« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

車載12セグ地デジチューナー・・・本当の実力

2年前の新車購入時にクラリオン DTX760の地デジチューナーをディーラーにつけさせたのだが配線の引き回しの仕上がり具合は良かったが、何とアンテナケーブルが左右反対についていることが判明した。

フィルムアンテナとアンテナケーブルが接続するボックス部分の粘着がなくなり、フロントガラスから外れかかることがあったので、両面テープを貼りなおすため、置いていた取付説明書を見直していて判明した。普通コードは下からボックスに入る形になっているが、上からボックスに入るかたちで設置されたいたのである。

しかし、コードはディーラーが設置しただけあって、ピラー内から、どこを這わせているかわからないが、助手席カーペットの穴からコードが出てくるようになっている。

このコードを配線しなおすには相当の部品を外さなければムリのようなので、あきらめてそのまま両面テープを張りなおすことにした。

シールはがしを使いながら、簡単に外れたが、少々の力で端子部分も一部もぎ取れてしまった。

こうなれば仕方がないということで、ボックスが分解できないか試行錯誤してみると、簡単にボックスがはずれ、電子部品の載った中の基盤を出すことができた。

ここは説明書によるとアンプとよばれているので、電波をアンテナ直下でブーストして効率よくチューナーに届けようという仕組みのようだ。この地デジチューナーは2006年製だが、2007年製のDTX875から4チューナーとなり、アンテナアンプ用の電圧が変わったとかいうことを人づてに聞いたことがある。ついでだからと、こいつの電圧はと基盤むき出しになったコードの電圧を測ってみた。結果5.2Vだった。5V仕様のアンプ回路のようだ。

基盤のアンテナ端子は2つあるのだが、コードが接続されているところから遠いほうがアンプ経由の端子となっており、10cmぐらいの長さのある金属で強力に電波を受けることができるということもわかった。

ということから推測すると、逆さについていると短いほうのフィルムアンテナにアンプ側が接続されて、長いほうのフィルムアンテナにアンプなしの端子が接続されるという効率の悪い接続方法になるというのもわかった。実際に手で支えて逆さ、正常とフィルムアンテナにボックス部分を接続してみると正常時にきれいに映るチャンネルも、逆さにすると移らなくなることがわかった。

こりゃーどうしようとしばし、だが、基盤がでたついで、コードの半田を取り除き、基盤を回収することにした。

その後、回収した端子部分をホームセンターで調達した0.1mm銅版を加工して取替え修復し、回収したときとは左右逆のコードに半田付けすることで、正常になった。

これで、いろいろなところに車を持っていき、地デジを見たところ、今まででは考えられないほどにきれいに映るようになった。これまで、直ぐに電波の状態が弱くなっているとアナログに切り替わっていたので、うっとおしくてアナログ固定にしていたのだが、2年間もったいないことをした。本当のDTX760 12セグメント地上デジタルチューナーの実力は出し切れていなかったのだ・・・

いやー、12セグ地デジだから、電波の入りが悪くて使い物にならないのかと、最近の4チューナータイプに交換しようかとも思ったぐらいだが、十分に使える状態となった。もう少しで早とちりするところだった。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

大阪府 能勢方面へドライブ

3連休初日の土曜日、るり渓温泉の温水プールに行こう!ってでかけたが、途中で子供の歯の調子が悪く行かずじまい、結局、能勢の「自然の森オートキャンプ場」の様子を見て、入り口で引き返すドライブとなってしまいました。

「自然の森オートキャンプ場」を入り口からみると、最低気温1度とか、冷え込んできたにもかかわらず、満員状態、すごいねー、ここの人気は。。。キャンプ道具積んでたら飛び入り参加したい^^;

で、結局この後、るり渓温泉駐車場で折り返して、道の駅能勢くりの郷で、金魚の水草アナカリスをゲット(何でここで買わなあかねん)。ペットショップのと違って、近辺で採取されたもののようです。

能勢の紅葉を目にしながら、帰路につきました。

ところで、「自然の森オートキャンプ場」は基本的に、AC電源なしのサイトです。皆さん寒さをどうしのいでいるのか気になるので、当キャンプ場ホームページの写真を拝見・・・ここは休日後には、そのとき利用した一部の皆さんに管理人さんがサイトの様子などの写真をUpするのが恒例なんです。・・・見てみますと、常設の焚き火はもちろん、フジカペットストーブ、小川のちびストーブが稼動、これらで暖を取っているのが良くわかります。

そういえば去年の今頃は、和歌山でキャンプしていたんだっけ。灯油ストーブを持ち込んでしたけど寒かったなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

モビリオXTのパワステモーター交換

 パワステ用モーターの設計が悪いため、停止したままハンドルを左右両端まで
回すと、モーター内部に大きな電流が生じて配線がショートし動かなくなるた
め、突然ハンドルが重くなる恐れがある。

 ホンダは、全車のパワステ用モーターを無償で交換する。

と手紙が届きましたので、早速ディーラーで作業してもらいました。

作業は小一時間で終わりました。ハンドリングは何の変化もありません。

電動パワステだから、モーターに負荷のかかる使い方をすると、発熱して最後は配線が逝ってしまう可能性があること承知でしたが、メーカーも認めるほど弱い箇所があったようです。

図解をみると、モーターは直流ブラシありモーターです。モーター内配線でブラシからコイルに入る手前のところが弱いらしい。

それより、ブラシモーターということがわかり、消耗部分であるカーボンブラシがある以上、いつか寿命がくるということで、定期交換部品になってるのか心配です。ということで、いつかハンドリングが急に重ステになっても、焦らないで確実に廻せるよう心構えをしておこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

DSiの使用感~なかなか良いんじゃない~

まずDSiを持つとDSLと比較してしまうのか軽く感じる。

起動後のメニューがWiiのチャンネル変形版みたいな感じ。ネットでダウンロードしたアプリはチャンネルのような形式で登録できていく。その他もWiiの流れを継ぐようなインターフェース。

30万画素カメラはDSiの画面で見るだけなら十分な解像度で、撮った画像は画面に携帯電話の待ちうけのように表示できたりする。

DSiサウンドでSDカード内の音楽ファイルが再生できる。AAC形式なのでiTuneで変換すると簡単。iTuneで保存されたファイルを無造作にSDカードにコピーしてDSiにセットする手軽さ。ヘッドホンで聞いた音質は良くも悪くもなくです。内蔵のステレオスピーカーで聞いても楽しめます。ただリモコンが無いので不便ですね。

音楽ファイルの再生は「おまかせ」というシャッフル再生も可能。

無料でダウンロードできるブラウザは、DSLのブラウザと比べレスポンスが良い。これでDSL用ブラウザカートリッジは不要になりました。

あえて欠点かなというところは、Powerボタンが押しにくい(ボタンの場所が場所なので、誤操作を防ぐためか?)。音量調整はデジタル式なので微妙な調整は不可能になっています。

購入前に画面は少し大きい程度でそう変わらないのでは?と思っていたが、それでもゲームをすると大きく見やすく感じて良好。その後、DSLを使うと小さい!と思ってしまう。

結果、DSLに戻れなくなりました。よって、DSiは私が使い、DSLは子供用にしました。GBAをしないのであればDSLは不要のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

DSiゲット

本日、ゲームのじゃんく堂に、朝一番にドライブがてら立ち寄ってみたところ、DSiがさりげなく4台と中古1台が箱状態でショーケースの中に飾ってありました。「入荷!」とか張り紙も無く、ジミーであまりにもさりげないので、「在庫ありますか?」と聞くと平然と「ここに展示してあるだけです」と答が返ってきた。・・・まとめ買いする人に思われたのでしょうか。

焦る思い平然を装って、「じゃあ黒色のほうを一台ください」として、無事入手できました。

発売当日の回転時間に大手スーパーに行くと抽選販売で、1時間前に抽選済みで終わりましたというし、ソフマップとか、ヨドバシカメラとか、何度寄っても、ずーっと売り切れ状態で、散歩のようなドライブがてらにゲットできるとは思っておりませんでした。

昼になって、近くのジョーシンに立ち寄ると「緊急入荷」の張り紙で既に在庫なし、本日ここでも入荷があったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

モビリオXもうすぐ3年目突入 燃費

モビリオXに乗り始めて、はや2年が経とうとしている。いつもの燃費は12.5km/Lぐらい。

先日、大阪から淡路島経由、愛媛の西予市で折り返し、しまなみ街道を抜け、広島、岡山津市経由で大阪に帰宅という、3日間かけての1050kmを走行した。

多くは高速道路だが、80km制限と100km制限が距離的に半々といったところで、制限速度を誤差の範囲で守りつつ走行した燃費計の結果は14.5km/Lだった。

ちなみに、70km~90km走行の多かった今年夏の北海道ドライブは15.5km/Lでした。(キャンプ道具をルーフキャリアまで満載でここまで伸びるとはと思いませんでした。)

今まででわかってきたことだが、モビリオXのエンジンはFitの1500ccとほぼ同じと聞く。このエンジンは低回転からのトルク感が結構あること。70kmや80kmぐらいで走っているのが一番燃費が良い結果を得てる。

100kmからもVTEC音とともに気持ちよく加速をするが、このような走りでは、高回転域では燃費に対してエンジン特性的に不利で燃費は非常に落ち込みます。

ちょうどモビリオXを購入した時期に大型二種を教習所でとったこともあり、バスの低回転トルクフルな走りが影響して、前車のエンジン廻して走らせるシビックに比べ、モビリオXもバスに似たところがあると思いつつ、この2年間で低回転運転が板についてしまいました。

でも、ほんのたまにVTEC全開の走りもしますが・・・10Km/Lに落ち込むので滅多しませんね。踏まなきゃ経済運転、踏めば加速ビンビンVTECといった両極端な走りができる面白い車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »