« KVM SWITCH を4台対応へ拡張 | トップページ | FMV-5133DPS »

2003年1月19日 (日)

OpneOffice

再びOpenOffice1.0.1を試してみた。以前のVer.では日本語フォントの処理がうまくいかなかったのだが、使える状態にまできている。早速Wordからと行きたいところだが、Frontpage Expressを今まで使ってきていることから、それより編集能力のありそうなHTML Editorが魅力的で、ちょっと使い始めている。FrontPage Expressは表の編集でバグがあり巧妙な表は作成できないところが悩みだったが解消できるかもしれない。今のところ起動に少し時間がかかるという不便があるぐらいで問題はない。

OpenOffice利用のヒント:1.0.1ではオプション設定でフォントの項目をすべて日本語フォントにすることが必要です。また置き換えフォントも日本語になるようにします。

OpenOfficeで試しに作っているページ:Power Macintosh 7200/90 の復活

|

« KVM SWITCH を4台対応へ拡張 | トップページ | FMV-5133DPS »

2.カメラ・PC・家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453478/56040552

この記事へのトラックバック一覧です: OpneOffice:

« KVM SWITCH を4台対応へ拡張 | トップページ | FMV-5133DPS »