« 2002年9月 | トップページ | 2002年11月 »

2002年10月

2002年10月31日 (木)

Yahoo BB 12M ADSLモデム受取る

本日ADSL工事予定日だが、確認するためのページには工事完了と表示されなかった。モデムは29日に宅配便で発送と通知が着たが一向に届かないの でサポートに質問?答えは、私宅管轄の宅配業者に到着済とのこと。早速、直に受け取りに行き手にしたが、なんと9月1日配達指定とされていた。発送日だけ アナウンスしていて、それはないだろう。こちらは宅配便が来たか待ってたのに・・・

モデムは直接宅配業者に出向いて受取り、つけてみたがADSLのリンクはしなかった。本来なら工事が完了していて使えるはずだが、遅れているのだろう。いつものことである・・・明日の夜になってもダメなら、またサポートに質問?です。

・・・結局、ダメで、サポートでいろいろ状況を聞かれたが、NTT収容局から4Km強で、乗り換え以前はDION 8Mが下り1.5Mで使えていたことから、この取り扱いはYahoo BB 技術部隊に移されることとなった。結果までに2週間ぐらいかかるとのこと。・・・またしばらく28.8Kモデムの生活は続きそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月18日 (金)

ケーブルTVに切替

私の住んでいるところの共同アンテナがケーブルTV会社の線に切り替わりました。アンテナは、はるか3Km先になりましたが普通に見るには良好です。技術のひとが調整する前は線の途中で電波が入り込み画像が二重以上に映る現象が起きていましたが調整後はバッチリです。

原因は室内TV直前の線が粗末であったこと。といっても同軸でしたが、分配器やコネクタの外装はプラスチック製のもので、どうやらここから入り込ん でいたみたいです。すべて金属シールドつきのものに変更されました。(高周波を使う配線には高価なものはそれなりに良いようです。・・・実感。)

しかし技術の人は感心します。室内ケーブルを速攻で作って繋ぎ、テレビとビデオのch設定もあっという間に調整してしまいました。普通の人にはあたりまえかと思うでしょうが、いつも使っている自分でさえもこんなに早くセッティングはできないと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月16日 (水)

28800bpsアナログモデム接続

しばらく28.8Kbpsなインターネット環境を送ることになった。今までとは違う他社のADSL12Mに切り替えるための工事待ちです。NTT側で今までのADSL回線を一旦アナログへ戻すのに約2週間以内、そのあとで新しいADSLへ切り替えるそうです。

AIWAの携帯型14.4Kbpsモデムはアナログ全盛時代が終わった後、非常時用に場所をとらない外付け方をと調達したもの。こういった切替や回線メンテのための普通時に活躍してくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月12日 (土)

Mac環境一時退却

2002年10月12日 Mac環境一時退却

8月17日にふと入手した7200/90、実はそれから電源も自動で入るビデオ&オーディオレコーダにできないかなと模索しているうちにG3 DT266をゲット。しかし、今のところビデオにするにはモノラルでしかうまくいかないことが判明。しかもOS9まで。しかたがないので新しいOS 10.2をゲットして遊んでいると、結構たのしいOSだということが判った。

都合の良いところ悪いところ

  • Appleマジックのかかった使えるUNIX系OSには妙に好感。操作しているとUNIXだなとも思う。
  • LANでWindowsとファイル共有が簡単にできる
  • ファイルの判断に単純な拡張子を使うことになったので、今までのようにリソースがおかしくなったとき面倒な修復が不要。リソース分減るので良い。
  • Office Macをもっている人が近くにいるのでいろいろ試したが、WindowsのOffice97とも問題なく互換性もあった。ただMacにもAccessがほしいとぼやいたが・・・
  • システムのタイマー起動がサポートされなくなった。目覚ましがわりにできん。

Mac OS系は操作していて楽しいので、DT300に変更して本格的に癒し系ネット専用マシンにでもしようかと思ったが、それはそれは狭い住居、操作効率のため Windows3台は必ず必要でも、予備的なPCの場はなく、逆にストレスがたまりそうなので泣く泣く手放すのであった。(T_T)

もう一つ、クウォーツエクストリーム がPCI接続のVideoでは実現できないということが判って(重要でもないが、知り合いのMacの同機能を見るとね)

場所的制約から、マルチブート可能なintelマシンでもそのままに動くOS Xをリリースしてほしいと思うのでした。
それか、現行iBookかPowerBookをいただけるなら喜んで使います。(図々しい)

といっても、パブリックではMacを使うので、またいつかカムバックしてくるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 8日 (火)

OS X 10.2 のテキストエディッタ

OS X 10.2 のテキストエディッタ

ベンチマークのスコア保存にエディタを使ったが拡張子rtfってなる。リッチテキストが標準らしい。Windowsで開くと普通のNotepadではもちろん開かないのでWordpadかWordで開くことになる。例>スコアのファイル(ダウンロードして開くべし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 7日 (月)

OS X 10.xのベンチマークソフト

danicsoft の SpeedRun 1.13で測ってみました。

DT300 ROM Rev.3 Bord Rev.2 変更点はクロックアップで333Mhz VRAM4MBのみの仕様

Graphics 185
Harddrive 163
Processor 123
RAM 224

Overall 174

ちなみにDT266ではGraphicsが90台、ほかは忘却。Rage Pro (DT300) とRage II + DVD (DT266)の違いですね。といっても実用上はどんぐりの背比べです。ソフトに入っている例をみるとGeforceものなら1000ぐらい、じゃぁ Geforce導入と行きたいところだが・・・効果あるけどまだ高価だね。

この時点でRage Pro (Turbo有無両方)でOS X 10.2にはアクセレーション機能付のドライバが入っているが、2Dのみで3Dには効かない。あとQuartz機能ももちろん効かない。これはPCI接続では実現できないという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 6日 (日)

CLIE PEG-S500C復旧

液晶破損していたが、同機種中古を8000円ほどでゲット。データ移行が面倒そうなので液晶の交換をしました。(HotSyncは同じ機種でも違う 機体として認識できるようになっているといううわさを聞いたので。:未確認)私にとっては小さい割に簡単に分解できたので楽勝でした。

ゲットしたPEG-S500Cの液晶はコントラストが濃いのに見やすい。シリアル番号も若干新しいので液晶のコントラストについての対策がされた後のものだったのか?対策があること自体うわさで聞いたことがあるだけだが、、、くっきりはっきりで見やすくなったよ。

ドライバ一本で液晶とボタン部分、側面前面パネル、後部パネル、ペンホールド、電源ボタン、バッテリー、ネジという具合に分解可能でした。

酷使するPDAなので部品取りの安い中古があると安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 5日 (土)

スクリーンキャプチャーはPDF

スクリーンキャプチャーはPDF

   

OS X 10.2はOS9以前のようにショートカットキーでスクリーンキャプチャーができるが、とってみるとPDFファイルで保存されるのでした。(^○^)

   

At_osx


 作製されたキャプチャーPDFファイル

 「at_osxcap.pdf」をダウンロード    

ところで、DT300もクラフトダクト?を採用し333Mhzで安定動作しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 4日 (金)

OS X 10.2.1 のファイル構造で

OS X でWindowsの共有ディレクトリにアクセスすると .DS_Store というディレクトリ内のファイルに関するプロパティが記録されているファイルが作製される。また、仮にfilenameというファイルを書き込みすると ._filename といったリソースフォークとFinder情報を収めた隠しファイルが作られる。
(参考:とむねこのページより)

これらはWindows側で隠しファイルも表示するよう設定されていると見える。拡張子さえあれば、OS Xでフォルダ内のファイルの位置など関係ない、リソースフォークが要るOS9以前の環境で使うこともないというのであれば消しても問題ないと思う。もちろん、Windowsにとってはこれらのファイルはゴミである。

OS X がアクセスするWindowsの共有ディレクトリは後々のファイル整理を考えると限られたところにしておくことが無難であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 2日 (水)

CLIE PEG-S500C 液晶壊れる

今まで何度も落とても無事だったCLIEがわずか50cmからカーペットの床に落ちただけで液晶の角が折れてしまった。もちろんその幅で液晶は真っ 黒け。液晶を交換するよりも中古を買ったほうが安いので早速調達中。。。便利な電子手帳として使いこなしているだけに同じもので対応することにし た。・・・Mac買って懐さびしいしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年9月 | トップページ | 2002年11月 »