« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月25日 (水)

ソリッドステーク20とペグ・ハンマーケース

近く、和歌山の河原近くあるオートキャンプ場へ行く予定です。経験上、河原近くのキャンプ場では、一見、芝で覆われペグの入りがよさそうなところでもすぐに石にあたることが多い。

そこで、アスファルトも砕くペグともいわれている、スノーピークスのソリッドステーク20を10本買い足しました。以前より、もしものときは、こいつを打ちいれて、抜いた穴に普通のペグを差し込むというセコ技を考え、1本だけ用意していたので計11本となりました。

ついで、スノーピークスのペグ・ハンマーケースも買いました。ソリッドステーク40が入る深さの袋になっており、20ではもてあまします。横にきっちり並べて入れると10本入りました。並べなければ何十本も入りそうです。

さて、近く行くキャンプ場は、こいつを出動させる必要があるかは、はじめていくところですので?です。

ちなみにメーカーの商品タグにも「最強鍛造ペグ」とな、頼もしい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

マイティフロッグをレストアする!

1983年2WDレーシングバギーRCとして人気だったマイティフロッグが2005年復刻販売されました。
また、2006年にはタムテックギアシリーズとしてもラインナップに加えられました。祝!
このページでは1983年販売の元祖版を素材としております。

このブログ記事内は下から上にいくにつれ最新となります。

(2008.06.22)

スピコンをアンプにしまして、2005年版用塗装済み市販ボディを入手!

Rc20080622
2008.06.22現在

アンプ化ですっきり。メカニカルなスピコンとそれを制御するサーボ、不要になったレジスタも撤去。
ついで、受信機とサーボなどSANWAからFUTABAに変更。
取り付けたアンプは2004年5月に中古で入手した MC 310CB これも古い。

Rc20080622c

(2008.01.17)

タカラトミーからQステアシリーズで、マイティフロッグなどのミニチュア版がでました。
グラスホッパーをゲットしてみましたので、そのレビューをブログにUPしました。

(2004.05.23)

マイティフロッグという、田宮模型のラジコン 1983-84年ごろの製品。弟が所有していたもので復活させるならヤルということなので、懐かしさと本格電動ラジコンを持ったことことがなかったことの興味から、早速レストアにはまるのであった。

Img_0102

弟曰く、当時、人気のあったラジコンだそうです。

まず最低動かすためには、プロポと充電器がないので、早速オークションで調達しました。

Prpset_2

これと、必要ではないが下記セットもついていた。

Ampmt1
Servo1

上記セットで調達できたのですが、充電器と電池を見ると、こちらにあった京商の電池コネクタがオスメス逆ではありませんか・・・ということは本体側のコネクタも逆で調達したバッテリーがつなげられない!

Img_0101

コネクタを付け替えた跡もないので調べてみると、フロッグ全盛当時は京商と田宮で逆のコネクタのつけ方をしており、現在では京商も田宮と同じコネクタのつけ方になっているとのこと。

Img_0103_2

この際、コネクタも結構酸化気味だし、接点不具合も嫌なので、こんな新品パーツを調達し、現在に合うよう付け替えてみました。

Img_0105

付け替えられたバッテリー。しかし、古いほうは充電可能なのだろうか?やっとこれで試せる。

Img_0104_2

本体側も、今風に(^。^)

古いバッテリーの充電を試したところ、充電1回目はあっという間に充電完了になり、1分ほど動かしたらバッテリー切れになったものの、2回目は通常の時間かかり、長時間動いて今も動いています。しばらく使っていなかったニッカドは数回充電すると復活してきますと、とある説明書に載っていたりする。

ほかに、電気系統は受信機の電池ボックスの金具が錆び錆び。
状態を見るべく、電池を入れ電源を入れたところ反応なし、プロポがなくても電源を入れるとサーボが少し動いたりするはずだがが・・・

Denchi

ということで、古い電池ボックスはばっさりカットして、ホームセンターで調達した新品電池ボックスに交換。これで試したところ、ばっちり反応。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

マイティフロッグの部品調達完了 改良?

1985年マイティフロッグという田宮模型のオフロードラジコンをキャンプなんぞに持っていって走らせているが、このたび、念願の部品調達が完了し、ついにアンプ化!、カラードされたボディまで付くことになりました。

月曜日、仕事場を5時30分に終わらせ、急ぎ日本橋へ・・・

久しぶりの日本橋は、電気店が減っておりました。すかさずPC中古店へ、あまり良いものないね。・・・いかん、今日の目的はラジコンパーツであった。

日本橋ならどこかにRCパーツは売っているだろう。と下調べもせず、かつては通いつめていたこともある町を、てくてく歩いているとキッズランド発見。

とりあえず入ってみよ。という具合でエスカレーターをあがり3階フロアが見えたところで、タミヤワールドっていうフロア、タミヤなら部品がすべて揃うとかなんとか放送している。

半信半疑で店内をブラウズすると、ほしい部品がすべて本当にある。おおっ!マイティフロッグの塗装済みボディまであるよ。すかさずゲットして帰路につくのであった。

帰るなり、構想にあったことを実行。

1.スピコン→アンプ(受信機+サーボも変更の改造)
2.ボディの塗装を完成させて装着(金に物言わせて塗装済みゲット)

実際の作業は次のとおり

○古いサーボの撤去、新しいサーボの設置
○受信機電池ボックスの撤去。
○サンワの古い2チャンネルサーボ+受信機から、アンプ+サーボ+受信機に変更すべく、モータとスピコン半田直付けを切断してコネクタを取り付けアンプと繋ぐ。
○スピコンの撤去
○スピコン用抵抗器の撤去
○サーボセイバーの取り付け、ステアリング部分の調整
○受信機とアンプの固定(両面テープ)

と経て、ボディを取り付け完成!

20080617

次のページで少し詳しく載せています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

大阪府岸和田市 相川の源氏ボタル

昨日、ほの字の里温泉の帰りに、相川の遊歩道で源氏ボタルを見てきました。

6月31日にも下見したのですが、そのときは数匹確認できました。

今回は、場内、数十匹はいたと思います。昨年は、もっと乱舞していたので、期待はずれな感じです。時期が悪いのかな?

それにしても、この時期になると付近は交通整理のかたが大変そうでご苦労だと思います。

追加:この地区と牛滝のほうを結ぶ新しい道が臨時駐車場となっています。ですがこの道いったん完成して通れるようになったはず(5月11日のブログに掲載)なのですが、再び舗装がはがされ工事で通行止めになっています。何をしているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

スターフライヤー(SFJ) 再び 羽田の混雑などなど

11日は日帰り東京出張、しかも夜8時ぐらいまで情報交換会を行うということでSFJをチョイス。関空-羽田を往復利用しました。

行きは8:15分発。雨で期待の富士山見えず。羽田ではタラップ車で降りてバスでターミナルに移送されました。
しかしこれ、フライト時間はいい感じなのですが、羽田に着陸してからが時間かかります。飛行機も、場内で停止して一時待機があったり、バスはターミナルまで遠く、時間がかかるしで、急ぎの人にとっては快適ではないでしょう。あまり時間を気にしない場合はタラップ車など利用でき哀愁の感があって面白いですが・・・

帰り、JR市ヶ谷駅横で情報交換は8:20分に終え、足早に羽田第一ターミナルへ。搭乗開始3分前に搭乗口に到着^^;

羽田では離陸する滑走路に行く手前での待機が終わり、移動直後、でっかいJAL機が先ほどまでいてた場所に突っ込んできたのには驚いた。さすが過密ダイヤの羽田、地上でもこれくらいギリギリでやりくりしているの?と思っていたが・・・

12日のニュースで日航機と全日空機が飛行場内で接触ということ。「やっぱり余裕無き危険な空港なのね」と思う。・・・数年後に滑走路が増えるというけどその辺の安全性はどうなのかな?

雨模様となっていたので離着陸しか夜景が見えず。定刻には羽田を出たのだが、関空へは10分ほど遅れで到着。着陸予定時間ぐらいに関空上空を通過し和歌山方面へレフトターン、和歌山県海南市有田市沖で左旋回して一路関空の着陸滑走路へ、この分遅くなった感じです。・・・前回に乗ったときは、最初から和歌山県海南市付近を目指してターンして関空に着陸だったので飛行時間は短かった。

夜遅い便だけに、私宅への最終電車の乗り次攻防となる。前回に乗ったときは飛行時間は短かったものの機体の整備に時間がかかり40分遅れで羽田を離陸したため、往生した。まぁ、私の遊び場?である関空まではたどり着くのでヨシとする。

とこで、機内の手洗いにあるトイレットペーパーも黒色じゃないか?と同僚に言われ、確認してみるも普通に白色じゃん。調べるに去年の今時期に300ロール限定でしていたとのこと。でも、それ続けてほしいよな。黒で統一していて、手洗いは一面白色だとガックリです。

今回受けたサービスは、行きはコーラ(コーラはチョコとセットではない)、帰りはコーヒー(チョコとセット)と座席専用のディスプレイでGPS-Mapとニュースビデオを見ました。毛布の配布もしてました。おっと、それと逃してはならない、男性のキャビンアテンドさんが機内アナウンスやサービスをしていました。(機内の非常説明ビデオで男性のCAが説明者として登場するので、これはイメージだよねと思っていたのですが、本当に男性CAがいるとは、ヤルね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »