで船の発着場横に無料の足湯がありまして、帰り際に寄って、船で冷えた体を足から温めました。ここの足湯は少し変わっていて、渦の巻く湯船と手も温められる足湯ならぬ手湯があります。(親切にもタオルが100円で販売されてました)

大阪から高速道路を使って1時間半ほどでいける近さですが、なかなか見にいけなかったので見れてよかったです。(和歌山に行くより道が良いので楽かも)

<今回のコース>

1/31(土)
1. 北淡震災記念公園(野島断層、メモリアルハウス、神戸の壁、震災体験など)20090131_145430_canon_ixy_digital_8

2. 南淡路ロイヤルホテル泊(温泉など)

2/2(日)
1. うずしおクルーズ
2. 灘黒岩水仙郷
20090201_114734_canon_ixy_digital_8
3. 淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物園」
20090201_142627_canon_ixy_digital_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »