« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月13日 (土)

Thunderbirdを複数PCから複数ユーザでプロファイル共有する

メールソフト、Becky!で受信済メールを共有ディスクに保存し、LANに繋いだ各PCから同じ受信済メールがみれるようにしていましたが、Becky!2からThunderbird 2.0.0.18 へ乗り換えの際に同様の環境ができるかググッてみたら、そのものがなかったのですが、各々部分的なノウハウを集めたら出来ちゃいましたので、その環境構築専用に手順化したメモみたいなものです。使い方にあわせていろいろ応用が利きそうです。

複数の各PCから、共有ドライブにおいたProfileを参照して、どこからでも各自専用のThnderbirdを利用できるというもの(^_^)v

1.Thunderbird ダウンロードしてインストール。
2.アカウントウィザードはキャンセルして終了
3.Windowsのファイル名を指定して実行でthuderbird.exe -p を入力して実行
4.Thnunderbirdのプロファイルマネージャーが起動し、default以外に必要な人数分名前を作成する。英語のほうが良いらしい。

5.ThunderbirdのProfilesフォルダを共有ドライブの任意の場所に移動させる。

もともとのProfileフォルダとiniの場所
Win XPの場合、
C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Application data¥Thunderbird¥

Vistaの場合、
C:¥ユーザー¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Thunderbird¥

6.ThunderbirdのProfiles.iniを編集

共有ドライブWのthuderbirdにProfilesフォルダをおいた場合のiniの例↓
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=0
Path=W:\thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.default
Default=1

[Profile1]
Name=名前A
IsRelative=0
Path=W:\thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.名前A

[Profile2]
Name=名前B
IsRelative=0
Path=W:\thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.名前B

IsRelativeは0が絶対パス指定、1が相対パス指定のタグなのでドライブ名から指定するときは0にする。
Pathに、共有ドライブなどの相対パス指定のときはWindowsでもPath=フォルダ/ファイル名とスラッシュで区切るが、絶対パス指定のときはWindowsの通常の書き方、ドライブ名:\フォルダ\ファイル名となる。

7.デスクトップのThunderbirdショートカットを人数分デスクトップにコピーする。(ショートカットアイコンが人数分)
8.コピーできたショートカットを右クリックしてプロパティを開き
9.リンク先を"C:\Program Files\Mozilla Thunderbird\thunderbird.exe" -p "名前" に変更する。
10.それぞれのショートカットから起動し、アカウントウィザードを実行して設定。
これで、各ショートカットから起動できるようになっているはず。

ここから2台目PC以降の設定
11.2代目PCにもThunderbirdをインストール。
12.アカウントウィザードでキャンセルして終了する。
13.先に設定したPCのThunderbirdのProfiles.iniを2代目の同ファイルに上書きコピー。
14.デスクトップのThunderbirdショートカットを人数分デスクトップにコピーする。(ショートカットアイコンが人数分)
15.コピーできたショートカットを右クリックしてプロパティを開く。
16.リンク先を"C:\Program Files\Mozilla Thunderbird\thunderbird.exe" -p "名前" に変更する。

できあがりです。各PCのショートカットから同じメールが見えるようになっているはず。
ちなみに、すでに起動しているユーザーのメールを他のPCから起動すると、アラートがでて同時起動できなくなっています。

*わざわざThunderbirdに変更したのにはわけがありまして、Linuxでも同じ環境でメールを使いたかったからです。まだLinux (Ubuntsu) からは設定していませんが、Pathの設定でLinux風に書き直せば出来るだろうと・・・

(追記)

共有ディスクが省電力休止で待機状態だと、「Thuderbirdは起動していますが応答しません。・・・コンピュータを再起動しなければなりません。」となりますが、再度Thuderbirdの各自ショートカットをクリックして起動すると正常起動します。・・・ちょっとうっとおしい。Thuderbirdは起動する前に、プロファイルがないと判断してメッセージを出すようですが、Becky!の場合は、このあたりは考えられていたので、復旧してくるまで待ってくれていました。

UbuntuのThunderbirdからも共有ディスクに置いた受信済メールを利用できるようになりました。これでWindows XPとVistaとUbuntuで送受信メールの共有ができています。
Ubuntuのほうもプロファイルの場所を指定するファイルがありますが、そこで共有ディスクを指定してもうまくいかなかったので、UbuntuのほうにあるProfileフォルダに直接共有ディスク上のProfileファイルのリンクをおきました。

(さらに追記)

Becky!に戻しました。

ThunderbirdでもBecky!のように、ネットワーク共有のメールのアカウント情報、アドレス帖、メール内容を2台以上のPCから共有して使うことを確認しましたが、動作軽快性からくる快適感はBecky!の方が格段に上でしたので戻しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

ハイビジョンテレビ UT32-HV700 導入!

日立の地デジ対応ハイビジョンテレビ Wooo UT32-HV700W が届きました。

ヨドバシカメラで8万円ぐらい、しかも日立のキャンペーンでカセットHDD iVDR-S 120GBが貰えてすぐに地デジ録画対応テレビにもなるバリュー感たっぷりもの(^^♪
あと、消費電力も低めで、ながらテレビ族にはエコであり家計にやさしい。

3.5cmの薄いディスプレイで、ディスプレイとチューナーもろもろのWoooステーションがHDMIで繋げるようになっている。ディスプレイは単体動作モードとWooo専用モードがある。単体動作ではPCのディプレイなどにも流用できるようだ。とにかく、薄いフォルムのディスプレイは裏から見ても大丈夫なようデザインされているので、ぽつんと部屋の途中に置いても苦にならない。

本当は、違うメーカーのテレビを買うつもりで、一通りを店内をブラウジングしていたのだが、その中で一際違う売りを見せていたのがこれで、録画もできてデザインもよく、映像もきれいに映っている。

使い始めて浅いが、安さとデザイン性で、性能は二の次かと思いきや、今のところ不満もみえず。

店頭でも高価なタイプとの違いがわからず、37インチで倍速60コマと120コマが横に並んでいたので、見比べると120コマのほうは動きの映像部分が若干くっきり見えるような気のせいのような・・・わかりません。フルHD、そうでない・・こちらもほとんどわからず。映像音痴になったのか、本当に微妙なところなのか・・・しかも、購入するものは32インチだからさらにその違いわからず。

そのあたり店では甲乙判断つけれらなかったので、こいつには770という高性能タイプもあるが、5万円以上の開きにあえて700にした。770は裏番組録画をしたい場合にWチューナーだからチョイスすべきかと思うところ。ただ、当方宅はアナログながらWチューナーの録画パソコンがあるので、今のところ地デジ録画は不要。

しかし、UTの録画機能を使ってみると、使いやすくて便利。PCのテレビ録画と変わらず、テレビ番組表から予約できるし、使い心地よし!で、見ている途中で、用事が入り、後で見たいときは、このテレビでそのまま録画して後で見て消すの使い方で重宝です。

実は、実家のテレビもWoooの01シリーズでivポケット装備なんですよね。こちらは250GB HDD内蔵タイプで、録画はこれにされています。ivポケットは使ったことがなかったので、今度、うちのUTシリーズ700で録画したiVDR-Sをを持っていって観てみようと思います。

そうそう、01シリーズは倍速120コマですが、動きの早いものはコマがブレて不自然に見えるときがあります。UTシリーズ700は倍速60でも新しいので技術的進歩で調整されているのでしょうか不自然さがありません。

(参考)

32型/1366×768ドットパネルを搭載した「UT32-HV700」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »