« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月23日 (日)

トヨタ工場見学とサツキとメイの家

トヨタ工場見学とサツキとメイの家に行ってまいりました。
トヨタ会館(地下のレストランで昼食含む)→トヨタ工場→サツキとメイの家 という順路で名鉄観光のバスツアー(オレンジ色に犬がトレードマークの帝産バス利用)

20080320_01

トヨタ工場見学では、大きく4つの工程工場に分かれているうち、組立ラインを見てきました。
すごいですねぇ。かんばん方式とか資料で見たり、人から聞いたりしてましたが、実際の現場をみるとすごいですねぇの一言。

組み立てラインは、前の溶接工程などと違って、細かなところが多く、人の感を頼りに人がほぼ組み上げて行きます。でも、なんとなく動きがロボットのように規則的に作業されて、私ゃみたいに、新たなことがつぎからつぎへやってきて、調べながら、考えながらしている仕事とは大違いでした。

ラインは配線をつけるところとか、ドアをつけるところといったように細かい工程によって分けられ、それぞれのラインに番号がついております。ラインの番号があんどんという電光掲示板に示され、作業の進み具合が表示されます。ラインで何かトラブルが発生したら、作業員がスイッチをいれ、あんどんのラインを示す番号が点灯し、トラブルを知らせます。そうしますと、リーダーが駆け寄り解決を試します。それで解決できれば、あんどんの異常ランプは消されます。解決せず、ラインが一定のところまで進むと、あんどんの表示は赤になり、そのラインは止まります。止まった後でも解決できれば、あんどんの表示は消え、ラインは動き始めます。

あんどんは、ひとつは作業員からの連絡手段。作業員がリーダーを呼び、解決させるというもののようです。ファミレスで、店員を呼ぶボタンを押すとあんどんごときの表示板にテーブル番号が点灯するのと同じですね。(まー、歴史から考えるとファミレスがトヨタのまねをしたのでしょうけど)

きびきび、動けるのも一つは「誰が何をする」が、決まっていることも守られているからですね。

ところで、あんどんの片隅に示される残業って何?ということで調べたら、目標生産数に対して遅れを残業で取り戻すための時間。これを見させて、心理的に作業時間をアップさせようというものだそうで・・・

作る車は、車種により装備により違うものが同じラインを流れるわけですが、作業も行いやすいよう、ラインに乗ったくるま一台ごとに平行して動く、そのくるまにつけられる部品の乗ったカートが横付けされており、作業効率を稼いでいる。

その平行して動くカートは作業員からのアイデアであるという。社内ではアイデアの受付をしており、採用されれば最高20万円の賞金が出るとか・・・

見学自体は、そのカートに部品を選定して置いていくところから見ることができ、選定していき、並べていく作業員の姿は当たり前だがプロ。多くの部品のなかから迷っているすがたがほとんど見受けられない。(社内で、そのようなことを競うコンテストなどがあるとかで・・・)

いやー、普段、職場の友と夢見で話し合っていること?もあり、具現化している。歴史長き企業だけある。・・・感激しました。

ちなみに、ここでは一台20時間で組みあがるんだって。(エンジンなど部品レベルの工程時間を除く)

20080320_02

サツキとメイの家は、昭和30年代の家の中を触ってみることができるというものです。引き出しやら扉やらを開けて、中にあるものも触ることができます。ランドセルの中には当時の5年生の教科書が入っていました。

日当たり良好、この家が売っていたら、、私の幼少時代の面影がある家、懐かしく欲しくなりました。ちなみに、今回は春バージョンで、季節にあわせて内容も変えていくそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

武庫川渓谷 廃線跡を歩く

武庫川渓谷の廃線跡
調べたところ、昭和61年 福知山線の宝塚-篠山間が複線化、その際、生瀬-武田尾間はトンネル路線で結ばれ、武庫川渓谷に沿って走っていた路線は廃線となったとあります。

<コース概要>
今回のルートは西宮名塩駅から武田尾駅までを武庫川渓谷の廃線跡を利用して歩く十数キロのコース。ほぼ平坦で、幼稚園児ぐらいから家族連れ、カップル、ご老人団体などが気軽に歩いております。

西宮名塩駅でなく生瀬駅から入るルートもあるそうだが、交通量の多い国道を1kmぐらい歩かなければならない。しかも普段、そこは車で通ることが多いのだが渋滞で車でも排気ガスが気になるところなので歩く気にならず、西宮名塩駅からのアクセスしてみました。

<西宮名塩駅から廃線ルートへ入る方法>

西宮名塩駅は階層化しているので3階のバスロータリーに出ます。

20080322_125510_canon_ixy_digital_8

バスロータリーを東側に交番を横目に出ると写真の道に出ます。

20080322_125522_canon_ixy_digital_8

この舗装道路を東へみちなりに歩きます。

20080322_131121_canon_ixy_digital_8

舗装道路をみちなりに東へ歩くと、中学校、高架下、河川、墓、わらぶき屋根の家、大きなくすのきという順番で目に付くはずです。
そして、パーマ屋さんが見えたら、コンクリート舗装の路地に入ります。

20080322_131614_canon_ixy_digital_8

路地を突き進むと階段があり降りると廃線跡のルートに入れます。
降りたところ左方向が武田尾駅へ向かう廃線ルートです。

20080322_131800_canon_ixy_digital_8

すぐに渓谷が目に飛び込んできます。

20080322_131947_canon_ixy_digital_8

途中、懐中電灯が必要なトンネルが数箇所、足場は廃線のため枕木を踏みつついきます。生えている木々をみると秋は紅葉、春はこれから桜なども見ものと思います。

20080322_141634_jt010

今回、風が冷たいかなとも思い、バーナーを持っていき、沸騰させたお湯でカップラーメンなどをすすりましたが、日差しも強くなりつつあり、ぽかぽか陽気でした。
もう、バーナーは要らなくなりそうですね。

20080322_145224_canon_ixy_digital_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

大阪、信太山界隈を散策

大阪、信太山界隈を散策
先日日曜日のこと、大阪、信太山界隈を散策。住宅街に隣接、陸上自衛隊を含むフィールドは気軽に入れる森、大きな大野池、ほか溜め池が多数あり釣りにもよい。
いぬの散歩やら、日向にござをひいて昼寝をしているかたもいた。
わが子はマウンテン、親は普通自転車でかけ上がる。(-_-;)湿地帯ではオタマジャクシ発見!春ですなぁ。途中、蔭涼寺(いんりょうじ)で一休み。
目的は春の山菜だが、自転車だからかなかなか見つけられず、結局信太山にある父の畑まで来てしまいラデッシュを収穫、畑の回りには春の山菜といえるだろうかノビルがいっぱいあったが採るまでには至らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

大人には聞こえない音

高音域はどこまで聞こえるか?
ショックというか年にはかないませんか・・高校のとき、同じようなチェックをしたことがありますが、チーという20Khzの音が確実に聞こえていました。・・が今は左耳で17Khzも怪しいです。16Khzはまだ確実に聞こえます。右耳だと15Khzが怪しいです。14Khzは聞こえます。

年とともに高域が聞こえにくくなってくるらしい。やだね~そういえば、自分自身、高音つややかな楽曲に魅力を感じていたときがあったけれども、今はどうもそれが感じ取れないのはこのせい?

大人には聞こえない音 検査 や 聴力検査 のキーワードで検索すると、これらを試すことができるページを見つけることができるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

マイティフロッグ 1/10 ラジコンでGo!

1983年版元祖マイティフロッグ 10分の1サイズラジコンを久しぶりに走らせてみました。

バッテリーも25年ほど前のニッカド7.2Vパックですがテスト用に十分使えているところが恐ろしい。一本は途中でポンとガス抜きの音がして逝ったようですが・・

ちなみに、本日のトラブルは
1.2004年のリビルドでつけたサーボ用電池ボックスの金具が取れたので、新品に取替え。
2.前輪の角度がネジ緩みにより定まらなくなったので締めなおし。
3.後輪ドライブシャフトがバックで後輪をバックで壁にあてたショックで脱落(これで本日はお開き・・私のドライブでないが)

老体ですが、これでもフルスピードでは、人間が走って追いかけても追いつかないスピードまで達します。

関連ページはこちら、マイティフロッグをレストアする!→http://big2field.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post-34aa.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

大阪アウトドアフェスティバル2008

ヤッホーおじさんが来るというので見に行ってきました。とは言っても話の最初のやまびこポイントの探し方ぐらいしか聞けてないのですが、、自然破壊、このままではといった将来否定のようなことが子供たちの不安を招き・・・といったところ、子供に聞くとそのとおりとのこと、、うーん考えさせられます・・

20080309a_2
ヤッホーおじさんのページ→やすらぎの おすそわけ

さて、そのほかキャンピングカーは盛りだくさん。初めて中に入り見学せていただきました。軽自動車に寝れる機能ほかをつけたものは200万円台から、ハイエースの形そのままで中を改造したものは400万円台、外まで大きくして改造したようなものは700万円台といったところです。

断熱材などが入った雪国仕様というのがあることに感心しました。将来はキャンピングカーを買って、ぐるぐる周るのも良いかなと思いました。というか中古マンションと同じような値段もあり、普通に家の一間として使わないともったいないような感じです。

さらに、クルーザーの操縦席にも乗り込んでみました。船舶免許をとると公言しておきながらなかなか実行に移せないところ、一歩だけ近づいたような^^;
前後、舵なので、操縦に必要なところは自動車よりシンプルですな。手しか使いません。一応防水した状態で普通のカーステレオが入ってました。

キャンプ場のパンフレットを多数ゲットしました。次回行く予定の大山方面もゲットして、話も伺えました。

(当方が出かけたときに混雑状況・・・初日、土曜の午前からで、駐車場待ちということは無くスムーズで快適でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

バランスボードをPCにつなぐ

WiiバランスボードをPCにつないでGoogle Earthの町を歩くってなソフトを発見!
そのソフト作成者のページでは同様に体重計ソフト WBHealthMeter v1.11 も用意されていまして・・・

20080303a

オクにだす物の送料を割り出すのに普通の体重計で測っていたのだが大物の計測はメーター表示部分が隠れて測りにくいので、メーター表示部分が測定台とは別であればと思っていた矢先、これなら何KgがPCに表示されて使いやすいときたのです。

こちら→http://hp.vector.co.jp/authors/VA004474/

PCにBluetoothを接続できる環境が必要とのことで
プラネックスのBT-MicroEDR2という安いBluetoothアダプタを購入してまいりました。

最初はBT-MicroEDR2の付属ソフトBluesoleil 2.xをインストールして接続してみようとしましたが繋がらず。結局それの最新版であるBluesoleil 5.0.5.178 にしたら繋がりましたが、使用版で購入しなければ5MBのデータ通信までしかできないよというもの。

それではいけない、ソフト作成者のマニュアルをよく読むと WindowsVista bluetooth stack をサポートしていると表記してある。

Bluetooth初心者にとってはなんのことやら。で調べているとVistaの場合、標準でBluetoothデバイスをサポートしており、付属ソフトをインストールせずにBT-MicroEDR2をPCにいきなり挿すと WindowsVista bluetooth stack のほうになるというわけ・・・

付属ソフトをアンインストールして 挿しなおすと ハイ!WindowsVista bluetooth stack のほうになりましたです。こちらも作者がサポートしていると明記しているとおり、ちゃんと動作しましたです。

予想通り、大物の測りがしやすくなりましたです。(^^♪

ちなみにWiiバランスボードには ((正) 家庭用) でその精度が底のシールに記載されております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »