« ST5350K2を開発用マシン化 | トップページ | Mozilla ほかを1.01にRev.up »

2003年4月21日 (月)

RedHatから無線LAN接続

FMV-6200では、PCIカードをインストールした時、資源の衝突が起こりやすく解決できないため、先日改造したST5350K2 開発用マシンで試すことにした。

無線LANの設定をするもなかなか繋がる様子がないと思っていたら、挿したカードに関するアクセスポイントのセキュリティを解除するのを忘れていた。解除したところで、いじり倒したあとだったので復旧が難しかったため(どこをいじったか?)、新規にインストールしなおした。

環境はDHCP有りのルータ配下で、有線LANカードと無線LANカードの両ハードが一つのマシンに同居しているのだが、インストール途中のeth0(有線)とeth1(無線)の設定セクションで有線LANにはコードを挿さずDHCP無、自動起動無、アドレス欄は無にして、無線LANの方をDHCP有、自動起動無にしたところ、セットアップ完了後、即無線LANで接続できるようになった。

離れた部屋でRedHatでのWebブラウジングが可能になりました。やっぱりメモリが多いと良いです。

|

« ST5350K2を開発用マシン化 | トップページ | Mozilla ほかを1.01にRev.up »

2.カメラ・PC・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/56040523

この記事へのトラックバック一覧です: RedHatから無線LAN接続:

« ST5350K2を開発用マシン化 | トップページ | Mozilla ほかを1.01にRev.up »