« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月19日 (日)

Pjカードとプリカカード

私のはPj携帯電話ですが、うわさを聞いていたけど改めて確認してみました。
2004年9月1日(水)午前9時より
※ 上記時刻より、Pjへのボーダフォンプリペイドカードによる追加登録が可能になります。
ボーダフォンのページで告知してありました。
ということで、どこの町の金券ショップにもある少し安いプリカカードが便利に使えます。次回チャージ時に試してみます。(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

Celeron D 2.53GHz ほか

壊れたPCに必要なデータがあるので何とかしてほしい依頼があり、新しいPCにコピーしてあげました。その戦利品として壊れたPCから生けそうな部品(CPU, メモリ, クーラー)をいただきました。
CPU はグリースのついた部分を磨いてみるとCeleron D 2.53GHz 二次キャッシュ256MB FSB533MHz であった。
http://arena.nikkeibp.co.jp/rev/parts/20040824/109282/
によると、SSE3対応になっているらしい。
クーラーは壊れた原因のコーヒーに少々侵されており、丹念に洗いまして復活したようです。横吹きのシロッコファン搭載物だったので市販部品にはあまりないためいただいたしだいです。
これらをどう生かすかはこれからですが、せっかく整理したPCが、また2台に増えるのも・・・ねぇ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

古いPCを手放す前にLinux OS の Fedora Core3 を入れてみました

Fedora Core 3 は、i815チップセットのVGAが苦手のようで、GUIのインストール途中で画面が乱れてしまい、先へ進むことができませんでした。(ウィンドウの中が透明化してしまい、何が表示されているかわからなくなる。インストールに慣れている人なら感で進めれるかも)
そこでTEXTでインストールを無理やり完了させました。ても、立ち上がってくるデスクトップでも一部のウィンドウで透明化されて不便でした。コンボボックスや実行、キャンセルといったボタン類はマウスポインタを通過させる浮かび上がるといったXウインドウの不具合でよく経験する症状でした。
こりゃ使ってられんと思いつつも、何とかオンラインのUPDATEを全部してみたら、直りました。
いろいろセットしてみますと、私の通常のデスクトップ作業は一通りできることがわかりました。
デジカメのフラッシュカードをUSBカードアダプタで読み取る・・・XPみたいな手軽さで認識、取り込むことが可能。
Yahooオークションに出品できるか?・・・難なくできました。
動画、MP3の曲は再生できるか?・・・別途、Linux向けのMPlayerやReal Playerをインストールすることで再生できました。
デスクトップPCとして使う場合、大部分がGUIから操作できるようになっていました。しかし、コマンドをたたかなくてはいけないときもたまにありで、このOSを使い続けようと思うときはもう少し先になるようです。

Fedora

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

パソコンをリニューアルしました

メインのPCはハンドメイドパソコンなのですが、これまでCeleron 700のものを2台でこなしてきました。なぜ2台かというとTVの録画にビデオサーバもかねていたので、1台ですると非常に重くきつかったからでした。それが、Windows Media Encorder でライブカメラをするためにPentium41.8GのPCを調達しまして、ためしに今まで2台でしていたことを、この1台にまとめましたところ、これが支障なく使えるので、早速、古い2台をつぶしてハードウェア(HDDやDVD+RWなど)も移植して1台にまとめリニューアルとなりました。

まぁ、はやいPCであるぶん電気は食いますね。

以前のCeleron 700 では1台あたり30-40Wぐらい、リニューアルしたPentium 4 1.8は50-60Wぐらいで動いています。以前の場合でも2台フル稼働させていると、今より消費電力は大きいぐらいでしたからトータル的に変わらないかもしれませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »