2016年9月24日 (土)

かかみがはら航空宇宙科学博物館

名古屋で中古カメラバーゲンに来たついで、足をのばして、この土日いっぱいでリニューアル工事に入る「かかみがはら航空宇宙科学博物館」に行ってきました。

平成28年9月24日、25日にお出かけするにおすすめというか、リニューアル前最後となります。以降、平成30年3月下旬までの予定で閉館します。

20160922_153349_nikon_d3200a
(工事前の博物館全景)

息子の提案で来てみたのですが、来てみたとたんよろしい!(自分の食いつき度合ok)

懐かしいYS-11の実機が展示してありましたよ。

20160922_153528_nikon_d3200

小学生ぐらいのときまで、よく乗りました。伊丹空港-松山空港間をANA(全日空)で1時間ぐらいでした。

多数旅客機があるなかで小さい方と認識しつつも、大きな飛行機に見えたのですが、いま改めて近くで見ると、小さいっす!

正味客の乗る部分は大型観光バスと変わらないぐらいかも。

これで飛んでたのか。でも当時の操縦士さんたち上手かったのでしょう。あまり揺れず安定して安心して乗っていました。

思い出といえば、冬にエンジンが始動せず、スターターモーターでエンジンをスタートさせる音がするのだが、回転が落ちエンジンが立ち上がらない音(まるで、古い車かバイクのよう)

何度か繰り返し、最後には「バッテリー切れのため、電源を確保しますので、しばらくお待ち願います」というような機長アナウンスが・・・

電源を確保して、スタートされるとエンジンの回転が上がっていく音がして、やっと回転が安定。

30分ぐらい遅れの出発になったと思います。

そのときに結構ボロ来てるなぁ。大丈夫かいgawk

と思ったのを覚えています。

ちなみにYS-11って、着陸した時の減速感はジェット機の逆噴射ほどでありませんが結構ありました。というのもプロペラの角度を逆にして逆噴射同様な感じにできるからとのこと。

プロペラがある、回っているのを確認できるから安心っていうがあったけどね。

中に入りますと、陸軍乙式一型偵察機 サルムソン2A-2(復元) がでぇーんとディスプレイされています。いきなり博物館来たーという感じです。

20160922_155356_nikon_d3200

そして、さらに奥に進むと、そこは飛行機パラダイス

低騒音STOL実験機 飛鳥 中に入ることもできました。

20160922_155505_nikon_d3200

変なところに興味を持つ、、電線

20160922_160029_nikon_d3200

普段は見慣れないコードが多々普通に使われている。

後で調べると航空機用電線として規格のコードらしいです。絶縁被膜がフッ素樹脂だそうで、ペラペラな感じですが耐久性に優れた素材でできているそうです。

ちなみに、ほんの少し一角に宇宙な部分がありまして人工衛星とフェアリング(ロケット先端の荷室の囲い)がありました。フェアリングも同じような電線が使われていたので・・・一応航空機かと妙に納得していました。・・・私の視点が変って言われれば(自覚)coldsweats01

JAXA宇宙服、これの写真、パターン的に撮りたかったのね。

20160922_161455_nikon_d3200

ヘルメット部分球面窓の怪しい色の反射がたまらない。

20160922_161316_nikon_d3200

満足!

そしてさらに、ブルーインパルス こと T-2ジェット練習機(実機)

20160922_162343_nikon_d3200

F-86F、T-2(1982年-1985年)、T-4(現在)ときて、ひとつ前の世代です。

これが実機かぁ・・これにも思い入れがある。(そのことは、計画中なのでそのうちブログに載せようと思う)

ということで、ブルーインパルスを、まじまじと眺め見て、撮ってと。

ちなみに、大半部分全景です。こうみると、詰込み感ありますcoldsweats01

20160922_162828_nikon_d3200

さてさてリニューアル後にどうなるのか、そういったところが各務原市のホームページでアナウンスされています。

航空宇宙科学博物館リニューアル基本構想の策定

基本構想の資料、結構わかりやすく説明してあって、出来上がりが楽しみになる。そうそう、現状は宇宙が少ないですからねcoldsweats01

スミソニアン航空宇宙博物館との連携協定締結について

各務原市やるじゃん↑ エンジン(輸送中に壊れそうにない)だけでなく、機体(大きいし壊れそう)も貸してって無理ですか。

かがみはらし宇宙科学博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

名古屋 丸栄 中古カメラ・用品大バーゲン

名古屋 丸栄 中古カメラ・用品大バーゲン 9月22日(木)~9月27日(火) の初日オープン10時からお昼12時頃まで楽しんできました。

8階フロアに中古カメラがいっぱい、ジャンクなワゴンなどにはおじさま方が群がる感じで、粛々と程よく熱気なバーゲンが行われていました。

オープンから1時間を超すと、だいぶ空いてきて見やすくなりましたが、すでに手に丸栄の紙袋をぶら下げたおじさま方ばかり。さらに、粘って追加を買おうか吟味している方々。

これっと思ったものは、すぐに買わないとなくなります。

私は、これ買いました。オークションの良品送料込み価格ぐらいで入手。

20160923_210842_nikon_d3200
(AF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6G)

ショーケース内にあったもの、3本あったので、そのうち一番よさそうなものをチョイス。

売り場のおばちゃんの言葉が、良い心地に聞こえながらチェックさせていただきました。

私)「同じの3本とも見せて」

店)「このレンズ最軽量なんです」

私)「最軽量、そうみたいですね」

店)「大量に大量に作られて、昔はたくさんあったね・・・」

私)「キットレンズでしたね」

(その間に、レンズと動作系をチェック)

店)「だから、マントもプラスチックだから、その辺もよく見てね」

店)「これなんか、一番プラスチックの部分(マウント)が綺麗そう」

(改めてマウント部分をチェック)

店)「やはり最初に見たのが一番よさそうですね」

私)「そうやね」

私)「これにします」

って決めてきました。

キットレンズだけど、結構シャープに撮れるということで気になっていたレンズです。

20160923_211922_nikon_d3200

モーター内蔵でないので、私の常用D3200ではマニュアルですが、息子のカメラや、私のフィルム系のF80SやU2ではボディのモーターでオートフォーカスになります。

色見はニコンレンズの色です。息子のチェックでは解放からシャープに撮れて解像よいとのこと。D3200で花や風景などマニュアルでじっくり撮るときに使えそうです。

先日買ったレンズをまだ試し切れていないのに、また、レンズを増やしてしまいましたcoldsweats01

【AF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6G】

メーカーページの特徴から

  • 複合型非球面レンズを採用し、諸収差の変動を抑えた光学設計とすることで、最至近においても優れた描写性能を発揮します。
  • ズーム全域において最短撮影距離0.35mの撮影が可能です。
  • 円形絞りを採用し、美しいボケ味を出すことができます。
  • 常用ズームレンズとして、スナップや風景の撮影など、コストパフォーマンスに優れています。

フード HB-20別売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

苫小牧(夏の北海道旅行2016)

つづきです。もう帰る日となりました。

朝食は、セイコマートから北海道関係をチョイス。

20160725_055055_sh04e

甘々な組み合わせで、この先苫小牧までのドライブをサポートしてもらいましょう。

さぁ、最終日の出発です。

洞爺湖で昔からあるひまわり畑の一つです。

20160725_054136_nikon_d3200

レンタカー クリーンディーゼルのデミオとも、今日でお別れですので、一緒に撮っておきましたといっても顔先だけぇcoldsweats01

20160725_054246_nikon_d3200

まだ洞爺湖もでていないのに、ホテルの土産やで買った室蘭うずらのプリンを、ひまわり畑を眺めながらいただく。(最高)

20160725_073139_sh04e

うずらですがほわっととろけて美味いです。

朝のパンに加えて、さらに糖分追加投入です。

これで、苫小牧までのドライブは完全に大丈夫でしょう。

なので、高速を使わず国道で行きました。法定速度を守りつつ1時間強で苫小牧に到着。

駅南口横の建物、ふれんどビルの1階の観光案内所のレンタサイクルを借りました。

20160725_085517_nikon_d3200

今回の愛車、とまチョップ4号です。

そして後ろの機関車は、軽便鉄道『山線4号』の展示場所です。

20160725_090203_nikon_d3200
(クリックで拡大)

何度か来ているのですが、今回は客車のほうが気になりました。

20160725_090546_nikon_d3200

昭和天皇(皇太子時代)が乗られたということで、その時はどんな感じだったのだろうか?と妄想していました。

20160725_090650_nikon_d3200

さてさて、何かの聖地になっているようで、家族に連れられ自転車を走らせました。

ミール展示館です。

20160725_092602_nikon_d3200

苫小牧にこのようなものがあるのですね。

どこかにあるのはうっすら知っていましたが、苫小牧なんですね。

ミール実物予備機です。

20160725_092845_nikon_d3200

残念ながら展示館は休館でしたので、外から撮らせていただきました。

今度オープンしているときに来てみたいと思います。

この展示館の横にはC11 133 蒸気機関車(たるまえ号)が展示されていました。

20160725_092337_nikon_d3200

横からの感じがきれいですね。

20160725_092626_nikon_d3200

運転士はこう見ながら走っていたのかなぁ

20160725_093437_nikon_d3200

調べたところ、1938年に汽車製造大阪工場で製造され、しばらく大阪局で走っていたらしい。

一気に親近感ワクじゃないですか。

そのまま、聖地という苫小牧市立美園小学校前のモニュメントか?まで行ったので、途中を行ったり来たりで延べ20kmは走ったと思います。

雨模様にもなってきたので、お昼急ぎ駅に帰りへとへとでした。

北口側のメガドンキにある御御御付というラーメン屋で食べようと行きましたが、なくなっていました。代わりに1階はちゃーしゅう工房というラーメン屋に入りました。

ラーメンの種類は豊富、カレーらーめん(醤油)にしました。

20160725_134552_sh04e

家族はカレーらーめん(みそ)を頼んでましたが、私的にはカレーと味噌が喧嘩している感じに思え、醤油はカレーを引き立ちOKと思いました。

おいしく種類が多いので、楽しめます。

もう帰る時間が近づいてきました。新千歳空港のレンタカーは少し離れていてレンタカー屋の無料バスで移動する時間が必要なので早めに行動しなければなりません。

新千歳空港は、土産物屋が充実しており楽しめる場所も多いので、早めに着いていつものごとく遊んでいます。

20160725_150925_nikon_d3200

3階フードコートの横にあるエアポートヒストリーミュージアムでは、歴代制服の展示がありました。こう並べるとかっこいいですね。

前回来たときは、簡単にこの横から飛行機を撮ったりしていたのですが工事中でした。

しばし北海道とお別れです。いつものごとく、ROYCEのタラップを観ながらまた来るよ。と思うのでした。

20160725_191334_sh04e

関空に到着するとさらに暑さを増している。耐えれるか自分?と夏場北海道から大阪に帰ると毎回思うのでした。

20160725_213919_sh04e
Peach

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

札幌 丘珠空港(夏の北海道旅行2016)

洞爺湖から国道で2時間ぐらい、札幌の百合が原公園に到着しました。

ハイ、一昨年夏に少しの間だけ自宅としました付近です。(過去ブログ:札幌に家族がプチ移住 近くの大きな公園

公園の花は、百合は終わりかけのような。

20160724_090328_nikon_d3200

コスモスが勢力を増してきている。

20160724_090707_nikon_d3200

いや、公園もいいのだが、今日はこの辺りを気になりながらも足早に抜け。

先に家族を置いてきた丘珠空港に歩いて向かう。(ちと遠い)

今日は航空ページェントhappy01

20160724_111405_nikon_d3200

飛行機が展示している物も、飛んでいる物も最大近くに見ることができるのです。

例えばこんな感じにheart04

20160724_112248_nikon_d3200

ウソです。すみません、ズームで撮りました。

多数の飛行機写真を撮りました。

20160724_121604_nikon_d3200

ブルーインパルスです。

20160724_121743_nikon_d3200

やはりこういうのが見たいです。

20160724_123349_nikon_d3200

前回、私が見たときは2015年9月15日の和歌山国体にて、単なるスモークしながら飛んで行っただけ(サンライズというわざだったのですが)

ほかにも多数の飛行物体を撮りましたが、載せると終わりそうにないので、またの機会にして次へ。

今日も1日遊びました。夕方になり、今回のベース地である洞爺湖温泉に戻ってきました。

20160724_161155_nikon_d3200

ちょっと景色の良いところによって・・ここからの景色も良いんだなぁ。

本日は水中大玉花火の日。

その前にブラックで腹ごしらえです。ちょうどホテルの横にありました。

「ラーメン一本亭」の醤油(黒)ラーメンです。

20160724_190735_sh04e

ミシュラン北海道2012の307頁にビブグルマンで掲載されています。

面は西山製麺という、その通りの味。たれは自然な風味で飽きないと思います。関西からみると東京風。

20160724_191712_sh04e

よし、腹も満たしたし、それでは出陣。

20160724_185145_nikon_d3200

良いぞいいぞ。よし最後の水中大玉5連発だぁ。

20160724_191014_nikon_d3200

いかん、曇った。

寒暖の差と湿気でレンズが曇っていたことに気付かなかった。

後で見るとレンズがうっすらと曇っていた。

のでくっきりした絵が撮れず。

まぁ、凄いのは見れたので、撮影はまた次回以降に撮れることを期待します。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

洞爺湖(夏の北海道旅行2016)

つづきです。

洞爺湖に到着しました。夕焼けに染まる洞爺湖です。

20160723_181037_nikon_d3200a

やはり良いですね。先客のおじさんのようにぼぉーと眺めたくなります。

風がなくなれば中島が水面に映り込み、微風なら滑るような水面の動き、風が吹けば一見海のような波の景色まで、ゆっくり変わりゆく情景が良いのです。

花火まで間に合わなくなるので、早々にホテルにチェックイン

20160724_055438_sh04e

普段なら空いている駐車場を、今回は確保しているようなことをおっしゃっていたので

??と思いきや、今日の花火は通常のロングラン花火でなく、「洞爺湖温泉開湯100年感謝祭」にあわせたものとのこと。隙あらば駐車場が取られてしまうようです。

その後、花火が始まる前に腹ごしらえすべく、前回一人旅で来た望羊亭で家族で食事をするためやってきました。

20160723_190219_nikon_d3200

少し出遅れたようで、ここも待ち(でも20分予想なので待つ)

待っている間に・・・

オールドな洋食屋さん、夏はお庭のモジャ度がピークになってるようです。

20160723_185743_nikon_d3200

70周年なんですね。昨年訪れたときは、年季の入った建屋等をみて、思わず何年してはるの?とおかみさんに聞いたなぁ。 速攻で「69年してます」って答えが帰ってきたなぁ。

20160723_185938_nikon_d3200

ほどなく順番が、中もいいね。

老舗洋食屋さんは、建物もオールドで雰囲気良いですよ。

さて、本日はハンバーグステーキのコースにしました。

20160723_193516_sh04e_220160723_200649_sh04e_2

ハンバーグ自体もさることながら、まとわりついているデミのようなソースが病みつきんなりそうなぐらい美味いのですdelicious

コーヒーは羊蹄山の水を使っているそうです。コーヒーにはクリームが流れている感じになっていますが、上の石油ランプタイプの電燈が写り込んでいます。

としていると花火まで30分をきりました。急がなくてはdash

20160723_211156_nikon_d3200b_2

適当な撮影でしたので、水中花火がこの程度に撮れました。

情報によると、『水中花火100連発(23日)、水中大玉5連発(24日)は洞爺湖ならではの大迫力の花火大会です。』とのこと。

今日は水中花火100連発でした。感じ的には、いつもの水中花火を倍以上に並列にしたような豪華版でした。

明日は、水中大玉5連発 大玉です。どんな?

楽しみにこの日は退散しました。

翌々日の朝まで、この洞爺湖温泉をベースに今夏の北海道旅は進みます。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

函館(夏の北海道旅行2016)

つづきです。happy01新幹線で北海道にやってきました。

新函館北斗駅の近くにある日本レンタカーで予約しておいたクリーンディーゼルのデミオで出発します。

まずはお昼の腹ごしらえ。

函館市場 オウケイの海鮮丼です。

20160723_135542_nikon_d3200

イカ、ホタテは最高ですdelicious

この後、函館市電で十字街駅へ

20160723_145427_nikon_d3200_01

新幹線よりちんでんの方が好きだな。

20160723_144837_nikon_d3200

庶民の足だけど、旅モードにも合致する。

20160723_144732_nikon_d3200

おや、運転台の後ろ運賃表の下には、「筆記具あります」

そして、各国語の案内が、近年増えてきた海外からの旅行客対応ですね。大変です。

20160723_144843_nikon_d3200

トラムタイプも走っていました。

20160723_145328_nikon_d3200

十字街駅に降りると、何やらタワーが。

20160723_145449_nikon_d3200

もとは、この交差点の対向するところにあったものだそうです。

今は使われていない市電の信号塔です。昔はここから人が見て指示を出していたそうです。

南部坂の方へ歩きます。函館市地域交流まちづくりセンターですが、立派な建物です。

20160723_145733_nikon_d3200

1923年の造られた丸井今井呉服店函館支店だったものです。

耐震耐火性だそうです。函館は何度も大火に見舞われ、結果耐火性のある重厚な建物が増えたそうです。

さらに、二十間坂、弁天末広通で大三坂へ移動し、上っていったところ。

20160723_150804_nikon_d3200

右手に函館ハリストス正教会の上の部分が見え、奥に函館山山頂が見えます。

この辺りは坂です。

普通に、このぐらい。

20160723_150113_nikon_d3200

なかなか写真的にも良い被写体が多く、1日かけて撮りまくりたい場所です。

20160723_151237_nikon_d3200

ここでレーズンパンを買いました。素朴な麦パンです。酸味と甘みが程よいということですが、一つだけ偶々失敗作を選んだかちょっと発酵菌がレーズンに効きすぎてか、超すっぱすぎたのがありましたcoldsweats01

20160723_151711_nikon_d3200

函館カールレイモンです。

20160723_151608_nikon_d3200

時々、ここのソーセージを地元生協で買います。

ところで、2階建て以上の建物は、上の方がやたらカッコよく洋風なつくりですが、下は和風です。

上下和洋折衷住宅というらしい。(函館市公式観光情報より)

貿易相手に海から見える2階部分を西洋風にして、函館は貿易をするに対等だというのを見せつけるための装飾だったそうです。

なので洋風の2階でも、なかは普通に和室だそうです。

次は洞爺湖に移動です。夜の花火に間に合わせたいと思うので、大沼公園ICから虻田洞爺湖ICに高速道路で移動です。

いつも思う、この噴火湾をフェリーでシュッと渡れないか?

(調べると2015年から実証実験などを行って地元も考えていたりはするようだ)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

北海道新幹線(夏の北海道旅行2016)

前からのつづきです。

東京の朝です。昨晩買っておいた肉の万世の万かつサンドを朝食にほおばります。

20160723_055349_nikon_d3200

おみくじが入っていました。

20160723_061859_sh04e

カツと大吉happy01これで元気がでます。今日は新幹線で北海道入りです。

20160723_070413_nikon_d3200_01
(神田明神の門の彫り物)

神田明神を後にし、東京駅から東北新幹線から北海道新幹線へ乗り入れ新函館北斗駅を目指します。

列車名  新幹線はやぶさ5号 
      
東京 (4000)
08:20発  21番線
上野 (4300) レ
レ   
大宮 (4320)  08:43着
08:44発   
小山 (4340) レ
レ   
宇都宮 (4350) レ
レ 1
那須塩原 (4355) レ
レ   
新白河 (4370) レ
レ   
郡山 (2010) レ
レ   
福島 (2050) レ
レ 13
白石蔵王 (2060) レ
レ   
仙台 (2100)  09:51着
09:52発  12番線
古川 (2120) レ
レ   
くりこま高原 (2122) レ
レ   
一ノ関 (2125) レ
レ   
水沢江刺 (2131) レ
レ   
北上 (2135) レ
レ   
新花巻 (2145) レ
レ   
盛岡 (2150)  10:31着
10:32発  14番線
いわて沼宮内 (2156) レ
レ   
二戸 (2160) レ
レ   
八戸 (2170) レ
レ 13番線
七戸十和田 (2185) レ
レ   
新青森 (2343)  11:19着
11:21発  13番線
奥津軽いまべつ (2461) レ
レ   
木古内 (1330) レ
レ   
新函館北斗 (1007)  12:22着
  12番線

車両はJR東日本のE523-3

20160723_081502_nikon_d3200_2

グランシートでない指定席側の先頭・最後尾車両です。運転席がある分、客席が少ない車両です。1号車となります。

20160723_081556_nikon_d3200_2

大宮までは最高時速110km

20160723_084448_nikon_d3200_2
(大宮駅)

大宮-宇都宮は最高時速275km

20160723_095310_nikon_d3200_02_2
(気絶したため、ほどなく仙台駅)

以前にも仙台駅は、寝台特急あけぼのに乗った帰りに寄りました。そのとき新青森駅-仙台駅間の東北新幹線がお初でしたので、ここから先は2回目、ここで東北新幹線も全線乗ったことになります。

宇都宮-盛岡は最高時速320km

20160723_095423_nikon_d3200_2

途中結構早い景色が流れ、気絶しているときのほうが長いので断続的に時間は進み。

20160723_100856_nikon_d3200

新青森駅に到着。乗客の半分近くが入れ替わりました。

20160723_112253_nikon_d3200_2
(新青森駅)

一気に乗客の層が、東京方面でなく、青森北海道といった地元の方々になりました。極めつけはビールとつまみをもって青森の方言でしゃべって小宴会する者coldsweats01

新幹線なのに青函を渡る特急・連絡船に乗っている感じがしてきました。

車掌さんも、JR北海道の人に交代しました。

新青森駅からは、以前、大量のクレーン車が連なり工事をしていたところを、スムーズに走り青函トンネル内へ。

これまで在来線乗車でみてきた青函トンネル内壁の電燈は、新幹線からも同じような感覚で見えました。

20160723_114826_nikon_d3200

というのも、在来線と共用しているため時速140Kmに抑えられているそうです。

軌道も在来線と新幹線の両方使えるよう3線になっています。

在来線は主に貨物列車が走るそうです。

20160723_121014_nikon_d3200
(実際に3線を撮ってみました)

北海道内はトンネルだらけで、景色は一瞬です。

ほどなく、新函館北斗駅に到着。

20160723_122449_nikon_d3200

新幹線で北海道に行ってみた感想:関西からなら急ぐなら飛行機、時間かけるなら船かな。・・・運賃も考慮する必要があるが、今はLCCとかで断然ほかが安いし。やはり仕事で使っている気分で味気ない感じになるところが引ける理由かな。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

東京(夏の北海道旅行2016)

さぁて、今回の北海道旅行の目玉、その1は北海道新幹線です。

せっかくですので、新大阪から北海道まで新幹線で行ってみましたscissors

ルートは、東海道新幹線、東北新幹線に乗り継ぎ、乗り入れで北海道新幹線ですね。

途中、東京で1泊しています。(家族が東京で行きたいところがあるといったためです)

私も、家賃の振込先に東京の銀行に口座を設けたほうが、毎回振込手数料を差し引かれずにすむため、ちょうど口座開設に行きたかったので同意しました。

早朝4時台の在来線に乗り込み南大阪から新大阪へ、新大阪6時16分発 のぞみ204号 東京行き 自由席に乗り込みました。家族がいるものの、東海道新幹線はビジネスマンが多いせいか仕事・出張気分になってしまいます。

列車名  新幹線のぞみ204号 
連結車両 N700系車両
      
新大阪 (6100)   
06:16発  25番線
京都 (6050)  06:29着
06:30発  12番線
米原 (5165) レ
レ   
岐阜羽島 (5155) レ
レ   
名古屋 (5100)  07:04着
07:05発  15番線
三河安城 (5083) レ
レ   
豊橋 (5070) レ
レ   
浜松 (5060) レ
レ   
掛川 (5056) レ
レ   
静岡 (5050) レ
レ   
新富士 (5025) レ
レ   
三島 (5005) レ
レ   
熱海 (4070) レ
レ   
小田原 (4060) レ
レ   
新横浜 (4045)  08:24着
08:25発   
品川 (4010)  08:36着
08:37発   
東京 (4000)  08:43着
  17番線
 

東京までの区間は感覚的に通勤電車同様ですかね。なので、ほぼ寝ていましたcoldsweats01

20160722_062529_sh04e

さらに、8時43分東京駅に着くなり、仕事場上司からの業務連絡が入りさらにげんなりdespair

口座開設の用事を済ませるため、新宿に移動、ここで別の目的がある家族といったん別れ、私は、この後雨の予報だったので、新宿野村ビル地下2階の(100均)ダイソーへ

今回の旅で使えたらいいので、折りたたみ傘を210円で購入。

これで雨に降られても安心happy01 (というか傘入れるのを忘れたのがいけなかった)

その足で三井住友銀行西新宿支店で用事を済ませてきました。

口座開設でもらった粗品とパンフの入った銀行のビニール袋をもち、観光モードへ移行。

(傍目、持っている物から到底旅行でない感じに見えると思われます)

さぁてどこにいくか、そうだ!都庁行ってみよう。

20160722_115754_sh04e
(2016年7月31日の東京都知事選案内横断幕がデーンと)

20160722_115650_sh04e
(第一本庁舎です)

都庁が建ったときに観光できて以来、上っていない都庁の展望室に行ってみました。

(観光で手っ取り早いのは高いところから見渡して一通り行った気分で満足させるか、さらに詳細行きたいところを見つけるために適していると思う)

都庁は第一本庁舎と第二本庁舎が並んで建っています。展望室は第一本庁舎のほうにあり、上部で2つのタワー部にわかれ、双方ともに展望室があります。

都庁が建った時(1990年12月竣工)は、展望室に上がるのも混んでいた記憶がありますが、今は空いています。

空いているので南と北の両方の展望室に上ってきました。

展望で気になったところは、私は新宿のビル群。

20160722_122357_nikon_d3200_2

なかでもコクーンタワーといわれるもの。2008年10月15日竣工とのこと。

20160722_122319_nikon_d3200_01
(向かって右の建物)

モード学園が入っているそうです。こういうの、そうそうどこかにもあったなぁ・・・名古屋駅前のスパイラルタワーというビル、これもモード学園だったか。

網状のデザインはビル本体を囲った鉄骨のようです。

ほかに気になったといえば、南東方面に見える新宿パークタワーです。

20160722_120705_nikon_d3200

上の部分が段々となっているビル(拡大↓)

20160722_120722_nikon_d3200

調べるとホテルやオフィスの入ったビルらしい。

そして、私自身、東京都庁第二庁舎と似てるため混同しそうになったが違うもの。

南、北展望室と回って、展望室以外にも都庁庁舎は、観光での見どころ活用しどころがあるようですが、家族と合流する時間が迫ってきましたので移動開始。

秋葉原のほうに来てというので、向かっていたが途中で浜松町で合流と変更。

今のところ、出張で来る駅だけに、観光気分になれない。どうも東京は嫌だ。

浜松町駅で降りて、家族と合流、小諸そば 金杉橋店でそばを駆け込みお昼とする。

家族が寄るところがあるというので近くの首都高下に行くと、屋形船の基地というか係留場。

20160722_134233_nikon_d3200_01

風情がありますね。

その後、秋葉原に行くのかと思いきや、総武線で小岩駅に移動、駅前で写真を撮り、西船橋駅へ、そこから徒歩で船橋中央病院を経て船橋市の山谷水門というところに到着。

国道14号線を歩いてきたが、道中このあたりの地区は建物の外壁が海神交番を含め中途半端に洒落た色に塗られていた、顔や贈り物に見えるよう外壁塗装されたものがあり、一種の外壁塗装文化があるように感じた。・・・のは私だけ?

元に戻り、山谷水門付近、、そこがヘドロぽいので綺麗にみえませんが、ボラの稚魚らしきものがたくさんいました。

20160722_160025_sh04e_2

なぜここなのか?これらはアニメの聖地らしいですが、興味がないので、付いていきながら街並みのほうを拝見。

上の写真の場所には、稼働していないが自家発電装置のある下水施設のようなものがありました。その構成に理解できなかったので調べてみると、地震などで通常の消火栓が使えなくなった時に自家発電装置によるポンプでここからくみ上げた海水を圧送管でJR船橋駅を超えたところまで送り、その間の地域をカバーする消火システムらしいです。
(船橋市の消防水利参照)

塩害になりそうですが、消火できないよりましですかね。何気地味~ですが凄いシステムです。

この後、JR船橋駅から総武線で秋葉原に到着。

万世橋付近をうろつき、肉の万世へ。秋葉原本店のうちガード下にある万世橋酒場に入りました。

20160722_190246_nikon_d3200
(万世橋の欄干)

排骨(パーコ)ラーメンと牛すじ煮をいただいた。塩加減が高めでビールにムちゃあいました。

20160722_194038_sh04e

おなかも満たし、秋葉原から電車にのり御茶ノ水駅下車で神田明神方面へ。今回の宿は「トレティオ御茶ノ水」。神田明神のすぐ近く。

うーむ、地図を見返せば、秋葉原から歩いても変わらない距離だったみたい。ただ、ずっと緩やかな上り坂を行くことになるので、今回荷物が重いので御茶ノ水ルートが正解かと。

20160722_202403_sh04e

神田明神は夜も良い。ライトアップというか各種燈が綺麗です。

20160722_205536_nikon_d3200

綺麗もよいが、参拝者が夜にもかかわらず多いのだが、それほど夜のお参りが人気なのか?

しかし、スマホ持っている人多いなぁ・・・だんだん気づきました。

途中ニュースであったGPSを使用したゲームポケモンgoの日本解禁日だったのです。

日々チェックして楽しみに待ってたポケモンgo、旅先で解禁とは、自分のスマホでしてみようとしましたが、android4.4以上というような情報が・・・だめだ4.2だったweep

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

ニコン リモートコード MC-DC2

リサイクルショップのカメラジャンクかごから、こぼれ落ちている箱を、拾い上げてみると、未使用のと思われるニコン純正リモートコードだった。

1473405572138.jpg

純正品は通常2千円以上する。

構造は単なるイタバネスイッチと知っているだけに、財布が許さず、ケンコーの互換品を使っていた。

それが324円scissors

もちろんゲットして帰りました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

タムロン 77D フード

前回の U2 とタムロン 77D にフードも入手しました。

20160902_230326_sh04e

レンズはフードを付けるとメカニカル的にかっちょよくなりますね。

ですが少し違和感が・・フードはこの位置で溝に入りますと思われる●印に合わせてつけているのですが、このようにTAMRONロゴが横になります・・・しばし、試行錯誤、でも結果元に戻し、機能してたらどうでも良いとおもうことにしましたcoldsweats01

これでコンプリートにしたかったのですが、先日、この組み合わせで上がってきた写真は、いつものフィルムなのに、やや赤ぽっくなって色合いが悪く解像感もなくなっているように感じていましたsad(前回のブログ)

レンズはデジタル一眼に付けると解像感よく色合いもタムロンらしい元気な色になるので問題ないと思っている。ほかに原因はというとフィルムなので紫外線でないかと思っています。

MCフィルターでギンギンの太陽のもと海岸をフードなしに撮った結果かと・・・

次の機会には、UVフィルターを付けてみようと思います。(58mmは手持ちに無いなぁ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

タムロン 77D と ニコン U2 勝手に夏の自由研究 レポート

タムロン 77D と ニコン U2 勝手に夏の自由研究 つづきです。

結果からいうと、U2本体は、問題なく動作しました\(^^)/

では、夏の暑さが影響したグダグダレポートをいたします。

今のデジタル一眼レフと大きくデザインが変わらないので、端から見るとわかりません。 バックに液晶モニタがないので判断されるでしょう。 フイルム一眼レフのエントリーモデルの最終機である本機は、一通りの機能か揃っています。

U2で試した機能から

まず一眼レフでは軽量です。実測でボディ452g、レンズ265g、セットにして717gです。

20160827_083130_sh04e

AFモーター内蔵なため、レンズにモーターがない古いDレンズもオートフォーカスを使うことができます。もちろん、現在のレンズも普通に使えます。

操作系もフィルムであること以外、今のデジタルとほぼ同じです。フォーカスエイドなどファインダーに表示されます。

非AIレンズはボディのレバーが当たって装着不可能です。

リモートは、なんとワイヤレスリモコン対応です。 今のデジタルと同じML-L3 が使用できます。本体側リモコンのセンサー位置は前面グリップ上にひとつありますので、前方からリモコンを当ててやることになります。

露出ですが、3D 25分割測光。この点だけみるとこれ以前にリリースされた上級機のF80やF100が3D 10分割測光より優れています。 フイルムの最上級機のF一桁台と比べても、F4は5分割マルチパターン測光、F5やF6は、デジタル一眼レフと同様な1005分割RGBマルチパターン測光です。 オートで露出の歩留まりが少なくなりそうです。 デジタルのように、試し撮りしにくいですからね。

では、このセットで撮ってみた結果です。event

  • カメラ : Nikon U2 (海外販売では F75D 相当)
  • レンズ : TAMRON AF 28-80mm F/3.5-5.6 Aspherical(77D)
  • フィルム : FUJIFILM SUPERIR X-TRA400

ロケーションは和歌山の煙樹ヶ浜、浜といっても一般的な砂浜でなく石と砂利です。すぐに深く流れが速いらしく、波のたち方が平均して大きく、時間とともに波のたつ場所が変化するのがわかります。

まずは石と海です。中央手間の積みあがった石にピントを合わせています。

000504300025
(クリックで拡大) F16 1/350

次に波を止めてみせます。1500分の1秒で撮ってみました。

000504300029
(クリックで拡大) F13 1/1500

広い浜です。浜の中央から端を撮ったので浜の半分しか映っていませんが、このとおりです。

000504300027
(クリックで拡大) F13 1/1500

以上です。普通に撮れますね。

そのほか、家族が今どきのシグマ 150-600mm の超望遠を付けたり(小さな一眼と大きなズームは異様なサイズ感coldsweats01)、ワイヤレスリモコン(便利)でバルブ撮影をしたりして、問題なく撮れていたので十分良い機体のようです。

ということで、ジャンク箱のおよそ500円カメラと300円レンズが普通に使えることが分かったところでオールライト報告終わりです。

となると安堵、最後の写真がビールの泡に見えてきましたbeerいかんいかん。

使えることが分かったので、タムロン TAMRON AF 28-80mm F/3.5-5.6 Aspherical(77D)にも、ニコン純正NCフィルター(中古500円ぐらい=レンズより高いcoldsweats01)を付けました。

フードを付けると装備的にはコンプリートかな。

時々、このブログで登場するかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

自転車のダイナモ交換メモ

家内の自転車が電球式だったので、交換することにした。

部品は2014年に自分用に買ったノルコグ自転車のもの。

(その時のブログ:ノルコグ自転車を買った

新品購入後即パナソニックのかしこいランプに交換したので、余っていたもの。

いつか作業をしようと思って今になった。

換装するのは簡単だけど、ねじの順番わかりますか?

自分はわかりません。なので、取り外す順番をメモっておきます。

取り付けは逆にするだけです。

まず、ナットのほうを外します。

後で写真を載せますが、プラスねじのほうは本体金具にラッチされていますので、無理に回すと壊れます。プラスねじは固定するため手で押さえておけばよい程度です。

20160821_162313_sh04e

ナットが外れました。

20160821_162432_sh04e

ダイナモを外しました。

20160821_162448_sh04e

菊座ワッシャを外しました。

20160821_162502_sh04e

プラスねじを外しました。

20160821_162521_sh04e

プラスねじはこのとおり本体とラッチするよう四角になっている部分があります。無理に回すとこの部分か本体側が削れて欠落するか、ねじ山が壊れることになります。

ちなみに換装後、完成写真。LED化少しはかるくなった?

20160821_165845_sh04e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

タムロン 77D と ニコン U2 勝手に夏の自由研究 開始

近くのハードオフによってみると、ニコンFマウントのレンズがジャンク箱に転がっていた。

状態を見るとレンズはカビなどなくよさげ、外見ゴムに擦り傷があるぐらい。

これ使えるんじゃない。

20160813_131916_sh04e

TAMRON AF 28-80mm F/3.5-5.6 Aspherical(77D)

レンズの価格は300円happy01

横のジャンク箱にニコン一眼レフのフィルムカメラが転がっていたので実際にマウントにセットしてみる。

ファインダーを覗くと問題なさそう。

というか、このカメラのファインダーが不具合か、薄いおぼろ昆布を一枚かぶせたようなに白い透けるベールがかかっていた。

んっ!この白いベールは何だか機能的に発生していて電池を入れれば治りそうな気がした。

それとあまり使われていない状態のカメラであることに気付いた。

これは500円happy01

ニコン U2 

フィルム一眼レフカメラ。海外ではF75Dで売られていたらしい。

なんだかジャンク箱にあるのももったいないし、使えそうな感じがする。

合わせて800円、税込み840円happy01

20160813_125415_sh04e

これ

勝手に『平成28年夏の自由研究』(おもちゃ)としてみよう!

思ったので、そそくさ購入し持って帰った。

ダメでも飾りにはできるかなぁと・・・

持ち帰りすぐに清掃。

あまり汚れていなかったので簡単に終わった。動作するならジャンクにはもったいない状態。

レンズは、早速にデジタル一眼に取り付けテスト。

まったく異常なし、手持ちのフィルムカメラに用意していたレンズより解像良い状態で写ることが分かりショック。

これで、300円レンズはそれ以上に使えることが分かり今日の買い物に満足でしたscissors

一方、カメラ本体の動作チェックは、電池にCR2を2個必要。手持ちになかったので買いに行くとやはり、おもちゃ本体より高く1,000円ぐらいcoldsweats01

電池を入れてみると、やはり、ファインダーにあったおぼろ昆布状態が消えていた。

これは、いろいろ調べてみたのだが、U2のファインダはインジケーター類を表示するため、液晶がはめられているとのこと。

液晶の液は、何もなければ白色に見え、電圧がかかることで分子が整列し、光の偏向が変わり色になって見えるようにできるとのこと。

ということは、長年電池を入れられないで放置、やがて液晶の分子が自由放題向きをかえ本来の白色に見えていたのかと思うことにした。

これで、液晶問題は最初の感どおりノープロブレム。

後は実際に試していくしかない。

フィルムは富士フイルムのX-TRAでも入れてぼちぼち撮っていくことにしよう。

20160813_181035_sh04e

500円カメラも動作すると、お得感最大です。

このカメラとレンズはともに軽量な機材、二つ合わせて最軽量ともいえそうなセットとなっています。

夏の自由研究 レポートに つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

水都大阪の不満 大阪湾の夕暮れ

大阪のきれいな夕日を求めて、とある防波堤に来て、スマホで仮に撮ってみました。

撮りながら脳裏に・・・水都大阪というが、水辺へはなかなか近寄れない。

商的に遊覧船や水辺のカフェ・レストランといったものはあれど、レジャーで活用したくとも難しい。

20160811_184811_sh04e
(釣り人でにぎわう防波堤、海鳥も飛び交います)
(昔のように変な匂いのする大阪湾でなくなり、比較的綺麗です)

東京に行くと、水辺へ入れるよう階段施設まであるのには驚く。もちろん注意書きに自己責任で行動することになっている。

なので、運河にカヤックを下ろすこともたやすいためか、よく運河をカヤックが行きかうのを見る。

その点で、東京都比較しても水都といえる状況でない。

しかし、大阪はというと、水都大阪と言い出す前は、危ないからとフェンスで多い、水辺を覗くことさえままならないような状況だっただけにこれから水都大阪のスローガンでどこまで行くかだと思える。

などと、先日、釣り人でないと、たどり着くのは難しいと思うような大阪湾を見通せる防波堤に来た際、『大阪湾に沈む夕日も捨てたものでない。これがもっと気軽に見れるような環境にできないのか?』と観ながら思うのであった。

20160811_184811_sh04ea
(クリックで拡大)
(夕日の横にある塔は明石海峡大橋の鉄塔です)

このような観光的資源?がありつつももったいない。

なお大阪でも南のほう泉南方面になると、海辺は近寄れるようになります。

泉北から北が難しいのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

レコード環境復活 レコードを洗うのだ!

家が広くなりましたので、実家にしまい込んでいましたレコードプレーヤーを設置し、レコードアクセサリを一式そろえ、レコードを聴く環境を構築しました。

20160806_161515_sh04e

といいましても、バラックな感じですが、それなりに良い音でなってくれます。

  • プレーヤー : Victor QL-Y33F
  • カートリッジ : SONY XL-15A
  • フォノイコライザー : audio-technica  AT-PEQ3
  • スピーカーアンプ : Yamaha YST-M45D

レコードプレーヤーは、高校入学祝いに買ってもらったオーディオ一式の一つで唯一残っているものです。ほか、アンプ、チューナー、デッキ、CDまでもありましたがこれだけ残っていました。

こうしたオーディオレコードプレーヤーが販売されないようになり、この手の価格帯のものが、今後何時手に入るかわからないからと置いていたら、いつの間にやらときは経ち数十年。最近は、またちょっとしたレコードブームでこうしたクラスのプレーヤーが新品でも販売されているのが目につきます。

状態は良く、主要部分は今でも変わりなく動いてくれます。

あとは、アンプとスピーカーをピュアオーディオタイプにしたい・・・いかんいかんcoldsweats01

さて、復活の呪文ならぬ、レコードを復活させるにも大変なのが、実はレコード自体でした。

カビと思われる汚れが多々ありshock

これでは、プレーヤーも針も汚れが移ってしまうし、何より良い音が出なくなります。

まずは外装をナガオカ LPジャケットカバー に交換。

20160719_221412_sh04e

20160719_221429_sh04e

外装を変えると、売り物のように綺麗になります。

内装も用意。田口化成のレコード保護袋です。

20160807_060746_sh04e_2

さて、これでレコードを入れ直しする前に、レコード自体をきれいにします。

汚れが指紋程度のものは定番のこれです。

湿式レコードクリーナー audio-technica AT6012

20160806_150859_canon_ixy_200f

クリーニング液AT634とベルベットブラシのセットです。

以前はアメリカDiscwasher社製のD4を使っていましたが、10年以上無造作に放置していると黒カビが繁殖してしまい捨てました。良いものもちゃんと保管していないとダメですね。

まぁ、クリーニングする感覚的にはどちらも水といってもイオン交換水ベースでAT634も感覚的にはD4とさほどかわらないですね。

さて、汚れのひどいLPレコードはどうすかといと・・

洗いますtyphoon

洗うためには中央レーベル部分の保護をしなくてはいけませんので、このようなものを用意。

専用の市販品がLPレコード保護などで検索をかけると出てきますが、私はいつまで使うかわからないわりには5千円以上もし高価なため、今使えれば良いと割り切り、このような品(材料となる)を100均でゲット。

20160806_150414_canon_ixy_200f

100均のフレッツで揃えました。

  • ヨーグルトを作るための容器(蓋が直径100㎜以上)
  • シリコンラップ
  • ばねが強めのふとんばさみ
  • ニットクリーナー(ガラスコップ磨き用ニット付スポンジ)

シリコンラップを蓋より若干大き目に合わせて丸く切り取ったものを用意。

それをレーベル面にかぶせるようにラップして、はいこのとおり。

20160806_152929_canon_ixy_200f
(1.すみません、この写真ではまだラップが四角いままです。後で切りました)
(2.ふとんはさみは3本も不要で、2本で十分でした)

はさむときは、手が必要です。ほかの方に手伝てもらうか、足と片手を使って床に足でふとんはさみを固定、片手で上に広げ、もう片手で持ったレコードを広げた隙間に持っていき、挟み込む。

結構、ウルトラ難度な技となります。なれれば簡単ですが、dangerレコードを傷つけないためには、もう一人手伝ってもらったほうが良いです。(私は1回失敗した・・・ただ音質にほぼ影響ないところでした)

洗います。

20160806_191758_sh04e
(実はこれは失敗例です。レーベルが少し見えています)
(しっかりレーベルが隠れるようにして蓋が移動しないよう扱います)
(ですが、これでもシリコンラップ効果で水が入りこみませんでした)
(結果オーライです)
(あと何枚か洗いましたが教訓により運用完成度を極め失敗・問題なしです)

なんと、洗浄洗剤はバスマジックリンです。このところの中古物件リフォーム掃除でも活躍しました。濡れてもいいところの、皮脂汚れからカビの来たものを落とすには、これが一番です。

香りもレモンぽくって良いのです。

しばらく置いてから、ニットクリーナーで軽くなでるようにこすります。

20160806_192340_sh04e

もちろん溝に沿ってです。ニット繊維が溝に入り音がでますsign01

いや、なんだか音楽にはなりませんが響いているような気がします。

綺麗に洗ったら、ここからフィニッシュが大切です

  1. シャワーで洗剤泡をきれいに洗い流します。
  2. さらに、浄水器の水で全体を洗い流します。
  3. さらにさらに、精製水で水滴を軽く洗い流します。

20160807_071656_sh04e

なぜここまでするかというと、水道水は水に溶け込んだ若干のミネラルがあります。

カルシウム、マグネシウム、シリカ、ナトリウム、カリウムなど

なので、水滴がついたガラスコップなどを乾かした後によく見ると、白く水滴と同じ形の跡が付きます。水が蒸発したそれらの物質が残っているからです。

ということは、レコードにそのようなものが残れば、雑音の原因となりますので、最後は残留物がなくなるよう、なるべくピュアな水で洗い流しているのです。

という自分なりの理屈から実施した結果はOK。

20160807_061623_sh04e

バッチリ綺麗になったLPレコード。最初に試したのがヤマトのサントラ。

ヤマトが発進するには、補助動力エンジン始動から、電気講点検、フライホイール始動・波動エンジン接続となんだかそれらしき工程を踏まなくてはいけませんが、レコードも同じですね。

では、ヤマト発進impactではなく、レコードに針を下ろします。

う~ん、ノイズの少ない良い音がしますthink

20160806_161935_sh04e

ヤマトといったサントラでなく曲の入ったLPも復活させて聴きましたが、やはりレコードはCDと違い、オーディオで音楽を聴いている気にさせてくれます。

聴くレコードは80年代なので、元気な性格のXL 15Aカートリッジとの相性もバッチリ。

CDはノイズがなく素な音を出してくれるのですが、レコードだとつややかに自然な感じに聞こえます。

オーディオを楽しむにはレコードかもしれないと思い始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マンションから見る大阪夏の花火